2019/9/20 読書

読書の秋……

とかあんまり考えたことないなあ。年中なんかしらよんでるから季節はあんまり。
いろいろやりたいことが増えたりして、読書の時間は相対的に減っている気がする。まあしょうがないね、やりたいことを優先していろいろやろう。いろいろできていればそれでいいや、読書がしたいときは読書が増えるんだろうしね。


っと、ここで読んだ本を紹介したりしたらいいんだけど、今回はやめておこう。ノンフィクションだと紹介しづらいな~って気持ちになったりする。事件や事故のノンフィクションをよく読むけど、結局のところそういった「自分に関係ない事件」のことを詳しく知りたいって気持ちに、やじうま根性以外の理由を自分の中に見つけられないから。

世界で起きている困難や悲しい出来事について、知っておきたいと知識を増やしてみてはいるが、ほんとうに知るだけしかしておらず、これでいいのか?と自分としてはもやもやしている。しかし何か行動を起こすには自分はちっぽけすぎるし、片隅の出来事しか知れていない実感もあるし、なにもできる気がしない。

発信する人は「知りたいと思ってくれるだけでいい、まずは知ってほしい」とみなさんくちをそろえて言う。本当にそうだろうか、それにあまえていいんだろうか。どうにも後ろめたい気持ちがぬぐえないままでいる。


今回読んだ本はとある事件について、犯人はどうしてその事件を起こしてしまったのか、またその周囲は事件に対してどのように動いたかというルポルタージュ。

いい感じに「ルポルタージュ」だった本編のほとんどは良かったんだけど、最後の総括部分で著者の妄想が入ってきちゃったのがちょっと残念。推測とか解説とかは良いんだけど、もう少し飛び越えた表現で「想像したシーンを書いちゃった」ように読めた。

具体的には、著者が犯罪の起きた土地へ取材に行き、犯人が過ごしたであろう場所をめぐるんだけど、その中で見つけたとある場所と状況を「ここは犯人も来たに違いない、供述の中に言及はないが、それだけ大事な秘密の場所だったのかもしれない」と語り始めたところ。

もう少し「これは想像に過ぎないが!」という強調がされていればもやもやしなかったかな? そりゃ読んでる方も「妄想だな」と読み取れるけど、中には「そうだったのか~」って真に受ける読者もいそうじゃないか。

個人的には事実に基づいた推理はあっていいと思うけど、足跡もないのに「ここを訪れたはず」って話はやりすぎだなあと。


おなじ事件の別の方の解釈や報告も見てみたいと思いました。ただ、ルポとかノンフィクションは電子書籍になりにくいのかなあ……読みたいと思った本が紙本しかないものばっかりだ。電子書籍でほしい!

2019/9/18 おきごたつの「おき」って

今日2回目の更新です。前回の記事もぜひみてね。

2019/9/18 消費税増税と買いだめ


実家のコタツの話ね。

子どもの頃、家のコタツは「おきごたつ」だったんですよ。そういう風に、名前を音で覚えていた。

「うちの実家はおきごたつだったんで……」とよくくちに出してた気がする。

でも、その後「掘りごたつ」ってものを知ってですね。
実家のあのこたつは掘りごたつ……?いや「おきごたつ」って言ってた……

と、よくわかんなくなっちゃったんですよ。


どういうコタツだったのか

実家のコタツは、いろりみたいに部屋の真ん中に深い穴が掘ってあって、そこに灰が入ってて、お風呂を沸かした炭をちょっと持ってきて入れることで暖かくするという方式。温度は炭に灰をかぶせることで調節する。

図を描いてみました。

こんな感じですよ。

いまは灰の所を埋めちゃって、電気炬燵が乗っかってるわけですけど。

掘りごたつ形式というと、居酒屋とかで「座敷だけど座れる」形式のお店あるじゃないですか、あれを思い出しますし、実際電気ごたつでも足を下ろして楽に座れるように掘ってあるおうちもあると思う。だから掘ってあっても炭を入れてるとは限らないでしょ。

で、確実に「おきごたつ」って覚えてたんですよ。

「おきごたつ」で検索すると……

「置ごたつ」というのがヒットする。その名の通り、置くだけで設置できる、動かせるこたつ。という意味らしい。そうじゃないのは固定されたこたつであると。

実家のコタツは動かせなかったので置いただけじゃないし掘ってあるし……
じゃあ「おきごたつ」じゃないのか?と、今日改めて「おき」の意味を調べてみたら、

燠/熾(オキ)とは – コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E7%87%A0-451430

こっちだ!!!!

燠ごたつだったんだ!!

炭を熾して暖かくしたコタツ。こっちだこっちだ。わー。はじめて知った。
いや、なんとなく「オキというのは、炭のこと」というイメージだったんだけど、「おきごたつ」で検索した時に炭のコタツが出なかったもので不安になっていた。
「オキを入れるからいったんコタツから出なさい」と言われてこたつから出てたから、オキがアレだという認識はあったけどちょっと不安になったんだ……


自分的には大変すっきりしたので、メモ代わりにここに記します。