ストリートビュー散歩35 モンゴル・ウランバートルのカラフルな家と、ゲル

ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧)

ボリビアでほかにもいくつか「うわあ!いいなあ」とか「なんだろう!?」とかを見つけているのですけど、2連続で書いたので、ほかの地域のことも書いていきたいと思います。

今回はウランバートル。モンゴルの話で一番よく聞く地名だと思っています。人もたくさん住んでいる。
まず、ウランバートルというかモンゴルは航空写真で見てもすごく楽しめる。

カラフルな屋根の家々!!

色を見て欲しくてだいぶアップにしたけど、 このような家がばーっと広範囲にあって、それはそれは壮観です。たぶん区切られた塀の内側がひとつひとつの家の敷地なんだろう。もっと中心部に行けば集合住宅のような土地も増えるのですが、ちょっと郊外っぽい場所だとこのようにひたすら家が並んでいる。

次に気づくのは、白っぽい丸いものの存在。
これたぶんゲル。
ゲル (家屋)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%AB_(%E5%AE%B6%E5%B1%8B)

wikipediaのゲルのページには、携帯電話の普及率が100%超えているとか現代のゲルの装備とかいろいろ書いてあって面白いです。
つまり、移動式の住居です。

ストリートビューで見て回っても、あんまりゲルの様子は見えないのですが(塀に囲われているから)、倉庫のように使ってたり、ウランバートルでは宿泊所がゲルを利用したものだったりもするようです。

たしかにいいな~、不要になったら解体して、欲しい人がいたら誰かがどこかで設置してって感じで使えそう。そんな簡単なものかわからないですけど。

塀の中がちょっと見えるところを。のぞき見しちゃってすいません。なぜここかっていうと、犬と猫がいてなんかいい感じだったからです。


モンゴルというと私はこちらのような景色のイメージがありました。

広ーい空……樹木もなく……山がそびえ……雲が広がり……

で、たまにゲル……
みたいな。

都市部では敷地内にゲルを置くのが一般的なようだが、本来の移動式住居として使われているところもみつけたい。

そう考えて探した結果、

あっ! ゲルがあるぞ!しかも道のすぐそばにあるしストリートビューもある!わーい!

……と切り替えてみたところ……

ない……

移動式住居だもんね……航空写真を撮った時にはあっても、移動したらなくなってしまう。むしろ航空写真では写ってないところにあるかもしれない、見つけるのは大変そうだ。

でも、丸く設置されてた跡みたいなものが見えますよね! これはこれでなんかいいものを見たような気持になりました。

 

 

 

 

 

ストリートビュー散歩34 ボリビアうろうろ

前回の記事はこちら。
ストリートビュー散歩33 ボリビアの刑務所

今までの記事の一覧はこちら。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧)

前回に引き続きボリビアうろうろ。
まだぜんぜんうろうろできてないけど。でも切りがないしまだアフリカみたいのでアフリカに戻ろうかな……実はすでに戻っていて、ザンジバルを見て「あれっこれ他と違う/同じ/こんなふうなんだ」ってのをいろいろ感じているので南米遠ざかっている。でもせっかく見てたので見つけたものを紹介しちゃう。

前回の記事の刑務所からも近い場所なんですけど、人が行列しているのを見つけました。
まだ建物の入り口は開いていないらしく、開店まちかな?と思って、なんの施設だろ~とぐるぐる見てみたのですがよくわからない。

そこで、「jardin infantil simona manzaneda」を検索してみたんですよ。建物に書いてある文字列です。すると、「幼稚園 シモナマンザネダ」 と翻訳され、検索結果に出てきた記事によると

シモーナ・マンザネダで列に並んでいる母親は、息子の割り当てを確保するつもりだと言いました。また、彼は近くに住んでいると言っており、それが彼に利点を与えています。

入学前には、すでにクォータなしの学校ユニットがあります-LaRazón
http://www.la-razon.com/sociedad/inscripcion-unidades-escolares-cupos_0_1975602452.html

とのことで、入園枠を確保するということなのでしょうか。人気の教育施設にはなかなか入れないと。
おなじじゃないですけど日本の待機児童みたいな……


ほかには、ボリビアでも見つけたんですよ。

アフリカで見かけるような屋外陳列を。
以前記事でも書きましたね。(ストリートビュー散歩31 アフリカ・ウガンダで見る屋外の商品陳列)ベッドやソファなど、そんなに大胆に屋外に陳列をしてしまったら突然の雨などに対応できるのか?という不思議。ボリビアでも「こんなに外に並んでるのか~」とびっくりしました。日本でも屋外にワゴンや特売や目玉商品を出していますけどね。日本の場合はそれが細かいのが特徴じゃないかな~と思っています、ベッドやソファは簡単に持っていけないと思いますが、日本の店頭販売は簡単に持って行けそうな小物が多いので、むしろそちらの方が海外の方には「これ持っていかれちゃわないの?」と不思議に思われるかもしれません。

で、ボリビアで見つけた屋外の商品陳列(と思われるもの)。

やっぱりソファーっ!!

どーんとね。このあたりは家具問屋が多いのか?こういう家具屋さんがいくつも見られます。

ベッドとか……ダイニングテーブルセットとか!!

道にはみ出てる気がする。(気がする?)
運び出す前に屋外に出してる……わけじゃなさそうだけど。やっぱりこの状態で売ってるんだと思う。

ジーパン! アフリカでも洋服をこういう風に売ってるお店けっこうある、でもアフリカは一応テントの中に置いていた気がするぞ。

個人的に一番「それを外に置いちゃうのか~」と思ったものが、

ミシン!!!

足踏みミシンもあるけど電動もあるっぽい?
テントの下ではあるけど突然の豪雨だと濡れそう。テントの看板によればパソコンも売ってそうだし、確かに一台モニターが置いてあるぞ。

ティアウアナク通り面白いなあ。
この家具売ってるあたりからどんどん道を……向かって左方向に進んでいくと文房具屋さんが固まってある。業種で固まってお店を出すみたいだ。
この通り行って見たいぞ……

material escolar が「学用品」て意味なのかあ。検索ワードを得たぞ……!

またその辺を探して特集してみようと思います!