【同人誌即売会】5月はイベントラッシュ

5月は同人誌即売会ラッシュですよ~。

私も上旬に3イベントに参加します。

5/4(土) 資料性博覧会DX(中野サンプラザ)【No.45】

5/6(月) 文学フリマ東京(東京流通センター)【オー42】

5/12(日) コミティア128(国際展示場青海展示棟※いつもと違う場所・東京テレポート駅)【X25b】

資料性博覧会には評論系同人誌を持っていきます。文房具や2018年冬コミ発行の収納本。

文学フリマとコミティアには漫画本も持っていきます。

あちこさんシリーズとか。

コピー本「夜はとうとうわたしのものに」も少部数ですが持っていきます。一応漫画です、内容が変則的ですが……

表紙画像は電子版のものということでコピー本はちょっと違います。

発行している同人誌の一覧はこちらから!

電子書籍も各種発行しています。
本の在庫があるものも結構電子化しているので、イベントには来られないけど興味ある~と言う方などどうぞご覧ください!

【AmazonKindle】
https://www.amazon.co.jp/%E8%97%A4%E6%9D%91%E9%98%BF%E6%99%BA/e/B072BPSCCY/
【BOOK☆WALKER】
https://bookwalker.jp/author/85116/
【BOOTH】
https://achi.booth.pm/

 

4月6日(土)「おもしろ同人誌バザール7」参加します!

初参加です。

いままでそのイベントの存在は知っていたのですが、長らく「情報を知った時にはもう開催日で申し込みはいつ頃募集してたのかがわからない」という感じだったのですが、今回初めてタイミングが合ったので。

いわゆる「評論ジャンル」に分類される、資料系・評論系・コレクションなど、様々な視点でつづられた同人誌が一挙に集まります。スペースは200ほどあるようです(1サークルで2スペースの場合もあります)。

私のサークルは【メルプのお部屋・スペースNo.186】

おもしろ同人誌バザール|同人誌|即売会|東京都
http://hanmoto1.wixsite.com/omojin

会場「ベルサール六本木」の場所など詳細は↑こちらで紹介されています。
六本木から比較的近いので行きやすそうですね。B1での開催とのこと。
一般参加者の入場時間は11時~16時です。

情報系同人誌即売会おもしろ同人誌バザール | 出展者詳細・第7回
http://hanmoto1.wixsite.com/omojin/6-3

↑詳細を見てみてください。あかん。これみんな面白そう。私もちょっとチェックして、これは!!!!!!って本を買いに行こうかな……
来ていただいた時にもしお買い物に出てたらすいません。なるべくちょこちょこ戻るようにしますけど。魅惑的。


当サークルの頒布予定同人誌はこちら!

(ほかにも漫画作品などありますが、おもしろ同人誌バザールと資料性博覧会は評論ジャンルオンリーイベントということもあって、評論ジャンルの本に絞って持ち込む予定です。)

【冬コミ新刊:捨てないために収納したい!】
断捨離に対抗する?取っておきたい私の収納アレコレです。正直まだ役に立つレベルまで行っておらず、模索中の案件ですが、なぜか手に取る皆さん共感をくちにして購入されております。みな悩みは同じ。せっかく集めたものを捨てずに取っておきたい、願いはそれだけ……

【文房具 Vol.15~17】
毎年1~2冊発行している「文房具」全般についてのコラム、商品紹介、使いこなし、文具ネタのまんがだったり音楽だったりいろいろ、とにかく文房具について私がかけることは毎年ここに詰め込んでいます。お土産の文房具や、100円ショップの文房具、私のコレクションなど定番になった記事もあります。

【おもしろいペンまつり】
2018年5月発行。私がいままで集めちゃった文房具の中から、使いづらそうだったり、実際「なんだこれは!」となったものや、特徴のあるペンばかりを集めました。

【変な電卓2017】
私のサイト「変な電卓研究所」でも紹介している、見た目や機能が変わっていて私の心をつかんだ電卓コレクションたちを114個+α紹介しています。
内容の詳細はこちら!
テレビ番組「有吉ジャポン」でも紹介していただきましたよ。(2018年6月)まだまだ在庫があるのでぜひぜひ。電子版もあります。(電子版の案内は下部にまとめて。)


当日会場に来られない、その他5月のイベント(予定・4日資料性博覧会@中野、6日文学フリマ東京@東京流通センター、12日コミティア@ビッグサイト)も無理っぽいけど興味があるという方向けに通販・電子書籍もあります。

通販
●Comic Zin

電子書籍
●Amazonkindle
●ブックウォーカー
●BOOTH


「コミケでは評論ジャンルは絶対回る!」

「変わった視点の本が好き!」

という方には本当にぜひ見てほしい本がたくさん集まりますので、6日は六本木まで足をお運びくださいませ。


【いちおうわたくしの自己紹介】

名前:藤村阿智(ふじむらあち)
サイト「Blackstrawberry net
連載中のまんが「お楽しみは文房具」(文具のとびらで連載中)
「旬刊経理情報」に文房具コラム連載(全60回)
文房具の同人誌は2004年から発行しています
作品年表・プロフィールはこちら

【電子書籍】インクから生まれた魚たち 3月21日配信開始!

オリジナル同人誌の電子書籍をいっせいに配信するオンラインイベント、「創作同人2019年3月」参加作品です!

この記事では本の内容紹介と、見本ページと、万年筆インクで描いたイラストのメイキングを少しだけ載せています。


タイトルは「インクから生まれた魚たち」。
2017年12月にフルカラー同人誌として発行しました。

万年筆用カラーインクを使って描いた架空の魚のイラスト集。イラストに使用したインク、画材などの道具を一緒に撮影した写真で構成。
使用したインクの紹介と、簡単な描き方も。フルカラー全24ページ。

現在は完売していて、手元に在庫はありません。でもあんまり部数を刷ってないのと、こういうイラスト集がほかにないので、再販してもいいかな~と思っています。同人イベントなどで頒布するかはわかりません。

とにかく電子版にして配信しますよ!
電子版は、同人誌の表紙の裏・裏表紙の裏に2ページ追加しています。
3月21日から配信開始、予約も受け付け中です。予約購入しておくと、21日になったら読めるようになります。

【配信ショップ】

★Book☆Walker
https://bookwalker.jp/decd591f5f-3cb7-4388-8ba7-ff19563e7b05/

★Amazonkindle
https://amzn.to/2JmENQM

★BOOTH(PDFファイル)
https://achi.booth.pm/items/1282269


【電子版用の描きおろし】

電子版と紙版で違いを出すのは好きじゃないのですが、裏表紙のページを埋めるために1枚あたらしい絵を描きました。

こんな感じに葉っぱを描いて……

ミモザっぽい花と、魚のイラストです。


電子書籍いっせい配信イベント「創作同人2019年3月」では、ほかにもたくさんの創作ジャンルの電子書籍が同日に配信開始されます。皆さん力作ぞろい、ぜひラインナップを確認してみてください! 私もいくつか買うぞ~。


2018年12月に配信開始したまんが「夜はとうとうわたしのものに」もよろしくお願いします!こちらはamazonkindleでは配信していないので、book☆walkerかBOOTHでDLしてください。

ってかこれの紹介ページ作ってなかった……こんどちゃんと作ります。

【ブックウォーカー】(EPUB)
https://bookwalker.jp/deccb094d6-c486-4078-9e07-343c58cb82d4/
【booth】(PDF)
https://achi.booth.pm/items/1134130

2018/11/18 電子書籍配信中・読み放題で読まれたページ数

Kindleで配信中の電子書籍、読み放題でも読めます。


「ノート・手帳/わたしと手帳のふたりきり。」

 

2018/11/18現在、unlimitedで 3880ページ 読まれています。

こんな感じでたくさんの人に読んでいただいてる……と思うので、お気軽に読んでください。

 

電子版「ノート・手帳 わたしと手帳のふたりきり。」配信予約開始!

電子版「ノート・手帳 わたしと手帳のふたりきり。」が
11月3日からamazonKindle限定先行配信されます!

ノート・手帳 わたしと手帳のふたりきり。

同人誌で発行した、「ノート・手帳」と「わたしと手帳のふたりきり。」を2冊合わせて電子版を作りました。ページ数がどちらも多くはないし、一応テーマが同じだということもあって、一緒に配信してしまおうかなと。

価格は500円です。

ただし、KindleUnlimitedにも登録していますので、amazon限定配信中はUnlimitedに入会している人は0円で読み放題です。ぜひこの機会に。

様子を見て、Unlimitedの利用が落ち着いてきたら(もしくはぜんぜんなかったりしたら……)限定配信とUnlimitedの登録をやめて、通常配信にする予定です。

期間は未定です!

 

内容は、あくまで個人的に使ったノートや手帳しか紹介できていないのですが(種類をたくさん紹介するような本ではないので)、私がどういうモノをどういう風に使ったかということを写真と文章で説明しています。

ノートや手帳に興味がある方はどうぞ……大した手帳術もありませんが、もしかしたら新しい使い方が見つかるかもしれません。