2022/10/27 ちょっとしたダイエットしてた

ダイエットメモ

ちょっと体重減らしたかったので意識してやったら2か月で2kgほど減らすことができた。

そもそもそんなに問題が出るほど太ってはいない……と思うんだけど、自分で体重をコントロールできるようにしておきたい。

若いころは正直、何しても太らなかった。たくさん食べても効果が出なかった。そもそもお金がなかったのであんまりいいものを食べたりたくさん食べたりできず、まず食費を削っていた。いかに病気にならない程度に安い飯だけで一日動いて仕事したり遊んだりするか……そこが重要だった。

値段のわりにカロリーがとれるたべもの

お気に入りはローズネットクッキーだった。これはコンビニなどで100円~ぐらいで手に入るんだけど、なんとこれひとつで500kcal超える。

山崎製パン | 商品情報 | 商品情報[菓子パン] | ローズネットクッキー
https://www.yamazakipan.co.jp/product/02/rosenetcookie.html

美味しいし。

若いころはお昼をこれと飲み物だけで済ませたりってことが多かった。若い頃って言ってもなんだかんだ10年以上そういう感じだったのがちょっとつらいところ。

最近はカロリー取るとそのままキープしてしまう

最近はカロリーが高いものを食べ続けると、余った分を消費できずにキープしてしまうので、脂肪がつきやすいところに蓄えられてしまう。全体的にむっちりしてくるとかじゃなくてとにかくおなか周りに脂肪がついて、ほかにはそんなについてない……

「食べすぎちゃったな。この辺のお肉を減らしたい」

そう思っても全然コントロールできなくなった。「運動する」「食べすぎないようにする」だと全然体重が減らない。

体重をはかる時間はいつも同じ

ここがまちまちだと何の目安にもならないので、

・朝起きて
・トイレに行って
・服を着替えるときに身軽になった状態で量る

というのを決めている。水分とったり食べ物を食べる前だ。

ここ数年「最高記録を更新したな……」って思うことが増えて、今年になってからは「以前だったら瞬間最大体重みたいに一瞬なるときがあるよね~って感じだった体重を平均体重みたいにキープしちゃってる……!」って状態になってしまった。

イベントごととかで人に会う前にやせようと思っても全然コントロールできない。減らそうと思っても減らせない。これは体重が重くなりやすくなってるんだ。体質や環境を改善して、「ちょっと食べてもすぐ普段の体重に戻る」って感じにしなくちゃ……

複合的に、あんまり無理せず

筋トレしてもぜんぜんカラダが絞れないな~と思ったら、筋トレは脂肪が消えるものではなく、筋肉がついてもその上に脂肪が乗っかってたら筋肉は見えないですよ。と筋肉系の人が言ってるのを聞いて「そ、そうだったのか……!!!」といまさら目にはまっていたウロコを落とす。

その方曰く「脂肪がつくのは単純にカロリーが消費分より多くとられてるから。摂取カロリー減らして、ついてる脂肪をカロリーにして減らしてく感じにしないとだめですね」的なことだったんですよ(うろ覚えだけどだいたいそんな感じ……)。ダイエットとかスリムアップの話じゃなくて、筋肉をつける話のついでだったので逆に素直に聞けるというか。「筋肉はこうやってこうやってつける!!え?脂肪がついてる?カロリー燃焼して落とせ。以上。で、筋肉はこうやってつける!!」みたいな。とてもいい。

なので、「筋肉が埋もれて見えないような脂肪を、カロリーとして消費していこう」が目標になったわけです。

食べ過ぎない

余りにも当たり前だしいろんなところで言われてる基本中の基本だけど、食べ過ぎないって難しくないですか。間食をやめたよとか、大盛りをやめるよとか、もともとその辺がそうでもなかったのに体重が増えた場合は方法に困る。

そこで私がやったのは「ひとりぶんを食べない」

例えばお弁当とか、外食とか、「おひとり用です」って用意されると「そうか~じゃあこれが一食分なんだな」って思って、頑張って食べていた。頑張って食べていた!!!

それを頑張らないのが大事なのかなと。自分の体やおなかのすき具合と相談せず、用意されたりひとまとまりになった「ひとりぶん」「一食」を疑わず食べちゃうと、どうも私には多すぎるみたいだ。

「空腹じゃなくなる」程度に様子見ながら食べる

空腹でどうしようもないよ~こりゃ食べなきゃあかん~

という状態だったら食べてもいい。「空腹じゃなくなったけど、まだ食べられる」「もういっぱいだけど、まだ一人分の残りがある」、これは食べないでおく。後でおなかがすいたときに続きを食べるとか、あきらめるとかする。

とにかく様子を見ながら、「どう?まだおなかすいてる?」みたいに確認しながら食べる。

真面目に減らし始めの時は内容も工夫する

「減らすぞ!!!」ってモチベーションが高いときは、そのやる気を利用してヘルシーでカロリーの低いものを食べる。炭水化物を少なめにして(食べて無くはないぞ~ぐらいの量。ご飯を団子大ぐらいにしたり)、ブロッコリーとか形がしっかりした野菜で満足感を得る。

麺食べたいときは、小さな春雨とかビーフンとかを利用する。できれば一袋開けたら全部食べるものじゃなくて、様子見ながら量を調整できるような感じで。

足りなかったらその時は改めて追加して食べてもいいと思う。

間食はアメを使う

糖分の取りすぎにならないように注意が必要かもだけど、夕方とか散歩中におなかがすいてふらふらしてきたら飴をなめる。一応1個当たりのカロリーをチェックしていて、いまどれぐらいカロリー取ってるか意識する。

ボリボリ噛んで複数個食べるんじゃなくて、ゆっくりとかしながら食べる。下がりすぎた血糖値が戻ってふらふらじゃなくなるので、とりあえず「おなかがすいた!!!なんかすぐ食べられるものを食べたい!!」とがつがつ食べちゃうのを防ぐためだ。

摂取カロリーをちゃんと考えると、アメを緊急避難的に食べるのはいいけど、複数個食べてしまうと「あれ……ご飯ぐらいカロリー取っちゃってるな、じゃあご飯で取りたかったな」と思ったりするのでやっぱりカロリーを意識することは大事だと思う。飲み物もそう。飲み物でカロリー取っちゃうと、とりやすくてびっくりするしカロリーのわりに物足りないことにもびっくりする。

摂取カロリーにふさわしい摂取時間もあるな……と考えて、カロリーの高いものはゆっくり食べたりする。

「ナッツを少しずつ」もおすすめ。

筋肉はやっぱちょっとつけよう

カロリーを消費してくれるのは筋肉だし、筋肉がついてれば基礎代謝が上がってただそこにいるだけで食べ物のカロリーを消費してくれるんだよね。だから筋肉量は少しでも増やそう。そのために無駄な動きをしたり、バタバタしたり腕を上げたり下げたり回したりしよう。

ムキムキにならなくてもいいんだし、ちょっと寝込んだり入院したり、デスクワークで動かないだけでも減る筋肉量……と考えると、逆に「ちょっと動くだけでもある程度の筋肉は維持できるし、やっぱりカロリーを使う」という事だろう。だから無駄な動きをする。テレビを見ながら、音楽を聴きながら、あの……昭和の……ダンシングフラワーみたいな動きをするのだ!!!私はやっている!!!

踏み台昇降もいいよ。でも踏み台の設置には気を付けてください。もう15年以上前だと思うけど、読んでた漫画読みブログの管理人さんが「届いた漫画が入ってた箱の束を使って作ったもので踏み台昇降ダイエットしている。10kg減った」とか言ってたけど、後に「踏み台で滑って骨折した」とも言っててそれ以来「踏み台コワイ」ってなってます。崩れない、滑らない、安定した踏み台を使ってね。あと段差が大きすぎるとお尻の奥のほうの筋肉を傷めるよ。これは私の経験だよ。神経痛で足先がしびれて痛くなって治るまで2週間ぐらいつらかった。急な筋トレよくない。

ブロッコリーはマジでいい

ブロッコリーはほんといい。冷凍ブロッコリーが安く手に入るので、それを買っておこう。最近うちでは切らしていない。お弁当に使うのにも楽だし、レトルトカレーとか炒め物とかなんにでも入れて使えるしボリュームが出るし味付け自由だしおいしい! 西友で買えるエクアドル産のものがお気に入り。

おやつに納豆を豆腐にのせたものとかもいい。クッキーとかポテチ食べたくなるんだけど、しょっぱいもの食べたいときは納豆くっとこう。クッキー食べたいときは……クッキー食べるか。いいよたべても。

ローファットとか低糖質とかのおやつは好みが分かれそう。私は満足度が低くて、せっかく食べたのに「コレジャナイ……」っておもってしまう。貴重なカロリー摂取の機会にコレジャナイを食べてしょんぼりするぐらいなら、好きなもの食べて「好きなもの食べた~。ほかのところでへらそ」ってやったほうがいいだろう。

カロリーレスな甘味料もあんまり味が好きじゃないので、量を減らしてでも普通の砂糖をとるほうが好き。

せっかくだから無意識に砂糖をとらず意識的に「砂糖~!砂糖だ~!」ってモグモグするのがよさそう。飲み物とかだと無意識に想像以上の大量の砂糖がとれちゃってもったいないから、砂糖を見ながら砂糖なめるほうがよさそう(イメージの話で、チョコとか自分でコーヒーに入れるとかそういうのの話です)。

デーツもいいよ

最近よく食べてるのはデーツね。多分ミネラルとか鉄分とか食物繊維のおかげで、糖分以上にいいもん取れてるかもしれない。食べすぎに注意だけど正直そんなにたくさん食べられない。慣れたらむっちゃ食べちゃうのかな?

最近健康食品としてはやってるのであちこちで買えるけど、デーツを20種類ぐらい食べた結果わたしの感想は「ばらつき・個性がすごい」なので、買ったデーツによっては「これ苦手……」とか「デーツってこういうのなんだ……無理」とかなるかもしれないなって思ってる。私がひろく万人に「これはおいしいと思いますよ」と勧められる、安定した品質で安全そうなのはオタフクのデーツ。正直輸入商品の中には「得体がしれないな?」って不安になるものも(すいません……)あったりするのですが、オタフクのはほんと安定してておいしいです。粒ぞろいってこういう事だな。ちょっといい値段だけどその分おススメできる。コンビニとかでも扱うところ増えてるみたいなので探してみてね。

山登りの極限を描いた作品もおすすめ

いま読み返しているってのもあるんですけど、

「神々の山嶺」とか読むと、カロリーの摂取と消費について真面目に考えられるなあと思っている。

極限状態の登山とかだと、カロリーを取りたいっていうほうで困難があるわけですよ。無限に食べ物があるわけでもなく、軽くて持ち運びやすく、手早くカロリーがとれるものでエネルギーを得てすぐに動いて消費する。なるべくカロリーを消費しないように荷物を軽くする。無駄な動きをなくす。重い食べ物は持ち運ぶだけでカロリーを消費してしまう。寒い・標高の高い場所はいるだけでカロリーが失われていく……などなどカロリーの摂取と消費についてむちゃくちゃ考えられるわけですよ。山で行動に必要なエネルギーを取ることを考えると、平地で動くのに必要なカロリーなんて大して取らなくてもいいことがわかるし、ただ生きてるだけで消費していることも実感する。

あと、水分はいくらとってもとりすぎということはない。(エベレスト登山では)

長くなった

まとめ

・「一人分の食事」を疑え

・カロリーを意識しよう

・ブロッコリーうまい

・まんがを参考にしよう

 

以上です。

 

2022/10/15 AIに画像を作ってもらう

AIに画像を作ってもらうのがここんとこ流行ってますね。

AIと画像の話を書こう書こうと思ってて、書いてない……ですよね?最近あちこちにいろいろ書いてたらどこに何を書いたかわかんなくなってきた。

Stable Diffusionを使ってみている

Stable Diffusion – a Hugging Face Space by stabilityai
https://huggingface.co/spaces/stabilityai/stable-diffusion

こちらで気軽にお試しできるので。

ローカル版はうちのPCのグラボが古くて動かなかった。やっぱどこかで書いたような気がするな……

Stable Diffusionは絵というより画像って感じ。illustrationとかpaintとか付け加えればイラストっぽくもなるんだけど、あんまり私好みの絵は出ないんですよね。なんていうかそうじゃないんだっていう感じの、ちょっと古めのPOPアートみたいなのがでておしゃれじゃないというか……正直私が自分で描いたほうが発想も描画も上だな!!と自信が付くかんじ?(あんまりいうと自信ありすぎて恥ずかしいがw)

AIイラストの例

なんか、たぶん私の指定がへたくそなんだと思うけど(これはわざと、こういう風に入れたらどうなるかなって試してみたもの)、文字を入れ込んできちゃうことが多い。文字を入れたら意味がないのよ。もっと「あーこれ……ここにその意味を込めたのかな?」って感じだったら楽しいのに、文字がそのまま入ってたら「あ、ハイ」って感じになっちゃうじゃないですか。

AIのことを考えると物語がたくさん思いつく

AIの存在、AIが人間とどうかかわっていくか、そんなことを考えるとうちのブラックドウワに使えそうなショートストーリーがたくさん思いついてくる。どんどん書いちゃえばいいのかもな。それこそハトのショートショートみたいに、マストドンで書くか?

地球最後の日をAIが描く

「地球最後の日」私は興味本位でAIにそのキーワードで画像生成を依頼した。数秒待って、AIが描きだした地球最後の日は恐ろしいものだった。すべての破壊、荒廃を予感させる不気味なモチーフ、暗い色使いと赤い世界。来る「地球最後の日」を予言しているかのようだった。いや、計算によってすでに導き出されているのかもしれない。

とか、

「地球最後の日」でAIが描画したものは穏やかだった。生命は感じない、一人ぼっちになった地球が、それでも自分を構成する物質を抱えて形を保っている。これから分裂して「地球」ではなく「かけら」になるそれは、いまはまだ今日がその日だと知らないようだった。

みたいな文章を想像できる画像が出てきたらいいな~と思ってかいてもらった。

AIが描いた画像

あーもう、文字書いちゃったよ……

3枚目(左下)はちょっといいかもな。ステレオタイプな気はするけど「やっぱりこの未来が!」っていう予定調和の話から始められそう。

「地球最後の日」AIが導き出したその絵は、なんと二つの地球が描かれていた。毎日作成を続けると、少しずつ変化し、二つの地球のサイズや細部に違いがあるようだ。つまり、日々「このままでいくと地球最後の日はどうなるのか」に変化が生じているということだ。どちらの地球が最後に残るのか。AIにもいまだ判断できていないのかもしれない。

で もう一回。

AIが描画した地球

どんどんポスターっぽくなってくる上に書いてある文字がそれっぽいだけで微妙に違うから……

私が活用できそうなAI描画おもいついた

それは、パターンです。

自分でも描く・作るのが好きなので、別になくてもいいんですけど、自分とは違ったタッチのパターン作れたらいいなって思って。

AIのループパターンタイル

こんな感じ。

タイルをつくる才能がけっこうある!!

ただしやっぱあんまり上手じゃない!コンピュータなんだからもっと幾何学で、かっちり作ってほしいんだけどな。

AIが作ったタイルパターン

あと、loopって入れてもあんまりきちんとしたループにはならないし、結局つなぎ目がわかりやすいものばかりなので、タイルにしかならないな。タイルって入れたのが悪かったかな。左上のものはなかなか良くて、タイルパターン作ってみたら結構満足いく出来になった。(Demoなのであくまでこんな感じにパターン作れそうだなっていうテストです)

AIタイルの作例

敷き詰めて、角度を変えてみたもの。なかなかきれい。私には思いつかない柄だし。ただ、もう少しかっちりシンメトリーにしてくれたらなあ。それかまったくのアシンメトリーなループ。

AIタイルガラス風

一番最初の画像で、ガラス風のパターンがなかなかかわいかったから「そうだな~ガラスっぽい質感のパターンあったらかわいいかも」と思って作ってもらったのがこちら。

ガラスの魅力はなかなか出てる!あとはデザインが気に入るものが出てくれば。右下のミルフィオリみたいなお花のタイルはすごくいい。ミルフィオリ大好きなので。自分でもミルフィオリっぽいパターン描いてみたくなった。

ちょっと注意点も

AIは学習したものから指定されたキーワードに合うものを再構築してくれるので、全くないものを生み出すことはしないんですよね。組み合わせが新しかったり、ある意味のエラーから人間ではしない失敗が新しいものを結果的に生み出してたりはするけど。

なので、上のパターンたちもどこかに含まれるものから学習しているわけですね。ガラスタイルでミルフィオリっぽいのが出るのもそうだと思う。

で、描かれているモチーフやデザインが誰かが権利を持っている意匠だったり、宗教上や文化で大事にされているものや軽々しく組み込んではいけないものだったり、意味がついてたりするかもしれない。人間だったら勉強してそれらをさけて描くこともできるしAIが描いてくれたものをはじくこともできるけど、人間側が知らずに使ったら問題のあるものをはじけないかもしれない。だからこれまで以上に「この世の中にどういったものがあって、どういうものが出てきたときに”これはNGです”ってなるのか」を人間が勉強していかないと、困ったことになりそう。出力した側にはまさに「悪気がない」わけだからな。

以上、AI試してみたレポートでした。