2021/01/10 2020年の年末を有意義に過ごす会の結果報告

2020年の年末は、残り時間を分単位で計算してやりたいことに時間を分配し、何をやっていたのか記録することで「やりきった」感を出そうとしていたんですね。

2020/12/28 年内をやり切りたい

それこそ睡眠、お風呂、トイレの時間まで時間割をして、家事や日常の行動もたっぷり時間をとったうえでやりたいことをできる時間がどれぐらいあるかと実感したわけです。結構時間はある。いろいろできるから焦らず余裕でやろうじゃないかと……


iphoneにもスマホアプリ「Runner Watch」というアプリを入れて、項目ごとにストップウォッチで測ってみました。これは大変便利でした。

59分59秒99以上も測れます。1秒以下の数字は表示されなくなるけど。

あと、ふとしたことでアプリが落ちて測った時間がリセットされることがあるので、転記するまで時間があるときはスクショを撮るなどしておきましょう。

同時に数項目計ることもできるので便利ですよ。工数チェックにいいかも。もちろん項目名も自分で設定できました。


どういう結果になったかここに貼ってしまえば見てもらえるかと思ったんですが、トイレの時間とか生々しいかなと……ぶっちゃけ言ってしまうと、4日で24分程度でした。つまり便秘です(?)まあでもこんなもんかなと……すごい短いんですよねトイレタイム。

ネットの時間も4日間で500分取っていて、「たぶん足りないよなあ」と思ったのですが案の定足りなくて712分使いました。

家事は休もうとおもってたので、4日で120分と設定していましたが、やっぱりそれでは足りなくて178分使いました。掃除・片付けは家事と分けて時間を取ってたので、それ以外の家事です。

読書の時間はいいかんじだったかな。でも予定より1時間少なかった。

英語の勉強は予定より多く時間をかけました。

創作活動ははかどらなかった。

文房具の山を崩すというのを、片付けと別に120分取ってたのに、1分もやりませんでした。

粘土細工は1時間ほど余計に時間がかかった。

睡眠、お風呂は予定時間より時間がかからなかったけど、余裕をもって時間を取ってたので忙しかったり眠れなかったりということもないです。


で、仕事サイトの更新はどちらにも同じ時間を追加できる(30分かけてサイトを更新したら仕事も30分とカウントできる)とか、お風呂に入りながら読書をしたりとか、ご飯食べながら動画を見たりとか、時間が被ってカウントしているものもあるので予定の時間配分よりも多い時間を使ったことにできるかなと思ったのですが……

4日間で797分の「無の時間」がある……つまり何もしていない、眠ってもいなければ活動もしていない、食べてない、トイレじゃない、読んでない、観ていない、書いていない、外歩いてない、家事も掃除も片付けも勉強もネットもしてないっていう時間が797分。13時間以上。こわい。

なんだか今回のタイムアタックでは、その「計っていなかった無の時間」の存在が浮き彫りになって、それがちょっと怖かったです。

Clip Studio paintのタイムラプス動画撮ってみた

新バージョン(Ver.1.10.5)から追加されたタイムラプス動画を試してみました。

新機能って言うか、前にもあったよね……?
クリスタじゃなくてイラスタの頃だっけ?

最近はアイビスペイントとかほかのペイントソフトでもタイムラプス動画は作れるので、クリスタにも実装しないとって感じなんですかね。(実はWORDやEXCELでも描画のタイムラプス作れる)

方法・やり方は簡単で、新規作成するときに「タイムラプスの記録」にチェックを入れるだけです。

それで描いたイラストがこちら。

タイムラプス動画はyoutubeにUPしておきました。

タイムラプス動画のかきだし(出力)は「ファイル」メニューから。
mp4ファイルが保存できます。

出来たまんまの動画だと、完成した絵でとまってくれる時間がないし、クレジットもないので一応動画編集ソフトで形を整えて、1分間+αの動画にして投稿。

最初にサインというか自分の名前をどこかに表示しておいてから描き始めた方がよさそうだなあ。つい癖で最後にサインしちゃうんだけどね。

Twitterに直接上げるには手軽でいいかも。あとTwitterの容量のこと気にしなくていいし(ひどい)

ただ、ローカルに保存しておくには重いですね。

動画ファイル(mp4)そのものは79MBにもなってしまいました。最終的に私が編集した後の動画は17MBぐらい。

あと、タイムラプスで記録を始めた.Clipファイル自体も重いですね。まあ私が貧乏性で描いた絵は何でも印刷に耐える解像度じゃないと気が済まないので、300mmの600dpiっていう、これをポスターにでもするのか?ええ?みたいな大きさで描いているせいでもあるんですが、.Clipファイルが300MB近くなってしまいました。これはさすがに……。どうしようかなあ。せっかくだからメイキング動画がいつでも作れたらいいけど、全部のイラストや漫画を記録しておくのは動作的にも容量的にも重いですね。(ipadで描いてたときはあんまり気にならなかったけど、ipadスペック高いもんな~)やっぱ「んじゃ描きますね~、描いてるところみてって~」みたいなイラストだけ意識してタイムラプスを残すって感じがいいんでしょうかね。

ちなみに今回のイラストは、逆さになってて逆さに描き始めているみたいですが、そんなことはなくキャンバスを上下反転させて描いていますよ。でも元のキャンバス設定のまま録画されるみたいですね。これはほかのものでもそんな感じなのでみんなそうでしょう。

目から描き始めてるのがわたしにしてはレアかも。私は目から、輪郭から、頭のてっぺんから、鼻からなどその時の気分で描き始める場所を変えています。最終的に描きたい絵柄とか、キャラでも変わるかな。自画像描くときはメガネからか輪郭からだよ。


アイビスペイントで描いたときはまた全然違う描き方をしているのでぜひ比べてみてください。