ストリートビュー散歩73 各国のジャパニーズガーデン(南アフリカ、トルコ、モナコ)

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)

世界の日本庭園

個人的には、そんなに特別なものだと思ってない日本庭園なのですが……地図を見ていると「ジャパニーズガーデン」を見つけることがあるんですよね。

ちゃんと検索して調べれば、もっと有名な場所がありそうだけれど、とりあえず私が地図を見ていたら偶然発見した「ジャパニーズガーデン」をご紹介。
1記事でストリートビュー埋め込む数は3つぐらいにしておいた方がいいんだけど、ちょうど三カ所見つけたのでいいかんじです。

南アフリカのジャパニーズガーデンズ

こちらは初めて地図上で見つけた日本式公園。
遠く、南アフリカのダーバンの地図を見ていて「Japanese」って目に入ると「ん!?」って思いますよね。 中のストリートビューはないのですが、外側を見ることはできます。あと、訪れた人のレビューとかも。公園のレビューが見られるのはgoogle mapの面白いところですね。

公式サイトはこちら。

Durban North Japanese Gardens
http://www.durban.gov.za/City_Services/ParksRecreation/pnature/Pages/japanese.aspx

外から見た感じでは、謎の鳥居が目を引く。
鳥居と灯篭だな?と思う。日本的なモチーフとしては悪くないんだけどどうなんだろう。

レビューには「手入れが行き届いている、美しい場所、池がある、家族で楽しんだ」など高評価があってなんとなくうれしいですね。(自分が保守してるわけでもないのに!)「花を見たかったけど緑ばっかりだった」というレビューもあり、そういえば日本庭園……花少ないかもなっておもったり。花壇じゃないもんなどっちかというと。花もいろいろ思いつくけど。南アフリカの気候に合う日本庭園の花ってどういうものがあるかなあ。


トルコの日本庭園

イスタンブールに日本庭園。

トルコの人々は日本についていいイメージを持ってくれている人が多いみたいだ。都市伝説かと思ってたけど、テレビの旅番組の取材で訪れてる人が優しくされてるのを見て「どうも本当のようだな……」と思ったりした。私もトルコの人に出会ったらやさしくしたい。

公式サイトはこちら。

Parklarımız – İstanbul Büyükşehir Belediyesi Avrupa Yakası Park ve Bahçeler Müdürlüğü 
http://www.avrupaparkbahceler.com/parklarimiz.php?ilce=Sar%C4%B1yer&park=Baltaliman%C4%B1%20Japon%20Bah%C3%A7esi&no=67 

サイトには庭園内の写真も掲載されているので見てみると雰囲気がよくわかりますよ。なーんとなくだけど、池って不思議、日本庭園のソレとやっぱり違う気がする。水が溜まってるってことじゃないんだよなあという印象になる。

桜が咲いているときの評判はとてもいいみたいだけど、レビューを見ると多くの人が「なにもなかった」「見る価値がない」「小さい……」と酷評ですなあ。もちろん「すばらしい場所!」「リラックスできます」という感想もある。

しかし「日本の庭が見られると思ったけど、がっかり……」という内容のレビューが多いなあ。せっかくなんだからいいお庭にメンテナンスしてほしいなあなどと思ったり……うー。


モナコの Le Jardin Japonais

モナコにも日本庭園がありました。
こちらもマップを見ていてたまたま見つけたのですが、有名な庭園のようですね。

公式サイトはこちら。

Le Jardin Japonais
https://www.visitmonaco.com/fr/lieu/parc-jardin/95/le-jardin-japonais#

あまりストリートビューで近づけないんですが、いい写真が公式サイトにありますのでぜひご覧ください。(笑)

この公式サイトの読み上げ機能面白いですね。すごい。ちゃんと、いまどこを読んでるか示しながらwebサイトの文章を音声で読み上げてくれる。サイトを日本語に翻訳した状態で再生ボタン押したら「……デス」「シマシタ」みたいに、ところどころフランス語と同じ声で読み上げてくれる謎の状態になった。それもまたすごい。

モナコの日本庭園は、モナコのグレース公妃が日本文化に興味があって日本庭園を熱望していたのに、希望がかなわぬまま亡くなってしまったので、死後に作られたという逸話があるそうで。このあたりはwikipediaに記載がありました。

公式サイトの解説によれば、日本の庭師がデザインして現在も訪問してメンテナンスしているとのことで、さすがにバッチリ日本庭園だなという雰囲気があります。やっぱり水回りの扱いが重要なのかもなあ。あと石。

モナコ日本庭園 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8A%E3%82%B3%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%BA%AD%E5%9C%92

つくった会社のサイトにも詳しく書いてありました。
「借景ができないので隠すのに苦心した」って話はなるほどな~と思ったり。

グレース王妃が見た日本庭園|福岡|日本庭園・エクステリア|別府梢風園
https://www.shoufuen.co.jp/princess-grace


各国のwikipediaで「日本庭園とは」っていう定義も読めてこれも面白い。

あらためて「日本庭園に必要な要素」って言うのを考えるのは面白いですねえ。

Jardin japonais — Wikipédia
https://fr.wikipedia.org/wiki/Jardin_japonais

Japanese garden – Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Japanese_garden

 

ストリートビュー散歩71 インド洋の無人島をてくてく【動画アリ】

 

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)

今回も動画アリのストリートビュー散歩。

今回は地域分けをどうしようかな……
ほんとに海の真ん中にあるというか。ミッドウェーとかの時どこに振り分けたっけな?

場所はインド洋、「イギリス領インド洋地域」でございます。

こういう街が無い場所でもストリートビューがあるので、それはそれでよくみていますよ。ちょっとした街や基地があるところも楽しいですよね。
やっぱりアメリカやイギリスとかかわりが深いところにはストリートビューも行く感じですね。

 

 

今回のハイライトは……

「無人島だから人はいないんですよ」的な話をしながら進んでたら突如現れた、人!!!

南の島らしい、流れ着いたヤシの実ひとつ(どころじゃない大量の実だけど……)から芽吹いたヤシの芽。

無人島とはいえ、見るものはいろいろあるんですよね。海と砂だけの島もあったりしますが、やっぱり植物があるとさらに見どころが増える感じ。

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)