ストリートビュー散歩46 キルギスのカラオケ

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧)


キルギスのストリートビュー見てたら、ちょこちょこカラオケが見つかるんですよ。

Караокеというのがカラオケです。モンゴルでも結構見かけるので、ロシアとかモンゴル、旧ソビエトの国では根付いてるんだろうなあと思って。

カラオケは日本発のものだし、英語でもKARAOKEだし、和食のお店を見つけた時と同じような「オッ!」となる嬉しさがありますね。

どんな感じなのかな~、日本のカラオケと似ているのかな?と思っても、皆さんwebサイトは持っていないのか(ちゃんと店名で検索したわけでなく、googlemapのwebサイト情報をチェックしたら空欄だったということですが)詳細がわからない。でも口コミや写真の投稿はある!

……で、それを見ている限り、超豪華だなと。

私が想像したような、カラオケ「ボックス」ではなくて、「カラオケホール」的なものかと。クラブというか。歌手やバンドが呼ばれて歌を歌い、聞きながらご飯を食べたりするというか。実際そうなのかは確認できてないのですが写真はそんな感じに見える。


カザフスタンのカラオケは?

カザフスタンの地図上で「 Караоке」と検索してみると、これも出る出る。
口コミには「最新の曲は選べませんでした。」「マイクは古く、保護ワイヤが突き出ていました」など不安な書き込みもあるのですが、「素晴らしい場所 素晴らしい機器」という高評価もあるので……人それぞれかなと……

ストリートビューは見られないので、外観はわかりませんでした。


じゃあウクライナにもあるだろう

ウクライナはストリートビューもありますからね。

立派ああああ!!

A-KARAOKEは口コミでも「キエフで最高のカラオケ。」と書き込んでる人がいますね……すごい。

Avalon – A-Karaoke
http://avalon.ua/karaoke

webサイトも豪華だなあ。楽しそう。

どちらかというとこれもボックス的なものじゃなくて、キルギスと同じようにクラブ的なものっぽいですけどね。


どこも割と共通してた点

メニューの写真にSUSHI、SASHIMIっぽいものがある。

 

 

 

 

2020/01/28 達成感と目標と

私は短期記憶も弱いし、基本的に内省的で「自分はだめだ」と思ってしまうタイプなので、自己肯定感をUPさせるための工夫として「日々の行動をメモする」というのをやっています。

「これをやるということは、エライ!」と思えることをやったらメモしていく。

「今日は何をやったかな……何もやってない……」みたいに気分が落ち込んで来たら、メモを見返して「いろいろやってるな。何もやってないわけじゃなかった」と考え直して気分をアゲている。


これは効果的で、私はもう何年もこの方式で日々「いろいろやるぞ~・いろいろやったぞ~」というのを実感するようにしているのですが、今度は「足りない……まだ、もっとできたはずだ……こんなもんなのか……?」みたいに思う日が増えてきた気がする。

けっこういろいろやったぞ?という日でも、「でもあれやこれもやれたらもっとよかったのに。できてないからダメだ」と落ち込んで焦ってしまう。


最近の工夫は、「これさえできれば他のはおまけ、『さらにできた』ってことだよ」という目標をひとつ立てて、「自分すごくエライ!」を作ろうというもの。

何日も「面倒だな~」って思ってやれてないこととか、ちょっと大きめの用事とか、それさえできれば今日はばっちりだという項目を朝に考えておく。
それ以外にもあれやこれややったなんて……偉人か……偉人クラス……私は偉業を成し遂げたぞ!! ぐらいに大げさに自分をね!褒めていこうと思ってね!


この方法の悪いところは、できなかったときの落ち込みが大きいってことかな……
「これすらできていなくて今日は……ひどい日だ」みたいに思っちゃったりする。これは良くない。
少なくとも「完了できなくてもやっただけ偉いぞ」ぐらいの気軽さにしないとダメなのかもねえ。