ストリートビュー散歩106 ナイジェリアの路上で売ってるものについて調べる

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧) (地域別一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)

ナイジェリアのストリートビューが増えてた!

ナイジェリアは以前からストリートビューで見ることができていましたが、さらに見られる場所が増えていることに気づきました。「あれ?こんなところに青線(ストリートビューのある場所を示す線)あったかな?」とクリックしたら、2021年に追加されていた様子。

今回見たのは「オショグボ」(Osogbo Wikipedia – enという町。まだ少ししか見れていないのですが、いいですね。人が多くて、生活感と活気がある!

スマートフォンのような新しいものの気配と、使い込まれた街並みや設備の対比が面白いなあと感じます。

気になったもの

ストリートビューで見かけたもので、「これは何だろう?」とすぐに正体がわからないものがありますね。今回はそれを調べてみようっていうお話です。

売り物かわからないのですが、この量……売り物でしょう!この真ん中のもの。

ナイジェリアの路上で売っていた串 串にささって……

たぶん食べ物……? 調べてみましょう。

まず「Nigeria food」で検索。なんでいきなり英語かというと、……もしかすると日本の人でこれを紹介している人もいるかもしれないけど、たぶん圧倒的に英語の情報のほうが多いと思われるからです。

Nigeria foodの検索結果

そして画像検索モードに。名前のわからないものを検索するときはもっぱら画像検索を活用しています。今どきは必ず写真をつけてくれるのです。ずらっと並んだ写真の中から、探している串に刺さったものに似た食品がないか探してみましょう。

すると、ウィキメディアの画像へのリンクにそれっぽいものを発見。

Nigeria foodで検索した結果2

https://meta.wikimedia.org/wiki/With_Love_From_Nigeria:_Foods,_Foodstuff_and_Food_condiments#/media/File:Az%E1%BB%A5.jpg

するとそのページに「Dried fish called “Azụ amiriami” in Igbo language carefully stacked for sale.」とキャプションがついており、魚の干物、イボ語で「Azu amiriami」と呼ばれるものだと書かれています。早速「Azụ amiriami」で検索。

出てきたYouTube動画によればサバをくるっと丸めてスモークしてつくるらしい。

さらに検索すると、Dried fish はサバ以外にもcatfish(ナマズ)でも作るみたい。このストリートビューのある「オショグボ」は海から200kmぐらい離れた内陸だし、海のほうで作った干物を持ってきているのでなければナマズのほうが可能性が高そう。

見た感じ形もナマズに似ている。

串にさして売ってるのかな?

次は、串にさして売ってるのかどうか。

「Dried fish sale nigeria」

ストレートに売ってる様子を探してみると……

干物をうっている様子を検索

 

完璧な解説ページを見つけた!

Nigerian Smoked Fish Market Potential-Fish Smoking
https://www.meat-machinery.com/meat-processing-insight/nigerian-smoked-fish-market-potential.html

ナイジェリアでも魚の保存は冷凍が一般的だけど、電力の安定的な供給がまだまだなため燻製することで賞味期限を延ばし、ついでに調理もできる保存方法として活用されているということですね。

魚はナマズ、ティラピア、その他の魚が使われている様子。

くるっとした魚を串に刺したり、燻製にする様子も紹介されています。


今回は比較的簡単でした。Nigerian Foodで見つからなくても「たぶん魚の干物だろうな」というところまでは予想できていたのですが、早めに見つけることができてよかった。食文化について解説されているページも見つかったので勉強になったぞ。

 

こんな感じで日々「なんだろう?」を調べています。ばっちり解説ページへたどり着けると嬉しい!

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧) (地域別一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)

 

 

Google EARTH のタイムラプスでドバイの変化を見てみよう【ストリートビュー散歩番外編】

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧) (地域別一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)

ストリートビュー散歩の番外編です!

Google EARTH のタイムラプスで変化を見てみよう

動画で解説しているので是非動画をご覧ください!

……とそれだけじゃ記事が寂しいので、もう少し動画のこととか Google EARTH のことを書きましょう。

ストリートビューが好きすぎてEARTHあんまり見てない

ストリートビューじゃないところが好きじゃなくてEARTHのほうはあんまり見れてないんですよね。

地球そのものにはあんまり興味がないのかな……でもたまに見てみるとやっぱりいろいろ発見があるんですよ。地球儀でもいいとは思うんですけど、EARTHがあるからまあ物理地球儀はなくてもいいかな。でも小さ目のをひとつもっててもいいかもな……非電源EARTH。なんだ非電源EARTHって。

EARTHで気づくところ

やっぱり、とっても俯瞰して一望できるところがまずはいいですね。

地図をスクロールしてるだけでは意外といろんなこと忘れちゃってるんだなあと思います。もしかしたら忘れてるのは私だけかもしれないけど……

・アフリカが結構北にある

・逆に言うと、南米が思ったより南にある

・赤道から考えると、暑いイメージの国でも「日本よりは南にあるがそんなに赤道に近いわけでもない」

・意外と日本と同じぐらいの緯度にある

・日本から見て、時差が全然ないような場所にある島とか

ほかにもやっぱり位置関係や、面積の目安がわかりやすくていいですね。「あれっこことここ同じぐらいなんだな」とか、「日本よりずっと北で、北海道より上にしか国土がないな」とかまだまだ当たり前のところの知識が抜けてるもんだな~と実感します。

EARTHのいいところ

テレビ番組とかでも使われているように、地図にありがちな要素を加えたり抜いたりが細かく設定できるところがいいですね。

実際の世界には境界線はないわけですし、でも境界線があるのも見たい。「こことここは難にも変わらない、つながった場所なのに国が違うんだなあ」とかそういうの。

情報をモリモリに盛り込んだ地図も面白い。

ただGoogleの地図はどの情報が表示されるかっていうのはコントロールできないことがあって難しいですね。上の話と矛盾しますが、例えば「地名を出すように設定はできるけど、縮尺によって出るはずの地名がなんか表示されない」「さっきは出てたお店や施設の情報が、絶対あるはずなのにいまは表示されない」とかそういうの……

PCで見るかどうか

ストリートビューもそうなんですが、PCで見るか・スマホで見るかで全然情報が違うのも気を付けたい。ストリートビューなんかスマホやipadのアプリで見ると、必要な情報がなくてびっくりする。「みんなこんな、肝心な情報のない画面でストリートビュー見てたらそりゃ楽しくないだろ」みたいに思ってしまうが……私だけかもしれぬ。十分楽しいのかも。

だからPCに向かってない時はストリートビュー見ないですね。

 

いろいろ見つけてるのをなかなか出し惜しみして記事にしていない。どんどんガンガン書いていかなくちゃ。

動画で紹介したドバイの街についても以前記事を書いています!

ストリートビュー散歩14 ドバァ~イ

ストリートビュー散歩78 【動画付き】サウジアラビアとドバイのリゾートをうろうろした

ストリートビュー散歩54 ドバイの街路樹のデーツ?

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧) (地域別一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)