ストリートビュー散歩45 「スイスの絵ハガキにならない風景」

いや~~2020年の豊富と、あと遅れてるけど「2019年に買ったいいもの」の記事を書こうと思いつつ、今日であった風景についての記事を先に書いてしまう私です……ちょっとしたネタなのでどんどん書いていきますよ。

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧)


スイスってすごいんですよ。ストリートビューであちこち見られますけどね、だいたいどこに降り立っても「絵ハガキか!?」ってツッコミを入れたくなるんですよ。すごくきれいな景色ばっかりなんですよ!!

なんだこれはー!?

ふつうに、日本の道を見てるのと同じ感覚でストリートビューで降り立ったらこれですよ。こちらは結構山の中の道ではありますが、人が住んでいて、そしてこの花畑!?遠くにそびえる山?柔らかい日差し!

スイスすげえ、、

わたしの好きな風景はもっと生活感がある風景なんですけど、これはこれで好きですよ。歩いてみたいねえ。

標高は800mぐらい……じゃあうちの実家と同じぐらいか。
じつは実家方面は日本のスイスといわれ……てるのか??
こんな景色ないんですよねえ。山の中であるということは似ているけど、山と山が近すぎて谷にいる感じで広がりがあまりないんですよ。そのせいで「スイスと違う……」と思ってしまうのかも。

実家の町はスイスのヴェンゲン村とも姉妹都市になってたことがあって、と検索してみたらスイス大使館のサイトに書いてあったので今もそうみたいです。
一応スイスに雰囲気が似ているという理由だった気がするのだけど……ほかにも長野県とスイスの地域が姉妹都市になっているね。

在スイス日本国大使館
https://www.ch.emb-japan.go.jp/jp/nichisuisukankei.html


と、まあ、景色がいいわけですよ。それでついつい思ってしまったのは、
「スイスには絵ハガキにならないような景色はないのか!?」
ということ……

そりゃストリートビューで見つけた何かをドアップにしたり、何にもないところとかを見つければいいんですけど、そういうのじゃなくて……もう少し
「スイスらしさはある、でもこれでは絵ハガキにならないんだ」
というところはストリートビューでみつけられないものか?

そういう視点で探してみたところ出合ったのがこちらです。

おおーっ!スイスらしい湖と山地と家と……でももやもやしてて見えなーい!

……このネタは前にも紹介した南アフリカの絶景と同じなんですけど……
ストリートビュー散歩26 絶景のはずがこんなこともあるんだね

こんなにもやもやしてたら絵ハガキにできなそう。


でもまあ、山をちょっと下りたらこの通りですよ。

結局ステキじゃねえか!ってやつですよ!

 

ストリートビュー散歩44 レバノンの鍾乳洞

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧)

朝起きたら、レバノンの話題で持ちきりだった。

カルロス・ゴーンさんが日本を出国してレバノンへ渡ったとのことで。
その記事自体も「ええええ」というニュースではあったのですが、わたしからするとレバノンはあまり詳しくない土地。ストリートビューがほとんどないから。いや、ある国でも詳しいわけではないですが……

うちのサイトでレバノンに言及した記事と言えば下記のもののみ。

ストリートビュー散歩30 レバノンのベランダカーテン

これも面白い(私的には)ですよ。レバノンの集合住宅のベランダには外側にカーテンがかかっているの。日本に住んでる私としては、なんとなく雨に濡れるのとか、ホコリや砂をくっつけちゃいそうだな~ってイメージとかで、外に布を出しておくという発想がないのでびっくりしました。でももしかしたらこまめに取り換えたり、洗浄したり、またはまったく気にならないものだったりするのかもしれませんが、その辺はやはりその土地に詳しい人にお話を聞けないとわからないですね。


ストリートビューがまったくないわけではない

上記の30回の記事でも詳しく書いていますが、ストリートビューで見られるレバノンの景色はgoogleが集めたものではなく、個人や企業から投稿されたものです。なかなかクオリティが高いので普通に楽しむことができますので、それはそれでよいです。

googleストリートビューが全くないかと言えばそういうわけでもありません。

ほかの国でも、道は見られなくても観光地や施設内などにgoogleストリートビューがある場合があります。

レバノンでもありました。レバノンのストリートビュー、投稿されているものは青線(ストリートビューがあるよという、地図上のしるしのこと)がなんだかケバケバしているのですが、googleが撮ってるところにはそれがないので見分けることができます(完全じゃないですが、大雑把に言えば)。

こんな感じ。この中で、「あっここはgoogleが行ってそうだな」って分かる場所、そう、「ジェイタ洞窟」ですよね……

洞窟だけでなく、その周辺の様子も歩いて回ることができます。

「洞窟って書いてあったけどどこから洞窟なのかな~」などとぐるぐる歩き回っていたら、洞窟に入ったんですよ。

鍾乳洞だった

わ~~!!! 鍾乳洞! わたし鍾乳洞だ~いすき!

おお~!!

洞窟内の高低差もある~!

観光地らしく、入り口にはお土産物屋や休憩所もあるところがまたいい感じです。

公式webサイトも見つけた。

Grotto Jeita – The Pearl of Nature in Lebanon
http://jeitagrotto.com/


 

カメラを背負ったgoogle manを発見……