ストリートビュー散歩番外編 撮影している人のTED

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧) (地域別一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)

積極的に英語に触れるようにしていましてね。
英語の勉強まとめ

「TED」のチャンネルで動画を見たりもするんですよ。これリスニングにいいと思いますよ。たぶん。

昨日は「どの動画を見ようかな~」とTEDで興味のあるテーマを探していたら、ストリートビューを撮影している人による動画があったんですよ。

My journey mapping the uncharted world | Tawanda Kanhema

なんでこのタイトルで分かったかと言えば、わたし知ってるんですよ……すでに見てるんですよこの Tawanda Kanhema 氏のストリートビューを!!

アフリカのストリートビューは少ない。TEDの動画でもそのことが話されいますね。もちろんわたしも全部の道路をみたわけではないけど、やっぱり国が違うと気になるから、アフリカの全部の国の道路を見ていますよ。ある方が少ないのであっという間にストリートビューが各国でどんな場所を走っているかは把握できてしまう。

なのでもちろんジンバブエのストリートビューも見ました。

そのジンバブエのストリートビューは、googleカーが撮影した公式のものでなく、「Tawanda Kanhema」さんが撮影して投稿したものなんですね。

Zimbabweのストリートビューがある範囲

他にも、「おっここにもストリートビューが!」と珍しい場所で見かけてよく見てみると「Tawanda Kanhema」氏の投稿。写真もいくつもみたねえ。


ストリートビューでは個人の投稿もありがたい

とくに、公式のgoogleカーがまわっていないところ。国単位でgoogleじゃない他の機関や個人が撮ったものだけで構成されている地域もありますよ。それは実際にストリートビューの画面にしてみないとわからないわけですが、わたしはいつも「誰が撮影したのか」きにして見ています。

できればgoogleカーが撮影したストリートビューを見たい。前にも言ったように、わたしは撮影された街並みに「作為がない」ところに魅力を感じている。その時たまたま、車があんまり「アレを撮影するぞ」と意識せずに機械的に撮影していったものを見たい。ひとの投稿だと、やはりそこに「見せたいなにか」があると思うので、ちょっと無作為な魅力は失われると思っている。

でも、紛争があってなかなかいけない土地や、「主要でない」と判断されてしまった地域などでは個人の投稿が本当に「その地域を知る」数少ない手段になっていると思うんだよね。


Tawanda Kanhema氏の動画では、「地図がないということは、困った時にだれも助けに来てくれないかもしれないということ」と問題提起をしている……と思います。それに、まだまだ魅力的な場所や驚く場所はたくさんあって、それらも追加されることは大事、すべて変化するのだから記録しようという……あーそうなんだよねえ本当に私もそう思います。前回ドイツのストリートビューを紹介する動画でその辺をしゃべりました。ストリートビュー散歩79 【動画付き】ドイツのことと、動画

こうやって、意義を感じて正しい・使える地図を提供しよう、ツールの便利さをみんなが格差なく享受できるようにしていこうという気持ちが込められてるんですね。


しかし実際のところ、ジンバブエのストリートビューはありがたいのですが、

けっこう斜めになってるところが見づらいかな……

比較的最近のものや写真はどれも見やすいと思います!

ヴィクトリアフォールズのヘリコプターから撮影したものもなかなかすごい……んだけどちょっとお天気が良くないというかもしかしたら滝のしぶきで?よく見えないところがざんねんかな。

このへんはきれいでいいかんじ!

道もまっすぐだなあ。

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧) (地域別一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)

ストリートビュー散歩79 【動画付き】ドイツのことと、動画

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧) (地域別一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)

前からやっておきたいと思っていた、ドイツのストリートビューを紹介する動画をようやくとりました。

動画のタイトル画像にも書いてある通り、ドイツのストリートビューにはぼかしが多いのですよ。それについて思うところを話しながら紹介する動画を撮りました。

途中から元気になってきて珍しくガンガンしゃべってる気がします。最初は間があってちょっと編集したのですが、中盤からは編集する必要がないぐらいずっとしゃべってしまっている(笑)画面も移動しているから編集しないでお見せしたいということもありますね。

事情については改めて書こうと思ってたけど、以前同じ件について紹介した時にだいたい言いたいこと書いていた。

ストリートビュー散歩17 ドイツのストリートビュー……

でも当時調べたページについてはリンクとか張っていないなあ。どのページを見たのかな。

とりあえず今回新しく見たページを紹介しよう。

Why Germany has no Street View – Big Think
https://bigthink.com/strange-maps/germany-street-view?rebelltitem=7#rebelltitem7

「なぜドイツにはストリートビューがないのか?」という題で、ドイツにはペグマン(黄色い人形)をクリックしてもストリートビューが見られるしるしのラインがあまりでてこない……と、私の動画とだいたい同じ導入ですね。やっぱそうだよね。気になるよね。

とにかく、お国柄と過去の歴史の反省から、監視社会への反発が大きく、プライバシーへの考え方も他の地域と違うということのようで、記事によれば住民の3%が地図からの削除を申しでるという事態になった、と書かれています。

で、動画でも紹介している通り2008年のデータがほとんどで、それ以降googleカーが撮影に挑戦することはしていないみたい。もしかしたら撮影しているのかも、でもストリートビューのデータに追加はしていないのです。その辺も詳しく?しゃべっています。個人的にはプライバシー的に抵抗があるという意見や気持ちは尊重しつつも、ぜひ街並みの様子を残していってほしいなあという要望を持っています。移り変わるものだし、せっかく撮影できる技術があるのだから……