【漫画の感想】つかれたときに読む海外旅日記(五箇野人)

出た! 出たら買おうと思ってた本が出た!

つかれたときに読む海外旅日記(五箇野人)

買ったのは発売後わりとすぐだったんですけど、 1ページの漫画を毎日少しずつ読んだので、ようやく最近読み終わったところなんですよ。


旅行先のエピソードを描いたエッセイマンガ。でも、

濃い……

濃いんですよ……

もともと同じ作者さんのこちらの漫画も読んでいるのですけど

とにかく、海外のいろんな町で、観光地や名所を見て歩くのではなくとにかくその土地の人と「カラむ」ことに特化した内容でして。

たぶん絡みやすいようにだと思うんですが、甚平で旅先を散歩してるみたいで、日本人だとわかって「ニンジャ!」「カラテ!」と絡んでくる方々もたくさん。そういう「海外の人たちが日本人をどうとらえているか?」というのが垣間見えるような気がして、読んでて楽しいんですよね。

で、最初に紹介した本の紹介。

こちらはTwitterにも都度投稿されている(毎日のように!)1ページ漫画をまとめた本で、もちろんいまでもTwitterで見られる漫画もあるし、五箇野人さんのブログでも読むことができる。でもね。本にまとめられてたら買っちゃいますよね~。

Twitterでもだいぶ読んだと思うんだけど、それでも追い切れてないものを見ることができたり、まとめて読むとなかなかグッとくる。ひとつひとつのネタが濃いので1回数ページずつ読んだのは良かったかもな。

声をかけられ、家にお邪魔したり、家族に紹介されたり、食事をごちそうになったり。基本的に「いったんは疑ってかかるが、そんな自分を恥じるような善意に包まれた……!」って言うエピソードなんですが、それがまたおもしろい。

食べ物はちゃんと選ぶことが重要!怪しいものは食べない!という強い決意から始まり、いいエピソードや善意にほだされて結局毎回ちょっと怪しいFOODをモグモグしちゃうのもオチがわかってるのに笑ってしまう。

あとがきにも少し触れられているのは「嫌なエピソードなんていくらでもほかの人が語っているので、自分は良かった話だけを発信したい」という気持ち。Twitterで見てるとちょっと「こんないい話ばっかりかな?」って思っちゃうんだけど、ちゃんとそこは作者さんも意図して「いい話をチョイスして描いている」んだよね。


どこの国かがわからないのはちょっと残念だけど(せめて大まかな場所が……国名ぐらいは知りたいところ……)アフリカのエピソードか~、中南米か~、アジアか~って分かるので十分なのかも。

紙本も何気にこの漫画の特徴である「頬の赤らみ」をちゃんと表現していて、本文2色刷りって言う贅沢な仕様!

で、紙本を買った人はカバーを外して本体の表紙も見てみてね。ああ、この人は旅と旅エッセイにまじめに取り組んでいるんだなって思うから……


五箇野人さんTwitter

五箇野人さんのBlog

ブログには、載せられる範囲でそのエピソードの実際の場所とか「絡んでいただいた紳士」たちなどの写真が掲載されてまして、2回お得ですよ!(?)これも楽しみにしてるんだよな~。

っていうかまだまだ本になってないエピソードありますよね。

2巻もお願いします!小学館さん!

あと増刷!amazonで高くなっちゃってるよ~。

 

はやくまた五箇さんが海外のディープな街を旅することができる世界になりますように。

 

 

2020/09/25 最近読んだ本 王様ランキング7巻8巻、BLUE MOMENT2巻、連ちゃんパパ全巻

前回の読んだ本記事もけっこう最近だったけど、今回もまとめて紹介しちゃうよ。

1冊ずつ紹介するのもいいんだけど、なんか気合が必要になってなかなか書かなくなるから、ある程度読んだら紹介するって感じにしようかなと。読んでもあえて書かないものも出てくるとは思う。買って積んじゃってる本とかも……再読も書いたり書かなかったりかな。

王様ランキング7巻、8巻(十日草輔)


2冊溜まってしまってたので、一気に買って読んだ!

話の進み方はだいぶゆっくりになったかな? それでも謎になってたことが少しずつ分かってきたので楽しめると思う。もうちょっと舞台の謎を明かしてほしいなあとは思うところだけど。

ところどころ、文字で絵を紹介している所があって気になってしまった。ギャグのシーンならいいけどシリアスなシーンだと「ンッ」と引っかかってしまう。多少説明的になってもいいのでセリフとかに状況を含めちゃった方がいいのかも? ワンピースぐらいの解説になってしまうとそれはそれで「ンーッ」となるのですが……

BLUE MOMENT2巻(小沢かな)

「そういえばもう2巻とか出てるのかな?」って思った頃にちょうど情報が出てきたので発売即購入です。

天気予報士と、天気がかかわる災害についてのまんが。説明しづらいな……
読んでると天気予報の仕組みについて少し詳しくなれます(ちゃんと読めばとても理解できると思う、でも文字が多いところはサラッと読んでしまってドラマだけ見ちゃってる……)。

そういえばわたし、ヒカルの碁も愛蔵版で4冊ぐらいまで読んだのにいまだに碁のこと「盤と石がある、2人で対戦する」ということしかわからないし 、将棋漫画もいろいろ読んだけど将棋の詳しいところ読んでない(将棋はルールがわかるから指せるのに)、どうも解説シーンを読み込まないタイプの人間のようだ。いやそんなことないか? でも飛ばしがちなんだろうな。

しかし「専門的でわからない場所を飛ばしても読める」というのは漫画の力だと思います。それでも笑ったり泣いたりしながら読むんだもんね。

連ちゃんパパ全9巻(ありま猛)

電子書籍の合冊版をいっきに全巻買いました。

買ったのはhontoでですが……リンクはamazonに貼っておきます……すいません

いつも使ってるのがhontoだからわたしにはhontoがオトクだし、読むのも読みやすいもんで。

5月に話題になったんですよね「連ちゃんパパ」。そのときは「へ~」っておもったけど、たとえ無料でもタイミングが合わなければ本は読まないのですよ……なんかタイミングが合えばその時さくっと読み始めてしまうこともあるのですが、心の隅にひっかけておいて、思い出して読みたくなったタイミングで入手する。

今回のきっかけは、まったく関係ないtogetterの記事を読んでたらリンク先に5月のまとめがあったので、たまたまそれをクリックしたこと。

読まないかもな~と思いながらまとめを眺めていたのですが、ちょっと興味がわいてきたのと、ねとらぼのインタビュー記事を見ていたら「あれ、最近サンデーうぇぶりで読んだ【あだち勉物語】の作者の人と同じ人か。そういえばそうだった……」「こういういきさつや思いで描かれたのか……面白そう」と思ったので、無料になってる3話ぐらいを読んで、一気に全巻購入してしまった。

そして一気に全部読んでしまった……

主人公の進は妻一人子一人の三人暮らし。ある日、妻が借金を残して男と失踪してしまう。子どもを連れて、 借金取りから逃げながら、妻もハマって地獄に落ちた「パチンコ」にのめりこむようになっていく……

という話で、まあ周りの人の善意に助けられたり、反省する姿を見せたり、でもその場の行き当たりばったりで感情に任せて流れるようにダメになっていくパパの話なんですが……皆さん行ってる通り、なんともリアルなんですよね。説得力があるというか。周りが善意で助けたいと思ってくれて、そこから引っ張り上げて「普通に」暮らせるように自立の手伝いをしてあげよう……と行動してくれるのに、本人にその気がないというか、目の前にちょっと楽なものや楽しいものがぶら下がるととびついちゃう。そして泣いて反省して強い意思を持つと宣言する。宣言は目の前に相手がいなくなったら忘れてしまう。良くしてくれる人のことも金づるにしか見えていない。金を握ってたらパチンコにつかっちゃう。パチンコでお金が増やせた時のことしか覚えてない。

……ということが延々9巻続くというはなしです!!!

娯楽として読んでもいいし、依存症のケーススタディとして読んでもいいと思うんだよね。それぐらいリアルですよ。

こういう、リアルに「ダメなひとが周りの思惑に沿わずに自由にダメになっていく、周りもダメな流れに巻き込まれていく」って言う話は星里もちる先生の「本気のしるし」もそういう感じなので、連ちゃんパパがいいと思った人にはこちらもおすすめですよ。軽さがないから重いかもしれないけど……

【漫画の感想】本気のしるし(星里もちる)全6巻

「連ちゃんパパ」のラストについてもTogetterまとめで触れてる人がいて、それを読んで「ああ、じゃあラストはこんな感じなんじゃ……」と思ってドキドキしながら読んだけど、私の想像の方がゲスかったのでちょっと拍子抜けしたというか安心したというか……まあ怖いけど、でもわかんないよね、もしかしたら読者が思ったような展開にはならないかもしれないよ。でもまあ……うーん、どうだろ。

とにかく、全9巻一気に読んでしまうちからがこの作品にはありましたよ。