2020/09/16 最近読んだ本

最近読んだ本をまとめてご紹介。少しずつ感想のようなものも書く。ネタバレになるほどではないと思うけど、それのつづきの展開気になってるんだよね~というものがあれば読まないでおいてね。

ラインナップは
ハトはなぜ首を振って歩くのか
世界歩いてるとドープな人にカラまれる 2巻
王妃マルゴ8巻
進撃の巨人32巻
です!

ハトはなぜ首を振って歩くのか(藤田 祐樹)

疑問でしたよね。

ハトの本は何冊か読みました。観察した時に気づいたこととして、歩きながら首を振っている……というのもありました。でもなぜかはわからないし、たまにハトの話してて首振りの話を振られても「よくわかんない」と言っていた私……この本のおかげでハトがなんで首を振ってるのかがよくわかりました。人にも説明できる。たぶん。すごい。

一冊まるごと、ハトの首振りについてですよ。最初の半分ぐらいはハトの首振りだけじゃなくて、そもそも「歩く」ってどういうことだろう……ほかの動物は、鳥は、どうやって歩いているのだろう? 必要な動きや筋肉は? など基本的なことを説明してくれるので理解しやすい。あと文体が結構柔らかめというか、「なにそれw」と突っ込みながら読み進められる箇所もあって楽しい。

ハトがなぜ首を振って歩いているのか……それを考えるヒントが欲しければ読むべし、私もこちらを読んだ知識を今後のハト観察に活かします。

 

世界歩いてるとドープな人にカラまれる 2巻(五箇野人)

世界を和服で旅してる(?)五箇さんの世界レポートまんが。

作者の趣味によって、観光地だけではないディープな町へ行き、積極的に人と絡んで見たり聞いたりしたことをまんがに描いている。

世界の普段着に近いレポートなので、毎回おもしろい。もちろん側面であるので、いろんな人がいるだろうなとは思う。しかしみんなこんなにかまってくれて、やさしいなあ。dopeとか言ったら申し訳ないかんじ。hiphopの「ヤベエ」的なニュアンスなんだろうけどなあ。

自分もストリートビューで、ちょっと外れた住宅街や路地、住民向け商店街の方を好んでいるのでこういうの好きだし話も合いそうというか私に語ることが何もないので話を聞きたい、だから漫画もいいなって思うんだけど、趣味としては悪いほうだともおもうんだよね……そのことは読者としても自覚していきたい……漫画はその辺かなり気を使って描いてるなって言う感じは受け取れる。

大判だし、写真も多めで旅行記として楽しめる! まだ1巻を買ってないんだよね(在庫無くて買えなかった)近々入手しようと思います。

 

王妃マルゴ8巻(萩尾望都)

長かった(期間が)連載も最終巻!

とはいえ全8巻ですからね。しかし内容は濃いよ……

美しい王妃マルゴの一生を8巻におさめたもの。いや~濃いね。
沢山の登場人物が出てきて、マルゴは振り回したり振り回されたり運命に翻弄されて、その生涯をとじたっていう流れだけど、もうほんとに、、宗教戦争はいやだなあ

1コマで数万人とか死んだ感じになるわけだし、マルゴは少し遠いところから眺めることができているけど、男で地位のある人間はどんどん命を狙われて殺されていく。普通に病気で死ぬなんて、人のおもわくが絡んだ命には許されない贅沢なんだね。病気で死んだ人はだいたい早く死んでしまっただけ。

萩尾望都先生のまんがらしく、マルゴの心はゆらいだりよわかったりうちひしがれたりもするけれど、基本的に自分のやりたいことをやり通せた人間だったんだろうなあ。そりゃもう時代が時代だからいろんな制約があるけど……キリっと立ってたね。たったひとりのひとにずっと恋している話でもあるけど、そばにいないその人だけを愛さないで近くにいる男をつぎつぎに愛して愛されちゃうところも魅力的。いちずだけど人間臭いところ。

詰め込まれててぎっしりの内容は密度が高いけど、余裕がなくて少しファンとしては寂しいかな。わんこそば的に「ハイ!ハイ!ハイハイハイ!」って次々くるソバを頑張って食べてなんとか追いついたぞ!!という読後感です!

進撃の巨人32巻(諌山創)

ラストバトルだと思うんだけどまだまだ続くね。だいぶ手のうちは見えてきて、あとはどういう選択がされるのか……というのが気になるところ。

「あの人はいまどうしているのか」というエピソードもあったり。熱い展開でしたね。悲しいけどでもまたひとついのちをかけてつなげたい何かがあったということ…… それは結局若いいのちで、いのちはまもりたい、未来につなげたいという気持ちが見えてくるエピソードがいろんなアプローチで出てきましたね。では選択もやはり……? いやいやどうなるかな。

サブキャラクターたちが何をしているかも描きつつ、同じ巻の中で主人公の動向や新事実も見せてくるところは本当に上手いなと……

あと1~2巻で終わるかな? わたし、毎回そんなことを言ってるような気がする?

 

2020/08/18 「タッチ」(あだち充)全巻ぶんよんだ

あだち充先生の「タッチ」を全巻読み返しました……

サンデーうぇぶり というアプリ(前にインストールしてあった)で期間限定無料で読めたのですが、気づいたのが遅かったのもあって、ほぼ2日で26巻全巻を。

(↑これはamazonへリンクを貼っています。表紙を載せたくて……)

以下、ネタバレあるのでまだ読んだことが無くて楽しみにしてる人は読まないでおいてください。大体知ってるとか、もう読んだよという方はぜひどうぞ。思いついたことをちょこちょこ書いていきます。


全巻読んだはずだが

全巻読んだはず、だってうちには全巻あったんだもん……愛蔵版の方だったと思うけど……

なので大筋は覚えているし、ほぼ最初から最後まで出てるようなキャラと新田くんの妹ちゃんについては覚えているんだけど、途中から出てくるキャラで重要な人のことがすっぽ抜けている。

ふしぎなのは、そんなに忘れてたら新鮮だったのかというと、「初めて出会った気はしない」んですよね。「おお、そう……だった……か?こんな人がいた……かな?でも知らないとかびっくりとかではないな??」と不思議な感覚になりながら読みました。


すげーなっておもったところ

やっぱりカッちゃんがいなくなってしまうところ。

残念なことに、あまりに有名な作品だし、繰り返し読んだり見聞きしたりしたので初めての衝撃とか言うのがよくわからなくなっている。リアルタイムでこれを読んだ人はびっくりしただろうなあ。
いまから「タッチ」を読むということは、「100日後に死ぬワニ」を読んでた時のような奇妙さがある。(※記事の最後にちょっと追記書く)

でも、タイトルからも読み取れるとおり、その事件が無ければ走りださないストーリーなわけですよ。それまでも、カッちゃんとどういう関係だったか、そのあとも、カッちゃんへの気持ちとどう付き合っていくか、そういう話なんだなあと。

改めて読んだら、カッちゃんが事故にあうまでの描写がすごく丁寧で、タッちゃんと南の二人がカッちゃんの死にとらわれないように描かれていることに気づきました。何よりも一番は、「周りの親しい人たちは南ちゃんがカッちゃんじゃなくてタッちゃんのことが好きなんだなというのを知っている・気づいている」ということ。カッちゃんの親友、孝太郎も知ってるんだよね。もちろん達也本人も元々伝えられている。和也もずっと、知っている。

だから、三人のことをよく知らない人はいろいろ言うかもしれないけど、大事な人たちは「和也がしんだから達也にのりかえた」とは思わないし、「達也が和也から奪った」とも思わないわけですよ。これは読者にとって安心感があると思う。

そういう風に、読者も周りもそのことをわかっているけど、どこか「和也をないがしろにしちゃうんじゃないか」と考えてしまう二人。

でもいいよなあ、タッチの登場人物たちは誤解もするけど、ちゃんと話し合ってすれちがいをすぐに解決していくところがいいと思う。


読んでいると、タッちゃんは素直じゃないし言葉を尽くさないから誤解されることも多いんだけど、でもちゃんと読者にはタッちゃんのいいところが見えていて、読みながら「あ~タッちゃんの魅力にみんな気づいて!」と思ってしまうし、だからこそいちいちカッちゃんと比べられて評価を落とされるタッちゃんを応援してしまうし、タッちゃんの本当のいいところを知ってるキャラ(南ちゃん、カッちゃん、原田、孝太郎、ご両親、南ちゃんのパパ、チームメイトたち……)のことを好きになっちゃうし、表面だけ見て誤解してる人たちにムッとしてしまう。


びっくりしたのは吉田くんだよね。出てきたときは「あ、そういえばこんな人いたなあ」って思ったのに、だんだん「こんなだったっけ?」となり、「何だこいつ?」となり、途中でいきなり退場してズコーッ!!となり、

また出てきたときはびっくりしましたね……

コテンパンに打ちのめされてましたけど……彼にもなんかいいことがあればいいですね……


新田くんも完全なライバルにはならなかったね。いやまあライバルなんだけど、達也のことを「和也が乗り移るだろう存在」だと思ってるし、達也も「和也として叩きのめしたい相手(なのかも)」として長く思われてたわけだしね。達也にとって越えるべきはいつまでも自分の中の和也ただ一人であって……

でも新田くんのパーフェクトさは、やっぱり「南の恋人にふさわしいか」という視点だと常に劣等感のあった達也にはまぶしく感じてるよね。お金も持ってそうだし。バイクも乗れるし。


ということで

なんか書き散らかしてしまってまとまらない。

しかし、長くはあったけど、エピソードのひとつひとつが説得力があり納得感もあり、自然に誘導される先が爽快な感じで読んでて「さすがだな……」と言った感想です。

最初の方で言ったように「周りのみんなは南の気持ちに昔から気づいていたから、南とタッちゃんの関係を見守ってくれている」のですが、最後の方でちゃんと露悪的な意見がぶつけられるわけですよね。単に「スペア」なんじゃないかと。もちろん南ちゃんは怒るし、読者も怒るけど、「やっぱりそう思われちゃうんだ」って言う「やっぱり」もあったと思うんですよ……周りがすべて察してくれる善意ばかりではないと。最後の方でそういう、タッちゃんと南のもろい部分や弱い部分がさらけ出されて、「それでも」って顔を上げた先にお互いがいて、一緒に未来を見るんです……達也が「和也とおれとどっちが好き?」って絶対聞いちゃいけないような質問をしてしまったり(これは孝太郎に投げかけたけど、きっと達也はすべての愛する人に問うたんだと思う)。もちろん自問でもあっただろう。越えなくてはならない達也の心の迷いと本質だけど、自分では答えを出せない。孝太郎以外の誰に聞くこともできないし、孝太郎は精一杯の「問うたことへの怒りと許し」を達也に伝えることができる唯一の存在だったと思うよ……


たぶん最初に読んだときには気づかなかったようなストーリー運びの機微を確認しながら読めたと思う。よかったよかった。

 


【追記】

「100日後に死ぬワニ」はTwitterで連載中にちょこちょこ追っていたけど、読みながら「ワニが本当にしんでしまうとしたら、この日のこのやり取りのことを思い出したときにこのキャラはツライ気持ちだろうな」とちょくちょく思っていた気がするけど、「タッチ」はカッちゃんがしんでしまうとわかっていても、「ああこんな風にしたことを後でこの人は後悔するだろう」という描写はほとんどなかったと思うんですよね。突然ではあったけど、「なんであの時あんなひどいことしたんだろう」などの後悔はのこらない。そりゃ「あれは正解だったのかな……」って思い返すことはいくつもあるだろうけど、みんな誠実だったから、カッちゃんの事故に事故以外の理由が生まれてこないようになってると思うんですよ……

へんな風に盛り上げようとしたら、「南ちゃんが気持ちにこたえなかったからもしかして和也は……」とかそういう風ににおわせることもできるわけじゃないですか。でも読者から見てもそれはないですよ、和也はそんなキャラじゃないんですよ。 と思える丁寧な描写と内容だったなあとしみじみ思いました。