【本読んだ】006 うる星やつら(高橋留美子)

★読んだ本の感想シリーズの記事をこちらにまとめてあります。

うる星やつら

アニメリメイクで話題になったのをきっかけに読み返しています。

なんとなく手に取った文庫版の3巻、コミックスで言うと5巻~6巻あたりなんですよ。

新装版の表紙はチェリーか……

サンデーコミックスの6巻はたぶんうる星やつらで初めて買った巻で、その分たくさん読み返してるんですよね。

私は「らんま1/2」からオタクになったとはっきり自覚しているのですが、らんまから入ってうる星やつらを読んで、うる星やつらの方が好きになってしまったという思い出があるのです。あーでも好きになったと言っても、うる星やつらはもう連載も終わってたしアニメも終わってたし、オタク的なハマり方は出来なかったな。昔はアニメの再放送ってたくさんあったので、夕方にうる星やつらが再放送しているのを見た記憶はあります。

うちは親から「らんま1/2は見てもいいんじゃない?うる星やつらは本当にうるさいから見ちゃダメ」と言われており(友人は逆だった)、まあそれでもうる星やつらを見てはいたのですがどちらかというと漫画でよく読んでいたのです。

あとゲームをたくさんやった思い出がある。「ラムのウエディングベル」ですね。


キャラクターと毎回読み切りで描かれるSFのすごさ

うる星やつらはドタバタコメディで、ゲストキャラクターが毎回変わってドタバタするというどこからでも読める系のコメディ漫画なわけですが、SFとしてもかなりがっつりしていますよね。

ラムちゃんが持ち込む宇宙の便利グッズも毎回欲しいものがいっぱいだった。ぜんぜん役に立たないものばっかりなのに、なんか欲しいかんじ。

つるつるソープとかほしかったなあ。ラムちゃんが適当に作ったせいでおかしなことになっちゃったけど、それがまた魅力的で。

キャラクターはたぶん、毎回出てきたキャラクターがどれだけ読者に受けるかでその後のレギュラー化とかが決まってたと思うのですが、やっぱりターニングポイントは竜之介じゃないかなあと。

竜之介ももしたいして人気が出なかったら、海にいるキャラで終わってたかもしれない。学校に父親もろともやってきちゃうことを考えると、相当読者に受けたのかな。(勝手な想像です……)

竜之介のキャラクターを生かして出来上がったのが「らんま1/2」なんじゃないかとひそかに思っているので(あんまりインタビューとか読んでなくてこの辺裏をとっているわけではなく、推測です)、それほどの人気だったんだと思うんですよね……


リメイクアニメは時代に受け入れられるのか?

70年代から始まって、80年代後半まで10年近くにわたって描かれた漫画なので時代も大きく変わっています。そして30年以上がたって、さらに時代は変わったわけですよ。

今見ると「おお、いまならこの描写は避けたいかもな」という点があるのも「それはそうでしょう」という感じです。

私は個人的にはジェンダー問題の扱い方は丁寧に考えていきたいと思っていて、雑に大きく「これはだめ、これはいい、こっちがいいのにこれがだめなのはよくない」とか判断していくもんじゃないと思うんですよね。
女性としては、同じ表現だったとしても「ウッ」となる表現と嫌な気持ちにならない表現と大きく違いがあるような気がしているんだけど……

時代を考えても、うる星やつらはかなり女性目線で見てもいいなって感じがするんですよね……この辺うまく言語化出来てなくて申し訳ないのですが……もっとちゃんと文章にして伝えたいな。

ビキニで肌を出しているからだめ、パンツが見えてるからダメとかそういう単純な規制を求めているわけじゃないんですよ。うーん。

なんか明確に「ここがいい!」みたいなの思いついたらメモしよう。どうももやもやして姿が見えてきそうになったらイメージが霧散する、みたいなのを繰り返してしまう。

 

★読んだ本の感想シリーズの記事をこちらにまとめてあります。

【本読んだ】005 あそこではたらくムスブさん(モリタイシ)4巻

★読んだ本の感想シリーズの記事をこちらにまとめてあります。

あそこではたらくムスブさん 4巻

モリタイシ先生の連載中のラブコメ4巻。1年に1冊ペースなのでじわじわ楽しんでいる。

「湘南ゴム工業株式会社」でコンドーム開発の仕事をしている「ムスブさん」と、ムスブさんにひそかにあこがれている同僚の砂上くんの0.01ミリずつ進むラブコメ最新刊(……と裏表紙にそんなようなことが書いてある)

モリタイシ先生のラブコメはなんかまじめでもどかしいかんじの展開が見どころだと思っていて、それは出世作(たぶん)の「いでじゅう!」でもすでにそうだったわけですよ。いでじゅう!の主人公の林田くんは高校生なりに下心もありつつ、好きな女の子のことをただの「あの子カワイイな」から「好きだな」に変化していくうちに真剣に考えるようになり、相手のことを考えて気持ちを持つようになっていく。

で「なんだこいつら早くつきあっちゃえよ」的なもどかしさを読者に与えつつも「いやいや、ここで付き合うようならちょっと軽いな」という気もさせつつ、少しずつお互いが距離を縮めていく感じ? これがいいんですよねモリタイシ作品のいいところですよ……

で、「あそこではたらくムスブさん」はもういちどそれを!15年越しに見せてくれていますよ。他の、例えば同時に連載中の「ラジエーションハウス」の方でもやっぱりもどかしいかんじの少しずつ分かり合うラブコメ展開を見せてくれてるのですが、「ムスブさん」のほうがさらに恋愛モノとして描かれている感じがあるので、ラブコメに集中できる気がする。集中して楽しみにしちゃうぞ。

4巻はぐぐぐっとね。うん、この「相手の好意を知ってしまった、どう接したらいいのかな」という感じは、いでじゅう!でもあった桃里ちゃんの葛藤をもう一度読者にみせてくれているね。いいよ~好きだよ……女性の方の欲望とか、素直な気持ちもちゃんと見せるのが好き。

5巻も気になるが1年後か~。連載追うのはちょっと、最近連載追うってことしていないなあ。webで見られる分を見るのはしてるけど雑誌は買えてないな。

それにしても4巻のラスト、個人的には「いいのか????そんなところでいいのか???(あかん)」って感じに思ってる。なんかその辺もちゃんとしそうな予感はあるけど……