2019/04/02 ドラえもん映画「月面探査記」観てきたよ~(感想)

ネタバレというほどのバレはしないつもりですが……
観るまで何も知りたくない人は読まないでおいてね!

映画ドラえもん のび太の月面探査記 を観てきました!

去年見そびれてしまったので今年こそはということで。それでも3月ギリギリになってしまったな。

見に行った藤子ファンの人々の反応を見ていると、「よさそうだな……」という予感はしていたし、そもそも予告編とか前情報で「これすきなやつっぽいぞ!」と期待していたのですよ。

期待通りで楽しかった。新ドラオリジナル作の中では一番よかったかもしれない。

最後のほうはちょっと要素が詰め込まれていたけど、わかりやすい伏線の回収とか、はっきり言葉で伝えられるテーマとか、しっかりエピソードで硬く印象付けられる友情とか。

道具の使われ方も、やっぱドラえもん好きな人が作ってるんだなあという「好き」が前面に出て感じられるものだったけど、鼻につくこともなく、自然に見られました。

展開や演出にいわゆる「ベタ」なものもあったけどそこがいいんですよ!

子どものころに観たい!子どもにとってはアツイ展開だし、スレたおとなは「はいはいこのパターンね」「○○が〇〇するってほかでもよくやるやつ」と思いがちだけど、いいよ!

大人になって思えば、こう、例えば「ピンチ→ギリギリたすかる」「一度主人公が倒れて、立ち上がって、『お前の勝ちだ……』と敵が倒れる」的な、もういろんな作品でやってきた「燃えるやつ・かっこいいやつ」「お約束」ってのも、子どもにとったら初めてだし、パクリとかじゃなくてこれは「見たい展開」「視聴者の希望」なわけですよ~。

そういうのがいっぱいありました。
短い期間だけどみんなと心を通わせて仲良くなったルカやアルのことも好きになっちゃったし、不器用な動きで器用にいろいろやっちゃうノビットの頑張りも泣けてくるし、ムービットたちはかわいいし……で。


あと、大変なモチ映画でした。モチ好きにはたまらないんでモチ好きは見に行ってください。モチ工場に住みたいです。というか月の異説ドーム(?)に住みたい。

2019/03/26 ジャイ子の本名再び、か……

いや~、たぶん私に見えてこないだけで定期的に繰り返されているんだろうな。

ジャイ子の本名はなんというのか?という話題。

それについては何度も書き加えたりしたページが作ってあるのでそこを参照してください。

ジャイ子の本名


上記のリンク先でも書いているけど、なんでジャイ子の本名とかいうのをみんな気にするんだろう……スネ夫、しずか、のび太は本名で納得してるんだよね?
茂手モテ夫とかも本名を気にしたことないだろう。なぜだ。

ちびまる子ちゃんだってお母さんや家族から「まる子」って呼ばれてるんだから、別に家のなかとか家族から本名じゃないあだ名で呼ばれたっておかしくないであろう。だから気にしないで読めばいいのだ。


ドラえもんももう声優さんが交代してからもだいぶ年月が経って、むしろ昔の声を聞いたことがないという人も増えてきただろうね。

私は交代した時からずっと、声優さんを代えて次の世代向けのアニメが作られるようになってよかったって思ってる。変なことにはなっていないし、むしろ原作好きとしては、原作に近寄った内容で作られているように感じてうれしいよ。

街中で子どもとすれ違ったりするじゃないですか。その時に「ドラえもんが~」というような声を聴くとうれしくなるし、ああ~今でも子どもたちがドラえもんを知ってて、これからもきっと知られていくんだろうと思うとほんとうれしいよ。

昔の映画ドラえもんを見るときに、声優さんが違うから「あれ?」って思うかもね。声は違うけどいいシナリオの映画がいろいろあるからぜひ今の子どもたちにも「声は変わったんだよ」と説明しつつ観てみてほしいな~。

ドラえもんの映画始まりましたね~

ドラえもんの映画始まりましたね~。

今年は(とはいっても毎年けっこう)楽しみにしていて、チラシもほしいしムビチケも買おう!と思ってたのにムビチケ買わずチラシも見つける前に映画が始まっちゃったよ~

映画が始まってしまったらそれらは手に入らないのだ……うう、、、

うちのサイトの映画データも、更新できてなかったので、慌てて去年の分の加筆と今年の分の項目作るのをやりました。
ぜひ見てみてくださいませ。あんまりスマホに対応できてないけど。TABLEタグではんぱに複雑に組んじゃっててねえ……

ドラえもん映画データベース

内容としては、例えばwikipediaとか、公式サイトを見れば書いてあるような情報なんですけど、1ページでずらっと見られるのがいいかなって(自分のサイトのいいところを紹介するスタイル)。

「へえ、じゃああれは?」みたいに、ほかのと見比べたくなったり、一覧で見ることで見えてくる推移とかあるじゃないですか。私はありますよ。というかいちいち違うページ開くのめんどくさい。

最近はページビューが増えたほうがいいとか、広告の都合上でページ数を増やすサイトが多いと思うんだけど(昔と比べて読み込み速度も速いし大容量だしね)私はあくまで「私が見たいと思う情報を、できるだけ一気に眺めることができるデータベース」ってのを目指していますよ。


広告って意味では、あんまり邪魔にならないように張り付けてはいるけど、内容が古くなっちゃってたり無効な広告を貼ってるページも多かったりするので、たまには変更しないとね……doraemonpageのトップに張ってたものも古くなって画像が読み込めなくなったり、不正なリンクからの呼び出しで「あやしい」って言われてたりして一部修正しましたよ……まだまだ残ってるけどまたそれは次回で~~(いつだ)

2018/2/22 ドラえもんの映画がamazonプライムビデオに復活~

ドラえもんの映画(大長編)がamazonプライムビデオに復活しましたよ。

やったー。amazonプライム会員のわたしは毎年これをちょっと楽しみにしています。

っていうかこういうときぐらいは活用しないと……あんまりamazonプライム会員の恩恵を受けてない気がするんだよな。そんなにたくさん買わないし、デジタルコンテンツの割合も多いから配送が早いってこともないし。

音楽は、私が聞きたいなって思う音楽があまり聞き放題に入ってないことが多くて……映画は見たいのがいくつもあるし、アニメやドキュメンタリーでも見たい映像があるので、ウォッチリストには入れてるんですが、なかなか見るきっかけをつかめない。

最終的に「ぼーっとしてた」んだからこの時間になんか見ておけばよかった……

って思うこともしばしばですが、渦中は「ぼーっとしたい」んですよな。


ドラえもんの映画も、ほとんどは見ているのですが、見返したいものや家族と一緒に見たいものを選んでみています。

去年見きれなかったのこりのものを中心に見ていこうかな。たのしみたのしみ。

2018/1/19 鬼太郎アニメ

今日の話題はゲゲゲの鬼太郎アニメ50周年記念で新作アニメシリーズが放送予定!という話でした。

私が好きな藤子不二雄もそうですけど、そういった昔から続く作品のリメイクや新シリーズはファンの話題になりますね。

藤子系だと、ドラえもんはほとんど途切れず放送され続けているじゃないですか。

他の作品は、何度かアニメになってるものもあるし、昔一度アニメになった後は「懐かしのアニメ」って感じになってるものもありますね。

ファンとして気になるのは、「もしこれが最後の映像化だったとして、納得いく感じの作品になるのか?」ということ……私だけ? こう、何度かリメイクされたり、アニメだけじゃなく実写化したり、ゲームやパチンコになったり、映画になったりね。ドラえもんぐらい安定してると「今回の映画がいまいちでも次があるし」とある意味安心できるんですけど、もしかしたら最後の映像化・話題になったり原作が復刊したりあたらしいファンが獲得できる最後の機会かもしれない……って感じの作品だとドキドキしますね。

鬼太郎もアニメだけで6回?原作も全集などでてるし、ゲームやパチンコといろいろあると「今回が最後かも」って心配はないのかもしれないですけど、全然売れなかったら最後になっちゃうかもしれないから売れてほしい、でもすごい改変されて別物になった結果売れたら今後も改変が続いて好きな原作とかけ離れるのも複雑だし……といろいろ考えるところありそう。

 

個人的には、怪物くんの再アニメ化とか……こないかな?

ドラマ化っていうびっくりもあったけど。

いまの感じでアニメリメイクしたら面白そう。