2019/6/18 勉強の話&ローカライズ

昨日は予定をたてる話をしていました。

おかげで充実した一日になった。気がする。1個着手できなかった案件があるけど、まあ、そういうのもあるよねってことで今日の予定に書き足しておいた。


【勉強の話】

ここ数年、海外に興味があっていろいろ調べているわけですけど。

「ここにはこういう歴史があって……」

「王家が……」

とかの、学校で勉強するような「ここの地域のことが気になるなら基本だよ」みたいな歴史とか地理とかが知りたいわけではなく、私の興味はどちらかというと日常がどう違うのか、どう同じなのかということ。

アフリカに関しては日常に触れているうちに「やっぱり行ったことがないし自分では想像力とか検索の限界があるな」と思ったので、今年はかなり他の人に話を聞いたりして見聞を広めております。ある程度興味が出てからそういう勉強に着手したからか、なんか楽しく知識を増やせている気がする。「お勉強」じゃなくて「それでそれで!?」って感じで人の話を聞いたり記事を読んだりできているというか。


私を強く引き付けるものは、大きな「ここでは文化的にこういうことをやっているのが特色です」とか言うものよりも(そういうのにも興味を引かれるものはたくさんあるけれど)、「この地域では洗濯物はこう干します。なぜならば……」みたいな暮らしの工夫とか?「最近は洗濯物はこうするように変わってきました」とかそういうのなんですよね……で、できれば自分でも気づいていきたい。「あっコレがこうなってるのこの辺の特徴だな!?なんでだろう?」とか気づいて、検索して調べたり詳しい人にきいて「なーるほど~!!」と納得する体験をいっぱいしたい。

最初から「不思議な〇〇」「変わった〇〇」とかを箇条書きとか特集とかで見たいわけじゃないというか……このひねくれた心理……知りたいがなるべく教わりたくない。情報を見つける・得る手段を自分で選びたい。まだまだ自分で知れると思っているから、流し込まれたくないというか!!あーひねくれてる!

でもそういうのないですか、世間的にはもう大人気とか詳しい人がいるあれこれに興味を持って、知りたいと思った初期の頃に詳しい人が「ああ~それってね、こういうので、あ、こっちは知ってる? まだ? こういうのがあってね。うん、それでこっちは良くないよ」みたいな、たぶん善意とか、まあ自分もオタクなので言いたい気持ちわかる!! 教えたいしもっと興味持ってもらったら私がうれしいとか言う理由で興味持ってもらえるような情報とか? 自分の知ってることとか言いたくなるんだよね。でもそれやられちゃうと冷める瞬間がないですか。「あー興味があるって言わなければよかったな」「自分で調べて知りたかった……」みたいな。

ある程度勉強後に、詳しい人同士で「こっちは?」「そうなんだ! じゃあこっちは?」「これもこうなんですよ!」「へえ!これもこうだったんですよ」みたいに交互に教え合ったり引き出し合ったりってのは楽しい、これは同好の士の会話の楽しみ!

なので私はあんまり自分から(興味の初期の段階では)好きなものをくちにださないようにしているし、人が何かのことを「最近興味出た」「好き~」と話しだしたら、話を聞いて、もし自分も同じ領域を好きだった場合は「わたしも好きだよ」と伝え、相手から疑問とか知りたいという発言があった時だけ「知っているけどききますか?」という感じに切り出してからOKもらったら少しずつしゃべる。という感じにやっていきたいのです!!!

相手が先に何かでマウント取ってきたら上から知識をかぶせることもありますよ。めったにないけど、普段からわたしを馬鹿にしてくるような態度をとってくるとか、ほかの人を馬鹿にした態度の人とかがオタク知識を「あんたは知らないでしょうけど~」とか言いながら披露してきたらがっつり乗っけますよ。でもそんなことあんまりないかな……

まあとにかく興味の初期で勉強の機会を奪われたくないし奪いたくない! ということでしょうか。


【ローカライズの話】

最初これの話だけ書こうと思ったのに前置きに勉強してること描き始めたら愚痴とか前提が長くなってしまった。

で、日常とか、感じ方の違いとかを知るためには各国のローカルニュースを読むといいかなって思うわけですよ。日本の日常を知ろうと思ったらニュースサイトとか見るとどういう感じかなって分かることもあるでしょ。世界のニュースの報じ方とかも参考になりそう。もしアフリカのニュースサイトで、「日本の~」って日本について書かれていたら、「おっ。日本についてこういう風に見てるのか」とわかるし。他の国についても「印象が違うんだな~」って知れる可能性がある。

流行とかも見られそう。


で、そんな時にちょっと邪魔だなって思うのが自動的に行われるローカライズ。

最近はその人の興味や年代、性別とかで「あなた向け」の広告・記事を表示できるでしょ。まあ日本のサイトとか、普段よく見るサイトでそれをやってくれるのは私にとってもいいことかもしれない。

でも、「そちらの地域はいまどんな感じです? 皆さんどういうことに興味があって、なにが流行ってて何に困ってます?」って知りたいとき、このローカライズとかパーソナライズがすっごい邪魔になることがある。

広告はもうほとんど日本の広告……楽天のお気に入り商品とか最近見た商品とかが表示されるわけですよ。アフリカのメディアでも。なーんかな。そういうんじゃないんだよ。アフリカに興味があってアフリカのメディアを見てるんだからアフリカの広告出してくれよ。そのほうがクリックしそう。まあ通販やサービスを使うかと言ったら微妙だから出しても無駄と言えば無駄になるのかもしれないが……でも日本にも届けてもらえそうだったら買うかもしれないじゃない…… paypal 使えれば買うこともあるよ。

こないだは「〇0代以上の方は皆さんインストールしている必携のゲームです!!」って海外の釣りゲームみたいな広告がでて、ちょっと面白かった。

ブラウザのシークレットウィンドウとか使えばパーソナライズから逃げられることもあるけど、日本からアクセスしてる事実が変わらなくて広告は日本向けのが配信されたりしていることもあるね。記事もそういう風に紹介されるとちょっとなあ。

2000文字を超えるこの記事で書きたかったことは愚痴みたいなものでした(笑)

 

2019/06/09 夏コミ当選です

夏コミ当選しました。

こんな感じです。文房具本の新刊、Vol.18を作る予定です。

毎年決意を新たにしているような気もしますが、Vol.18もこれまでよりいいものになるように、新しいことを盛り込んだり、新鮮な気持ちで記事を構成したりしたいと思います。そして詰め込んで、同じページ数なのにぎっしりあるなぁ!という感じを出していきたい。

まんがとかもそうなんですけど、結局私の作風って「詰め込み型」なんですよね。だから詰め込んで、同じページ数でこんなに詰め込んだら作るの大変じゃないかって思われるぐらいいろいろ盛り込みたい。

たまにはあっさりした箇所もあったほうが読みやすいもんだよ、という心のささやきが聞こえてきたりもしますけど、そこはもうあんまり気にせずにやりたいようにやるのが私らしさの表現にもなっていくんじゃないかなあ。

まあいろいろ挑戦しますよ!