【映画】「ケープタウン(ZULU)」みた

amazonプライムビデオで見放題対象になっていて、長らくウォッチリストに入れていたものの見ていなかった映画が本日(5月6日)見放題最終日だったので見た。ちょうど何か見ようと思ってたところだったし。

ケープタウン(ZULU)

 

以下、感想(ネタバレ含む)

 

暴力、やくぶつ、性的なシチュエーションということでR15作品なんですが、容赦なかった……どんどんひとがしぬ……

南アフリカはケープタウンが舞台で、植物園で女性がころされているのが見つかったため警察が捜査を開始。主人公たちは警察の刑事たち。

まあ出てきたひとはみんなしんでしまうか何らかのぼうりょくに会うと考えてみててまちがいはないでしょう……何ていうか、物語には優しさというか甘さというか、「○○したら命は助けてやる」とか、こういう間柄の人は無残に殺されたりしないでなんかのちからが働いて命を取り留めるんだと思うじゃないですか。そういうの無いですよこの映画には……

序盤で、刑事たち三人はもともと親しかったようでホームパーティーをしたりするんですよ。そこで黒人警部のアリさんは、部下の妻がアリさんたちの上司にあたる人を激しくののしるわけですよ。差別主義者で何人もの黒人をころしたやつだ、その後許されて以前よりお金も得ているなんて!と。それを聴いてアリさんは複雑な気持ちになりつつも、「僕を登用したのもその人だし、マンデラ大統領はかつて”和解するためには敵と一緒に働くんだ、そうすれば仲良くなれる”と言っていたよ」とマンデラさんのことばを引用しながら「彼を恨んでいない、差別は過去のことだよ」というわけですよ。

そんなアリさんが……とてもいい人だったアリさんが……いい人なのを何度も踏みにじられ、正義を守っていたら結局大切なものをどんどん失っていき、復讐の鬼となってしまう……


でも、そんな心の動きは納得のいく描写だったな。そりゃそうだろってかんじだし、動機付けとしてはもっと早めに心を壊されてしまって復讐の鬼になるというプロットもあるだろうしありがちに思えるけど、この映画はもっともっと抑えた表現で、アリさんは最後の最後まで正しく悪と対峙しようとしていたように見えた。それは個人だけが背負っているわけではない、「過去」と「差別」との戦いのようにも見えた。でも数々の蹂躙と、過去の記憶・体験による「諦観」というか、結局この差別と現在の社会は「どうしようもないもの」なのだとあきらめてしまったのだろう。最後は個人的な理由で行動し暴力を暴力で返して、自分にもその果てに死が巡ってくることを受け入れてしまったというか……


あんまりにも救いがなかったし、ちょっと必要以上に恐ろしい場所のように「ケープタウン」を描いていたので最後の方は変な笑いが出て「オイオイw」って笑っちゃった……

ケープタウンのタウンシップとすぐそばにある素晴らしい景観と、都市と、富裕層が住む立派な家々と、きれいな浜と海、最後には移動してナミビアの広大な砂漠まで見れるので映し出される景色はすごくいいですよ。ギュッと詰まっててワタシ的にはすきな風景がたくさん見られてよかった~。

フランス映画なんだってことを見終わってから知った。英語とアフリカーンス語(と、もしかしたらズールー語)で会話が進むのでそのあたりも見どころ。

原題は「ZULU」なんですね。これもちょっと短すぎて「そんなタイトルでいいの?」って感じかなあ。 テーマはズールーの問題ってわけでもないし……だからと言って邦題の「ケープタウン」もいまいち……。「そこは神に見捨てられた街」っていうキャッチもひどいと思うよ。

2021/05/03 英語の勉強進捗【17】

英語学習進捗報告 兼 メモ

英語を楽しく勉強しているので、やったことを報告したりメモしたりする。
これまでの報告・メモはこちらから。


2021年4月26日~5月2日の学習時間【412分】

今年になって初めて、1週間の平均で1日1時間を下回った。月末は締め切りもあって仕事が……

4月は1882.5分。31時間ということで、月間で見ると1日1時間はまだ切ってないかな。でもギリギリだね。

5月はこの3日からの週でちょっと多めにやってみようかな。

今週やったこと

Duolingoとmikan中心。ちょっとした空き時間に。

30日までは仕事に集中していた時間が多いし、また頭で考えないといけない作業で、何かを同時にやるってのは無理なんですよね。リスニングとかも無理。でもリスニングとはいっても、何か他のことやりながら聞き流せるほど聞き取れるわけじゃないから、ちゃんと身を入れて音を聞いて「聞き取れる単語があるか?何を言ってるかいみがわかるところがあるか?」ってやらなきゃいけない段階だと思うんだよね。まだまだね。だから空き時間を作ってやらなくちゃいけないのだ。

仕事の原稿終わってからは動画も見れた。ちょっとヤバイぐらい時間をかけてなかったので、集中して動画を見て英語に触れる時間を増やした。

◆見た動画

前にも紹介したことがあるチャンネルだけど、Japanese From Zeroから。

これは、日本語の「くて」っていう言葉の使い方を解説したもの。

「今日は眠くて、起きられませんでした。(I wasn’t able to get up because I was sleepy this morning.)」

って感じで、日本語の表現と、それを英語だとどういうかを解説してくれるので、やっぱりこれ逆の用途(日本語の勉強じゃなくて英語の勉強)でも有用だと思いますよ。あと、「くて」ね……言われてみれば使うけど、言われなければ「あー」ってならないなあと改めて思った。

あと、動画の最初のほうで「くて」を使うシーンとして

「大きいのしかなくて」

って言いながら屋台の前で財布をあけるシーンがあるんですけど、こんなに「日本語!!!」ってのが詰まった一文もなかなかないなと感心してしまった。

最初の「今日は眠くて」というのは、「起きられなかった」と結果(result)も書いてある文だけど、「大きいのしかなくて」には「屋台での支払いなのに万札しかなくてごめんね、おつりはありますか?」まで含んでるわけじゃないですか。そこはシチュエーションでお店の人が意図をくみ取って「あ、大丈夫ですよ。」っていうわけですよ。

でも文章だけみたら「大丈夫ですよ」ってなにが?「大きいの」って何?って感じじゃないですか……

—-

◆でも、日本特有って感じじゃないみたいだね

そういう「前後はニュアンスでくみ取って、みなまで言わなくとも伝わる」って言うのは日本語の特徴みたいに言われるのを見かけるけど、英語のこと勉強してたらそうでもなくて、どこでも「この場合、前後にこの話をしてるし、このシーンだからこっちの意味だろう」っていう「察し」はあるもんなんだよね。

だから説明的にすべてを盛り込まないと話が絶対通じないわけでもないんだから、もっと気軽に、でもわかりやすくお話しできるような文章をどの言語でも心がけていったらいいんじゃないかなって思った。

人も場面もそれぞれだから、必ず相手と共通認識があってツーカーで行けるってわけじゃないんだしね。

 


これまでの報告・メモはこちらから。