2019/9/23 藤子・F・不二雄先生の命日

今日は藤子・F・不二雄先生の命日だ。

23年前なんだなあ。早いよ……F先生が生きてらっしゃったら、F先生にも自分の作品を見てもらいたい!っていうモチベーションがあったかもしれないけど、……まあそれだけじゃないから作品作りはしているけど、少なくともひとつモチベーションを失ってるのには間違いないだろう。(そんなこと言ってないで、見せたい人にどんどん見てもらうためにもたくさん描かなくちゃな~と思うのですが)


23年前に亡くなっているし、ノリノリで新しい作品をはっぴょうされていたのはもう40年以上前だったりするわけだけど、そのころ描かれたとは思えない漫画がたくさんありますからね。

「定年退食」とか今見るとびっくりするもんねえ。
高齢化で支えきれなくなった高齢者たちを、定年で社会保障から外していく話ですよ。1973年の作だって……っていうかそのころからまあ予想されていたのにまんまとって感じなのが今なんだと思いますけど。

文庫版でも気軽に読めるのでどうぞ。

あとは少年向けのSF短編もみんな面白いし、子どもの頃に読んでてよかったな~と思うんですよねえ。すでに愛蔵版になってたんだけど、むしろ愛蔵版で出るの早かったんだなって今になると思う。でも発表から15年ぐらいは経ってたのか?

これは大全集です。

 

命日ということで、藤子F先生不在の現在を考えてみたんですよ。

「もう23年も前に亡くなっているのか。だいぶ前だよな。いまの大学生とかは『生まれた時には藤子・F・不二雄がもうこの世におらず、作品だけは新作も作られてずっとそばにある』状態なのか……それって、わたしのころで言えば……」

おもいつかない……
わたしのころで言えばだれなんだ……

まだ漫画がいまのかたちになってから100年もたってないわけじゃないですか。50年も前の漫画だとだいぶ古典の部類になる。もちろんそれより前からあったけど、変化してしまっているから同じものとは思えないわけで。

簡単に言えば、私が生まれたころに「もう亡くなった、生涯作品を作り続けた人気漫画家」はいなかったのかも……? まあ人気漫画家ってのがどれぐらいかわかんないですけど、亡くなるときもアニメやコミックスが出ていて、亡くなった後も変わらず作品が続いているみたいな人。

サザエさんだって、長谷川町子先生1992年にお亡くなりになってるから私全然生まれてるしさ。もちろん手塚治虫先生だって、亡くなった時のこと覚えてる。それに手塚先生は亡くなる前から亡くなった後までずっと続いているテレビアニメとか、死後にスタッフがシリーズを続けている超人気作品とかはないですよねえ。

だめだなんかケンカ売ってるみたいになってきた。

何が言いたいかというと、自分の体験にないが故、

「原作者が亡くなったあとも人気のシリーズが長年続いている」というのはどんなかんじなのかが実感としてよくわからないということですよ。

海外のはどうだ、と思ってもピーナッツのシュルツさんは2000年没、
ムーミンのトーベヤンソンさんは2001年没、

あ~~~ウォルト・ディズニーさんについては近いかもしれない。
1966年没。
私が生まれる前に亡くなっていて、でもその後も新作シリーズが出ているというかんじが近いかもしれない。

そう考えると、私はディズニーさん個人にはまったく親しみを感じておらず、偉人だということはわかっているが、どういう貢献をされた方なのかもよくわからない。キャラクターのどの部分かをディズニーさんが描いているということだろうか。……とひどい知識のなさを……正直に書いてみる……実際の所、ほとんどディズニー作品に触れずに成長して、大人になってからも知らないでいるから。

残念だけど、やっぱりドラえもんも「藤子・F・不二雄というひとがかかわっていて最初に描いたらしいが、スタッフ会議で決めたストーリーで、アニメーターとデザイナーがきれいに描いたものを僕たちは見ているのだろう」と、亡くなった後に生まれた世代は思ってるのかもなあ。藤子F先生は大量に原作漫画があるし、原作絵のグッズもけっこう身近だからそんなことないかな?

【本の紹介】マサイのルカがスマホで井戸を掘る話

紙本は出遅れて、品切れになっちゃってたので電子版で買いました。
電子版は安いけどやっぱ紙本のほうが見やすそうだね。電子版はPCかipad以上のスクリーンで見るほうがいいですよ。
スマホでも拡大しながら見られますがちょっとね。

マサイのルカがスマホで井戸を掘る話

いまアフリカのいろいろを勉強しているところだし、アフリカに興味があるということで、もともとのweb連載「マサイ通信(ロケットニュース24)」も前々からちょくちょく思い出して読んでたんですよ。本になる前に。で、それが本になるって言うから買おう~!と思って買わないうちに品切れてたと。あんまり井戸に貢献できなかったな……

でも電子版でようやく読みました。内容はね、マサイ通信でも読めるんで、まずはそちらを見てみるといいのではないでしょうか。

マサイのルカさんが、編集部から受け取ったスマホを駆使して、日々の写真を撮影し、それにまつわることをいろいろ教えてくれて、日本で編集長の羽鳥GO氏が日本人に読みやすくローカライズする。という形式です。

異文化も異文化で、たぶんあんまりマサイ族のことを知らなかった人なら「へー」「えええ」みたいな驚きをたくさん味わえる内容だと思います。実際私も「そうなんだ~!」って思いながら読みました。スマホの充電には充電をしてくれる男のところまで行って、お金を払って充電させてもらう。とか。

雨があんまり降らないから、貴重な雨を貯めとくための穴が地面に開いている。ただしゴミがいっぱい入っちゃってて、でも飲み水にするしか……とか。


文体があまりにローカライズされてて「こんなマサイの人おらんやろ」ってなってるんですけど、たまにルカさんとのメッセンジャーでの実際のやり取りも掲載されてるのね。それを見ると「なるほどこんな感じで会話してるのか」って分かるので、その辺は大げさな表現を差っ引いてよめる感じになるのでだんだん気にならなくなってきます。どうせだから、文体も楽しみながら読むのが良いでしょう。


タイトルの「スマホで井戸を掘る」ってのは、つまり、壊れた井戸を修理するための費用を、寄付とかじゃなくて、ちゃんと仕事して報酬として得たお金をためて何とかしなさいよっていうところから「マサイ通信」の連載でその費用をためていくということなのですよ。


アフリカだけでなく、世界の経済的に困っている人々を、どうやって「その場しのぎの寄付や配給でなく、今後も継続して経済に関わって行けるような仕事で、搾取されない形で支援するか」っていうのは課題だと思うんですよね。

まずはそういう道を、こういう「情報発信」でもできるという道を作るという点でも応援したい連載です。

本の第二弾も出ないかな?

 

※追記

たまたま今日ちょっと前の「マサイ通信」読んでたら、充電方法が変わってた。友人の家で有料で充電させてもらえると。
https://rocketnews24.com/2019/06/24/1227303/