ストリートビュー散歩50 ナイジェリアの線路と動物たち

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧)

今回はナイジェリア。

最初はガーナを見ていて、ちょっと気づいたことがあったんですね。
「あれ?」って思ったことがあって。
でも、それがたまたまいま気づいただけで元々あちこちで見かけるものなのか、ガーナに多いものなのかわからなくて、そういう発見がいくつか続いたので、
「ほかの国はどうだったかな?」とナイジェリアを見てみた。そんな感じです。

地理的には近いけど、ナイジェリアとガーナはそんなに似てないな~と思っていて、トーゴとかを見てみたいけど、まだ西アフリカだとナイジェリアとガーナとセネガルぐらいしかないし、セネガルはもう全然違うのでやっぱナイジェリアのほうが似ているかな……


ナイジェリアの方で、私がガーナで気づいたものはまだあんまり見つかっていません。ただナイジェリアは広いのでまだまだ見ていかなくちゃ、あとケニアとかももう一回ちゃんと見たいな~と思いながら散歩してたところ、

ラゴスで線路沿いの道を発見しました。

人も多いし、線路珍しいし、ちょっと散歩してみました。
で、みつけたのがこちら。

線路の向こうにヤギと牛~~!!

ヤギなんか線路の中に入っちゃってるし。

あと、この線路は歩いている人がいっぱいいるんですよねえ。

大丈夫なのか、めったに列車が来ない線路なのか?

……と調べてみたら、列車は走っていないみたい?

・ラゴスには昔(1901年から)は鉄道が走っていたが、20世紀のうちに維持できず荒廃した
・不通になったり、ラッシュ時のみ運行している列車もある
・いくつかの路線が計画されていて、線路を敷いているところ。もう数年で開通する予定

こんな感じ?参考はwikipedia……ちゃんと計画のはなしも読んだんですけど、私の頭が悪くてよくわからなかったので。wikipediaは見慣れているのでまあ読める。

ラゴス – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%82%B9#%E4%BA%A4%E9%80%9A 

ラゴス都市鉄道
Lagos Rail Mass Transit – Wikipedia

https://en.wikipedia.org/wiki/Lagos_Rail_Mass_Transit

上記のwikipediaによれば、ラゴスは人口が多いのに、半分ぐらいの人口のケープタウンぐらいしか交通網が整備されていないと。

たしかに未舗装の場所もまだまだあるし、舗装されてても穴が開いたりしてボロボロになってしまってるところが多く、そして車が超多いんですよね。大きな道路はスムーズに流れてるように見えるけど、小さい道には路駐も多い。入り組んだ土地の奥に車が止まっていたりして、動かしたいときに出られないんじゃないか?と心配になる。

廃車もすごく多い。廃車を別の用途に利用していたりもしてるみたい。

線路が通ってうまく鉄道が機能すればいいですね。そうなったら牛さんヤギさんたちはどうなるかな。ほかの土地(インドとか)でも線路わきによく動物がいるから、あんまり気にせず線路わきで暮らしていくのかもね。

ナイジェリアのストリートビューも2016年の撮影だったりするので、現在はもっと整備されてたりするかな? 最近の様子も見たい!


そういえば、ナイジェリアと関係ないけどベトナムのホーチミンにストリートビューが現れてた。ベトナムは見れないイメージだったからうれしいぞ。でも、Googleが行ったわけではなく、OnechamというIT企業?が撮影したものみたい。ちょっと画質はよくないかな。でもいままではなかったわけだから、いいですよね~。ベトナムもお散歩してみようと思います!

投稿者: AchiFujimura

Blackstrawberry.net管理人藤村阿智の日記と言うか雑記的なページ