ストリートビュー散歩58 アフリカの手描きイラスト看板が好き

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)


アフリカの手描きイラスト看板が好き

いろんな国で看板は出ているのですが、アフリカの路面店などは手描きで作られた看板も多いですよ。看板などなくて、売ってるもので何屋か判断しなくちゃいけないようなところもあるし、写真も使われているときがあるし、それはもう様々ですけどイラストだと「いいなあ」って思うんですよね……

サブサハラの床屋看板好き

西アフリカにも東アフリカにもあったかな?
なのでサブサハラ全体にあるのかもしれないです。実際アフリカに詳しい先生に聞いてみたら「サブサハラでよくみるものですね」と言っていたのです。

ケニアのエルドレッドで見かけた手描きイラスト看板。
他では白い壁に男性の顔が描かれているものをよく見かけるのですが、こちらは女性も描かれておりおしゃれな感じですね。床屋というより美容室と言った感じ。

こちらも手描きイラストの……たぶん床屋さんだと思うんだけど……

いろんなスタイルに対応してそうでいいですね。

手描きビバンダム見つけた

セネガルでは手描きのビバンダム(ミシュランのキャラクター)を見つけました。タイヤやさんだと思います。いいかんじの味がありますよね~。

このゆるいタッチ……すきだ!

ドアにもちゃんと白く塗られて描かれている。いいかんじ!


自分も絵を描いたりしますけど、こういうところに絵が無くたって看板は成立すると思うのですよ。でもあえて絵を描く、その心がいいですよね。たぶん私も絵を描く。絵があるほうが楽しいしぱっとわかりやすいとかそういう考えがあるわけじゃないですか。だからそこに何が描かれたかっていうのを見るのが好き。

ビバンダムもビバンダムを見ながらそれだって分かる要素を残して描かれているのがすごくいいよね。ポーズもいいかんじ。

こういうの見つけると「おおお!!」ってなります。

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)

投稿者: AchiFujimura

Blackstrawberry.net管理人藤村阿智の日記と言うか雑記的なページ