2018/8/15 この頃

この頃。

夏コミも終了しまして、次は今週末のコミティアです。

スペースはT18b。夏コミ新刊と、コミティア初売りのハト本を売ろうと思ってます。


今日は終戦の日ということでね。

そんな日に目にしたのが「戦争を繰り返すなとかいうけど、じゃあどうしたらいいのかとか、そもそもなんで戦争が始まっちゃうのかとかよくわからない」という話。私もそれは思っていた……戦争の話となると、市民がどれだけ悲惨な思いをしたか、もうこんな思いはしたくないしさせたくない、だから戦争をしないでくれという話になるけど、どうしたらいいのかなと。

誰かが始めたもんでもないみたいで、だから誰かに「始めるな」って言えるものでもなく、みんなで「したくないね~」って気分を共有して「する空気じゃないな」ってのを作っていくぐらいしかないのかね。

そもそもどこからを戦争というのかもいまいち。まあ宣戦布告とか開戦宣言とかあるんだからそれ以降ということになるだろうけど、じゃあその前の日は戦争状態じゃなかったかと言えばいい切れないだろうし。


昨日も特攻隊の話をNHKでやっていて、確かに飛行機で自ら突っ込んでいった少年中心の兵隊さんはかわいそうだし悲劇なんだけど、そうならないためには何ができたのかなって。

「死にたくないので行きません」って言ったってねえ、周りの空気によってはその場で「つかえねえ、じゃあ死ね」ってなったかもしれないし、周りだって「おかしいよ」って意見して「なんだこいつ」とリンチを受けて死ぬぐらいだったら自分の命のためにくちをつぐんで言うとおりにして「自分が死にませんように」ってじわじわ命を伸ばすことしかできないかもしれないし。

だれかが必ずしななくちゃいけないなら、自分じゃなくてほかのだれかでありますようにと願ってしまうのが戦争なのかもね。そこで率先して「ほかのだれかじゃなくて自分が行く」となると早死にしてしまうだけだし……


どうすればいいか、のひとつの答えとして加川良さんの「教訓1」はいいかもしれない。

http://www.kasi-time.com/item-13538.html

(検索していたら詞は元になったものとして上野瞭さんの作品があるようだ)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E9%87%8E%E7%9E%AD

 

とにかく、お国にあなたのいのちをかけることはないから、バカにされてもいいから逃げて生きなさいという歌です。

目の前に突き付けられたら逃げる。最後の手段かもしれないけど覚えておきたいと思う。私はたぶん最後まで「何もしなくてもなんとかなるんじゃないかな?」って思っちゃうタイプだと思うけど……

 

2018/8/6 連載マンガ更新されました♪

文具のとびら」掲載の文房具エッセイマンガ

お楽しみは文房具」第12回が更新されました!

月1回掲載の連載が12回目ということは、1年たったということですね~。

1年て早いですね~。

 

まだまだ続きますのでよろしくお願いします!

アクセスして読んでもらえるとさらに続く理由ができるので良いと思います!

2018/8/3 更新滞り気味

体調の乱れが日々のルーチンを狂わせていろんなことが滞っています。

毎日やってたのにやらなくなっちゃったこととか……

外出するほど元気じゃないのであまり散歩などをできず、6月まででは去年をずっとずっと上回るペースで歩数を増やしていたのに、7月でがくんと減ってしまいました。そうなるとやる気なくなっちゃうよね。

私は積み重ねたものを振り返ってやる気を出すタイプの人間なんで、積み重ねたものが無くなってしまったり、ペースが変わったりしてしまうと途端にやる気がなくなってしまうのです。

今のところ災害などでモノを失ったりしたことがないのですが、そういう災難にあった人のことを思うと本当につらいことだと思ってしまいます……言ってもしょうがないし、実際にいろいろなものを失ったり手放したりした人にとっては何言ってるんだお前、遠くから、と思うでしょうけど……

人生とか生き物とかは最終的には死んで何もかも置いていくことになるというのはわかっているのですが、だからと言って「どうせしんだらすべてなくなるし」とわかったような・さとったような顔をするのは嫌だなと。やっぱり失ったら悲しい、生きていただけよかったじゃないかなんて何かを失った人にはとても言えない、何かが残ったなら何かをなくしてもいいなんてそんなかっこいい(?)こと言うだけの人間にはなれないしなりたくないんだなあと。そういう境遇に陥った人が自分を励ますのや気持ちの切り替えにそう考えるのはいいですよ。たとえ身内でも他人には言えないかな……

なんだか大きな話になってしまいましたが、7月は寝込んでしまったのもあって家に引きこもっていた。8月はちょっと出て行きたいぞ。体力を戻さねば。という話です……