「無職マン」AmazonKindleインディーズ無料マンガに登録しました!

amazonkindleで、無料の漫画を配信できる新しいカテゴリができたんですよ。

以前他のサイトで公開したものでもいいということだったので、あちこちで、さんざん公開してきた「無職マン」を登録してみました。

 

 

kindle使ってる人は是非どうぞ。

一応、最後のページはこれのために追加しました。宣伝ですけど。

シリーズもの設定にしてしまったので、つづき描くかも……描いても無料なのが何ともいえないですが。


いつも言っているように「無料にすればたくさんの人が見てくれる」というのは間違いです。

正直、無料漫画のコーナーを見に行ってみましたけど、たくさんあったしどれかを選んで読むようなモチベーションが無かったので、ほかの作品はどれも読んでいないです。たぶん今後も、まずは知っている作家さんが「無料マンガに自作を追加しました」など告知されてたら見に行くといった探し方になって、「おっ無料かどれどれ見てみよう」とはならないと思うんです。

ただ、無職マンはタイトルとテーマにある程度訴求力はあるようで、私の漫画の中では一番見られている作品だと思います。ほかとはケタがちがう。

【Pixiv:閲覧数1792】2010年12月28日

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=15508598

【TINAMI:閲覧数1236】2013年8月15日 

http://www.tinami.com/view/608829

【note:閲覧数912】2016年9月21日

https://note.mu/achifujimura/n/n341f81fcaa72

合計3940。

元の同人誌は104冊発行しています。

これはインクジェット出力・自家製本(表紙は特殊紙を購入してコピー機にてコピー)で、1冊100円で頒布していたため割に合わなくて発行をやめてしまった(笑)

そりゃそうでしょ……原価もたぶん100円より高かったんじゃ……

ということで今のところ無職マンは一番読まれて、しかし赤字の漫画です。
わたしの漫画で黒字のマンガってほとんどないけど。特に同人誌のは全滅!

とにかくkindle版無職マンもよろしくお願いします。

こちらは読まれれば、もしかしたら収入になるかもしれません。(分配があるのは上位のひとだけらしいけど。)

2018/7/20 文房具本入稿した~

同人誌「文房具 VOL.17」は印刷所へ無事入稿できました。夏コミからの販売予定です!

相変わらず体の調子は完全に良くなっていないのですが、だんだん普通に戻ってきました。

ここでちゃんと直しておいて、繰り返す気管支炎にならないようにしないと、本当に気管支喘息は苦しいですよ。年間1000人以上亡くなってるらしいし。

まだそんなに呼吸困難になるほど喉がふさがってはいないのですが、それでもいつ詰まるかわかんないし、いまなんかのアレルギーが出たらそれこそあかん。


先日予約注文受付が始まっていた「メルプのまんが」6巻、メルプと海と小宇宙の配信が開始されました!

すぐ読めますよ~。

★Book☆walker
https://bookwalker.jp/de630f21df-a894-445d-b8c1-797dbed31937/
★booth
https://achi.booth.pm/items/933884
★AmazonKindle
https://amzn.to/2L6inje

 

PDFでダウンロードもできるboothの方もUPしました。

ぜひ!よろしくお願いします。100円+税ぐらいなので。気軽に読める漫画だと思いますよ。


あとはamazon無料漫画にも登録したいんだよね。こちらも近日中に。せっかくだから無料漫画の最後でほかの漫画も紹介したいと思って……それのページを作ることにちょっともたもたしています。頑張ります。

 

「お楽しみは文房具」10話目更新されました!

10話目が更新されました。サブタイトルは

6月、『来年の手帳』 はもう始まっている!

http://www.buntobi.com/articles/entry/series/manga/007657/

美化した自画像を描くのも毎回の楽しみですw

10回も続きましたね。

まだまだ面白い内容で描けるように頑張りますぞ~。そのためにもぜひ見てね!

2018/5/18 新しい画材を試す

新しい画材を買ってきて、試す。

好きなんですよね。こう、自分の技術の問題じゃなくてうまく色が出せる、塗れる画材がまだどこかに隠れているんじゃないかと思っていて……

いや、ほんと、あるんですよ。「私って絵が下手だな」って思ってたのに、画材を変えると途端にいい味が出て来たり、画材の発色や色ノリに助けられたり。

単純に、質がよくて苦労しないってこともあります。「ほかの画材でこの表現するのに苦労してたしテクニックが必要だったけど、こっちの画材だとテクニックいらずできれいにあの表現が……!」みたいな。

そういうのは使ってみないとわからないところが、なんとも難しいところです。


ゆるゆりの結衣先輩描いてみた。
ゆるゆりの結衣先輩描いてみた。

これは、先日買ってきた、墨だけどほんのり色があって、水で伸ばせば渋い色合いがスッと出てくるというものですよ。この6色だけで塗ると、絵にまとまりが出るし、でもなかなか色の違いもあるし、何よりなかなか使いやすいところが良いです。「顔彩」を使ったことのある方はわかるかも。あんなかんじ。

スケッチブックがわりとにじみ止めされてるタイプの紙だったということと、水分調整がむつかしい水筆で描いちゃったことが、絵具の使いやすさを超えて無駄なテクニックやクセに耐えなくちゃいけない条件になってしまっていましたが……

この辺も合う紙と筆を見つければばっちりでしょう。

アナログの絵は、絵の具だけじゃなく、紙や筆などの基本装備も重要なところなんですよ……相性を見るにも組み合わせが無限すぎる気がしますよ。

値段のわりにたっぷり描けそうです、何描こうかな……

 


「試してみた・やってみた」はサイトにコーナーもあるのでぜひ! 当サイト内の人気ページです。

工作・お絵かき いろんな画材で
描いてみたまとめ