「お楽しみは文房具」30話が公開されました!ついでに漫画を描く道具の話なども。

私が描いている連載マンガ「お楽しみは文房具」の30話が「文具のとびら」で公開されました!

【連載マンガ】お楽しみは文房具 #30「漫画の道具は文具店でそろう!」|
https://www.buntobi.com/articles/entry/series/manga/011001/

お楽しみは文房具30話

……っとまあこんな感じでね。日々書いてるよって感じでね。感じでね。


今回は全体的に子どもの頃(中学生~高校生)の話なのですが、その辺がちょっとわかりにくくなっちゃったかな~と。最初のコマに「子どものころから」など加えておけばよかったな。同人誌とかにまとめるときに修正考えようと思います。

1ページ目で書いているように、スクリーントーンは子どもの頃入手できなかったので、通販で買っていました。通販充実してたよなあ。もちろん今のほうが充実してるんだろうけど、あの当時で考えると画材の通販って頑張ってたと思うよ。文房具のほうが手に入らなかったんじゃないか?取り寄せで行けたかな?でも子どものは通販よりも遠い存在なのが「取り寄せ」……子どもからの取り寄せ依頼を受けてくれるだろうか?(本ならあるだろうけど……文具・画材は……)親を間に入れるのもなんか買いにくいしなあ。

中学の時の同級生、この通販を取りまとめてくれてた子がすごくって、彼女のおかげで私がいままで描き続けられた基礎を作ってもらえたんじゃないかと思ってるんですよね。中学卒業してから連絡も取ってないけど……中学の時にももっと話をしておくんだった。彼女はきっと今でもなんかやってる、今この瞬間何もやってなかったとしても、ここまでの間でいろいろやってるんじゃないかと思える。


ちなみに1ページ目に掲載している写真の漫画用画材はいま手元にあるもので、子ども時代に使ってたものではないです。そのころから使ってるってものも一つもないかもな。マクソンの原稿用紙だけは昔から使ってる。スクリーントーンも、通学路で買える唯一のブランドとしてマクソンのトーンを使ってた。レトラセットもあったけど高いもんね。あの文具店はデザイン用品として売ってたんだろうなあ。インスタントレタリングとかと同じ回転什器に刺さってたし……ああああインレタ……

通販のスクリーントーンは、圧倒的安さでデリーターのものを愛用していました。ちょっとかわいい柄も多かったもんね。変な柄ばっかり買っちゃってなかなか減らなかったけど(笑)

今回の写真に映ってるスクリーントーンは、なんとキャンドゥで100円で買ったものです。はがきサイズぐらいの小さなトーンで、ちゃんとデリーター(DELETER)製なのです。

キャンドゥで買ったデリーターのトーン

小さいので割高ではありますが、ちょこっと使いたいとか、とりあえずどんなものか使ってみたい!って人が便利に使えると思います。チェックのとか、定番柄ではあるけれど「大きなシート1枚もいらないんだよなあ……」ってときもあるんですよねえ。だからちょっとした作品を作りたいときに少し買う。

「昔まんが描いてたのよねえ~」という人も久しぶりにトーン使って描いてみるってのどうでしょう。小さい原稿用紙もキャンドゥで一緒に並んでいました。つけペン無くてもゲルインクのボールペンで描いてもいいんだし(実際プロの方でもつけペン使ってる人はむしろ減ってるんじゃないか……)、気軽に描いてみよう!

「お楽しみは文房具」同人誌と電子書籍が出ています。同人誌は9日のコミティアでも頒布します!

お楽しみは文房具

 

2019/12/19 ジェットストリームEDGE 0.28mm買ってきて書いてみたよ

ジェットストリームEDGE 0.28mm買ってきた。

買ってきたら試し書きをしますよ。
お店でも「おーこれかこれか」って手に取って、試し書きをして「オッこれは予想以上、買う買う」って感じで買ってきてしまったのですが。それはちょっとだけ文字を書いたって言う程度なので、もっと書いたらいろいろ感じることが出てくるかもしれないじゃないですか。

イラスト・ジェットストリーム0.28

ルーズリーフに、下描きいらない感じのイラストをちょろっと。

細ぉい。でもカリカリ引っかかる感じがあまりしなくて、そしてジェットストリーム特有の「思ってたより先にいっちゃう」……つまりちょっと滑る感じ、あれも少ないですね。

売り場にはブラックとシャンパンゴールドしかなかった。しかもシャンパンゴールドも最後の1本だった。でもまあ全色そろっててもシャンパンゴールド買うかな。

ジェットストリーム エッジ | JETSTREAM 単色 | 油性ボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社
https://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/ballpoint/jetstream/edge.html

アマゾンにもリンク貼ろうかと思ったけどまだ取り扱ってないね。そんなに最近でしたっけ発売されたの。普通に文具店さんで買えたから……まあよく行く文具店の中では新商品を良く扱ってくれる文具店であることは間違いない。

線は細いけどちょっとダマになるときがあるね。

でもこの辺はなあ。絵を描くっていうのはペン運びが独特で、文字を書くときと違うエラーが出やすくもあると思うので、参考になるかどうか。
前髪の当りですね。ちょっとポテっとインクだまりが出来ちゃってる。

前髪は一番勢いよく、スピードつけてシャッシャッとある程度長い線を引く箇所で、文字を書くときにはない動きをしてると思いますね。だからこそ私はペンの試し書きで「前髪を描く」のですが。

あと、細い均一な線を書けるときはついついカケアミみたいなの描きたくなります。

マフラーというかえりまわりにもナワアミとか描いてもよかったのですがちょっとうるさくなってメリハリなくなるかなと……そうすると輪郭をもう少し太らせたくなるし、せっかく細いペンで描いているのであんまり描線を増やすことで太らす方法をとりたくなかった。ということでシンプルに終わらせました。

魚はいつものわたしのナゾ魚を描いてもよかったのですが、もう少し落ち着いた構図にしたかったので、落ち着いてたたずんでいる印象の強いタツノオトシゴを描いてみました。あんまり書き慣れてないんだけどちょっと気に入っています。


ペン本体は、ちょっとクリップ側にむかって細くなっていく形で面白いですね。見た目の想像より軽いし。持った時の手触りも嫌な感じしなくていいですね。

クリップはおしゃれだけどちょっと硬めで、薄い紙は曲がっちゃうかもね。でも考えてみるとあんまりボールペンのクリップって使わないなあ。男性は胸ポケットに入れる人は使うかも、布にはしっかり止まるんじゃない? カバンの内ポケットにさしとく時もクリップで挟むといいかな?