ストリートビュー散歩91 オーストラリアの道路標識

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧) (地域別一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)

オーストラリアはあまりチェックできていない。

ちょこちょこ見てはいますが、まだあんまりチェックできていないのがオーストラリア。ストリートビュー網は充実しています。市街地は2007年ぐらいの昔から保存されているし、砂漠・草原地帯を突っ切る道路もストリートビューで見ることができます。

でもわたし自身が、あんまりオーストラリアに興味を持っていなくて……まだ見たいものがよく思い浮かばないというか。他にも見たい地域が沢山ありすぎて。

今回はたまたま見ていたら気づいたものを紹介します。

西部劇で転がってる草を探して

もともと、「コロコロ転がる西部劇のアレな草」を見たくて、もしかしたらストリートビューに写りこんでないかな……と思いついたのがきっかけ。植物もストリートビューでいろいろ見られるし。

でもよく考えたら私、いわゆる「西部劇」っていう映画一本も見たことないですわ……

タンブルウィード – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89

ころころ転がってる草はタンブルウィードと言うらしい。このwikipediaの記事によれば、

オーストラリアのビクトリア州ワンガラッタでは2016年の2月(つまりオーストラリアでは夏の終わりごろ)にタンブルウィードの発生によって複数の家が草に埋もれてしまうということも起きた。

とのことで、じゃあそれを見たい!!とオーストラリアの地図を開いたわけです。

草は無かった……気になったのは道路標識

草はすぐには見つからなかった。また探してみますけど、とりあえず「ないな~」とうろうろ。

そこで出会ったのが道路標識。

 

馬の標識

馬に乗った……女性?の標識。

ゴディバの話を思い出した

馬に乗った女性と言えば、ゴディバのマークの話をこないだちょうど聴いたのでそれを思い出したのですよ。

ゴディバのマークは、むかしむかしゴダイヴァ夫人が市民のために陳情し、交換条件として裸で馬に乗って移動したという(史実ではない)伝説から来ているそうなんですけど、一瞬この標識のことを「それかな!?」と思ってしまったんですよ。

ゴダイヴァ夫人 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A1%E5%A4%AB%E4%BA%BA

そうだったとしても違うにしてもこの標識がなんなのか調べてみたいと思いました。オーストラリアの標識を検索する。

オーストラリアの道路標識 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AE%E9%81%93%E8%B7%AF%E6%A8%99%E8%AD%98

はい!ずらっと一覧になっていました。

ひときわめだつのはやっぱり動物の標識ですね。たくさんあるんだな。

カンガルーの標識はもちろん、コアラの標識、ウォンバット、エミュー、ラクダ……といろいろ。「家畜優先」なんてのもありました。

馬に乗った人や馬の標識もありますね。

Road signs in Australia – Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_signs_in_Australia

英語版wikipediaにはもう少し多くの種類が載っています。

女性バージョンとは限らないみたいですし、乗馬標識も少しずつ違うものがいろいろあるみたい。とにかくゴダイヴァ夫人は全く関係なかった。

でもいろんな標識が沢山あることを知れました。今後オーストラリアのストリートビューを見るときにそれも楽しみになりそうです(世界中、どこでも道路標識を見るのは楽しみなものなのです)。

考えてみると日本もいろんな動物の標識がありますね。鹿はもちろん、狸もあったような気がする。あとは猿があったかなあ?

狸は海外にはあんまりいなくて珍しい動物らしいので、一部では幻獣扱いされてるようなので「日本は空想上の動物を標識に使っている」と思われたりも……しないかな? さすがに。


今日はこんな感じで、軽めのネタでした!

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧) (地域別一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)

2021/11/29 英語の勉強進捗【47】

英語学習進捗報告 兼 メモ

英語を楽しく勉強しているので、やったことを報告したりメモしたりする。
これまでの報告・メモはこちらから。


2021年11月22日~11月28日の学習時間
【493分】

たぶん平均的な感じで時間をかけた。ちょっと安心する。

今週やったこと

普段とおなじくDuolingoと、mikan、weblio語彙テスト。

Duolingoでは「部屋が散らかっていますが汚くはないです(My room is messy, but it’s not dirty!)」というすぐに使える・使いたい文章が出てきてメモったりした。

いろんな基本フレーズをメモしているので、応用して組み合わせて漫画描けないかな。

自作の英訳

あと、自分のポエムを朗読した動画をUPして、字幕に英語版をつけてみた。

直訳じゃなくて少し「ニュアンスが伝わるように」を気を付けて書いてみました。字幕で英語版を選択するとみられるのでよかったら見てみてね。

英訳って言っても、もとの日本語からして「ちょっとわけわかんないけど雰囲気がなんとなく伝わればいいな」という文章なのでどうしたらいいかって感じだよね。

新しい語学系コミュニティ(?)に参加してる

先週からだけど、今週から本格的に。でもまあ難しい話題をしているところは本当に難しくてさっぱり。とりあえず英語初心者に出来ることや勉強になるところはない。残念だがレベルが私とは遠すぎる!(もちろんあちらが高いほうで……)

でも語学全般で英語はほんのひとにぎりなので、言葉に興味を持った人たちのつぶやきややり取りを見ることは新しい発見ばかりですな。これはいいぞ。

映画「マイマイ新子と千年の魔法」英語版で見た

「うちにある日本のアニメディスクの英語音声版を見る」やりたかったんだ。ジブリアニメとかDVDはやってたんだけど、BDだとドライブが外付けなのでちょっとおっくうでなかなかやってなかった。

リンクはDVD版。(BD版はアソシエイトリンク作成不可だったので……)

「マイマイ新子~」は昭和30年代が舞台だし、方言がっつりで、ちょっと込み入った構成の映画なので他の言語で見るのは難しいと思うんですけどね。まあ私は日本語の方で内容をいちおう分かってるので観られますよ。劇場でも何度も見てるので、セリフも結構わかってるからいいかんじ。

ただ、音の調整ができないので、バックの音にかき消されてなんて言ってるかよくわからんところが多かったですね。あとはがやがやしてるところも聞き取れないなあ。そういえばドキュメンタリーやニュースはだいたい一人ずつしゃべってくれるのがいいですね。

「マイマイ新子~」は日本も日本、ド日本って感じなので、英語で聴くとおもしろい気がします。物語の中で英語を聴くと「文法とかでは理解できるけど、とっさに言ってもそうなるんだ……?」とふしぎです。やっぱ主語がきっちり出てくるところに慣れない。そういうもんだとはわかってても……妹が「おねえちゃんきらい!!」と泣き叫ぶシーン、英語では「I hate my sister!」って泣いてるんですけど、なんかこう……えええ~~~泣きながらとっさに叫んでもそうなるのか~と改めてびっくりする。

話ずれるけど、以前、よく英語話者の人とSNSで喧嘩するタイプの人が「主語がはっきりした文章でののしられてもなんか滑稽で煽られてる感じがしない」ということをおっしゃってて(まさにあちらから口汚くののしられてる渦中に)、ちょっとそれわかるな~と。感覚が。「アイ○○ユー!」って言われるとなんか日本語話者的にはくすっとなっちゃうというか。ちょっと客観的視点が感じられちゃうんですよね。「あなたが私に言ったんだ」ということが明確なのに、明確なせいで距離ができてグサッと来ないというか。

あとは、死にまつわる単語の使い方がちょっと気になった。

以下ネタバレ(開くにはここをクリック)

新子ちゃんたち友達でひょんなことから結成したグループが「決死隊」を名乗ってるんだけど、そのグループの中の一人の子の親が自殺で死んでしまうのね。

その子を励まして、別れるときに「決死隊の戦友……!」って声をかけるんだけど、日本語だとそんなに感じてなかったけど英語版では「決死隊」が「Suicide squad」になっているのね。だから別れの「決死隊の戦友……!」も「You and I are a suicide squad!」ってなってる。いいの?ついさっき親が Suicide したって人に向かって「わたしたちSuicide squadじゃねーか」って言うの……とちょっとギョッとしちゃったんだけど、よく考えたらまあ決死隊も死って……でも決死隊に自殺のニュアンスが無いというか、死を覚悟したってぐらいかなとか。「Suicide squad」も特攻隊みたいなイメージらしいので、別に違和感ないのかな?その辺はわからないですね。でも私はなんとなく聞いてて「同じ言葉でいいのか?」と思っちゃったよというお話。


さあ今週はとうとう12月ですね。今年一年でどれぐらい変わったのかなあ。だいぶ成長したと思うけど。

 


これまでの報告・メモはこちらから。