2018年の作品など1

2018年もいろいろ作りました。
年末なので、振り返って作ったものとかを紹介しようかなと思いますよ。

まず第一弾は、10月、音楽+映像作品の
「SHIRATAMA」
をご覧ください!

今年はこれが唯一の音楽作品になりそうですが、才能がないので年に1曲ぐらいって言うペースが精いっぱいのようです。アルバムとか作ろうと思ったら12年かかるってことですか。あかん。作んないけど。でも映像も合わせて作るのすごく好きで、出来上がった時は大変うれしいのでぜひ見てみてください。何度でもどうぞ。

 

ストリートビュー散歩13 ケニアの洗濯物

今年からブログに記事をかき始めた「ストリートビュー散歩」シリーズももう13回目です。

いや、もっとネタはあるのでどんどん更新していけばいいと思うのですが……

先日、ストリートビューを見よう~といつものようにアフリカ大陸の上空まで来たら、気づいたんですよ……ケニアにストリートビューの水色のラインが生まれていることに

ストリートビューで見られる道には、水色のラインが引かれるんですけどね。これが増えると私が喜ぶんです。桶屋も儲かります。

ケニアはずっと「見たい……でもストリートビューがない」と思ってた場所で、ほんの少しだけ、一般の人(?グーグルじゃない、ユーザー投稿)のビューがあって、それもほかのどのアフリカの国とも違って(名所ではなく住宅地だったというのもありますが)すごく良かったのです。

でもね、誰かが投稿したストリートビューとか写真とかって、撮ろうと思った写真じゃないですか。基本的に。私はストリートビューの「ただ車がその時間にそこを走ったら、写ったもの」が見たいんですよ。私がそこを歩いているような気持になれるのは、やっぱりなるべく作為的な画面じゃないほうがいい。

……と前置きが長くなりましたが、私は興奮してケニアのストリートビューを見ました。まだ全然見て回れていませんが、どこもほかと違ってやっぱり刺激的でした。みんな生活している。そう、生活が見たいんだほかの国の。

 

この近辺は!マンションの廊下の手すりに!全部こうやって洗濯物が干してある!!!

ここだけでなく、マウスでぐるっと振り返ったり、てくてく歩いてみたりしてください。どこまで行っても洗濯物が干してある。

久しぶりの晴れの日とかだったのか!?いや、家族が多くて洗濯物がみんな多いのかもしれない。

あと、アフリカの街中は、どこへ行ってもとにかく人が多い。アジアもそうか。ヨーロッパとかはわりと人が少ないんだけど、アフリカやアジアは、昼間は皆外に出るでしょって感じで人が道をあるいているんですよ。にぎやか。その様子を見るのも好き。

ナイロビのゴミ捨て場には、カラスじゃなくてヤギ的などうぶつがたくさん来ています。本当にたくさんです。

https://goo.gl/maps/XfoeMK7c7AG2

画像が見える状態で貼るのはちょっとためらわれたので、ゴミ(一応なんだかは詳しくわからない感じです)の山にたくさんいるヤギたちの姿を見たい人は上記のリンクをクリックしてください。

 

まだまだナイロビを見て回れていない。時間を作ってあちこち見たいです。

ストリートビューも、ある日なくなったりするので……

 

連載漫画更新されました!

「お楽しみは文房具」第16話が文具のとびらに掲載されました。

【連載マンガ】お楽しみは文房具#16「TAG文具まつりに行ってきました!」|
http://www.buntobi.com/articles/entry/series/manga/008542/

今回は「TAG文具まつり」に参加してきたおはなし。

参加というか、ここでも告知&報告しましたがトークライブをやったんですよね。

その時の話です。

16話の中で、「8話に出てきた~」と8話に言及していますので、8話も合わせてどうぞ。

【連載マンガ】お楽しみは文房具#8「思い出の文房具と再会!」|
http://www.buntobi.com/articles/entry/series/manga/007447/

 

毎回作画にはいろいろ工夫をしている……と言うか、漫画のスゴイところは、毎回いままで描いたことのないものを描く必要が出てくるということなんですが(描き手にとってのすごいところ(笑))

こんかいはパイプイスがそれです。

一脚ならいいけど、これたくさん並んでるんですよね……

写真のトレースとはいえ、これ全部かくの……? と途方にくれますよ。

で、厳密には「正しくない絵」になることは承知で、ささっとパイプイスを作画しようと思い立ちました。「パイプイスのブラシ化」です。

ということで、こんな感じにパイプイスをペンタブレットのストロークだけでさささーーっと書けるようにしてみました。

ほんとうは、パースも面倒だから、筆圧でパイプイスが小さくなっていくようにすれば、スーッ……と力を抜くだけで奥の方のイスが小さくなっていき、すっとパースのかかったようなイスがかけるんじゃないか!?

と思ったのですが、さすがにそうは甘くなくて、ペンの入り抜き設定で何とかなるのかもしれませんが、極端に小さなおまけのイスがつくような状態になってしまいました。そこで、ブラシとはいえスタンプのように、ぺたぺたと、たまにブラシサイズを変えながら並べていくように描きましたよ。

パースの表現は、メッシュ変形という、台形(など)に変形できる機能を使って奥行きを出しました。

毎回手抜きにならずきれいに作画できる時短方法を探して模索しながら描いていますよ!

2018/12/4 いつもぶんぐカレンダー2019を作りました

うちのオリジナルキャラクター、「いつもぶんぐ」の2019年カレンダーを作りました。

ここ数年、毎年作ってるので毎年もらってるよ~という人もいるかもしれません。

自分でも毎年壁に貼ったりして使っているので、なんか作ったほうが便利なような気がしています。今年もなかなかかわいくできました(自讃)

画像をUPしておきますので、よかったらダウンロードしてご利用ください。とはいえwebへの再UP、加工したり、印刷して配布などはしないでくださいね。(サイズが印刷用よりは小さいので印刷には向かないかもしれません……)

カレンダーを紹介したいという方はこの日記のページへリンクして紹介してください!

冬コミ(残ってたら2月のコミティアでも……)で紙のカレンダーも配布しますので、紙がいい方はスペースまでどうぞ……

冬コミは3日目・東T-36bです。

LINEスタンプ「いつもぶんぐ」もよろしくね!まだまだ販売中ですよ。

いつもぶんぐ
https://store.line.me/stickershop/product/1010413
いつもぶんぐ2
https://store.line.me/stickershop/product/1101017

2018/12/3 二回目の更新でもいいじゃないか

書けるときは二回でも書こう。なんとなく書けない日もあるのだから……

今日はあたたかいですね。明日はもっと暖かいそうで。

さっき、「コミティアも終わったし、topページの告知を書き換えよう」と思ってみてみたら、なんかタグ失敗してていみわかんない感じになっちゃってたんですよ……というか告知がきえてたっぽい。何してるんだ私。

 


料理とかも、できるときはいろいろ作って、できないときはサボったりしていますよ。

なんかやれたりやれなかったりいろいろだよね。最近はそんなんでもいいかな~と思ったりしています。どうも、自分と人とを比べてしまうときは、相手には「私のすべて+α」があるような気がしてすごいなあと思ってしまうのですが、そんなことないんだろうなと。

あからさまにすごい人もいるんですけど、大体は何かが引っ込んで何かが出っ張ってて、出っ張ってるところが良いものだと「いいなあ」って思っちゃうというか。


実は、書き始める前は「あれのこと書こう。今日はもう1回書いたけど2記事目でもいいや」って、なにか明確にテーマがあったはずなのに、移動してきて座って日記ページにアクセスしてるうちに忘れてしまったのです。残念です。だからこれは書く予定ではなかった不本意な記事なのです……

2018/12/3 もう12月になってるじゃないか

びっくりするけどもう12月だ。

今年も残りわずかとなるとなんでか焦っちゃうけど、今年も振り返ればいろいろやりましたよ。今度今年作った作品の紹介とかしよう。

今年も今年で新しいことがいろいろありました。

ちょっと出会いが多めだったかもしれないよ。むふふ。新しい場所に顔をだしてみるもんだね。それがネット上ならなおさら、雰囲気を見て参加を続けたりやめたりってできるのがいいよね。


12月、年末となるとなにか2018年という年の締め切りを感じちゃって、気持ちは焦るけど、普段のんびりしているのだから締め切りを感じてちょっと焦って詰め込み気味に生きたり作品を作ったりするのもいいかもしれませんよ。

どうせ1月になったら気が緩んでだらだらしちゃうんだ。


そういえば、今年は1月と6月にのどを痛める風邪から気管支炎になって苦しんだんだ。来年はそういう体調不良ナシにしたい。それが何よりの目標かもな、健康ならなんだってできるもんな。休むことだって健康でこそですよ。具合が悪かったら休んでることになんないというか、息抜きどころか呼吸との闘いみたいのをやってたわけですよ。健康ならそれこそ呼吸するように呼吸ができる(?)のですが、気管支を痛めるとイチ呼吸ごとに呼吸そのものを意識するはめになる。

喉の風邪の初期を支える漢方の選び方も新しく学んだ(文字の上だけでまだ体験してないのですが……)ので、今度違和感が出たらそれをやってみます。

むかしからネットで見るような喉対策は大体やってるんですがね……中には「これ私の今の状態より軽い人向けだったゴホンゴホンゲー」みたいになるものもあったりするのでなかなかむつかしいですね。

2018/11/26 せくはらとか

また考えなしに社会問題みたいのに切り込むけど、独り言なので許してください。

大した話ではないです。

「セクハラ、セクハラ、って言ってもどうせ相手によるんだろ?」という話を見て思ったこと。昔から言いますよね。「キモイ人間がやればセクハラ、さわやかハンサム(イケメン)がやればちょいエロなんだろ?」みたいなこと。

個々の案件についてじゃなくて一般論みたいにそういう風に言われるとため息しか出ない。まあ個々の案件について言っていたら、内容によっては余計に怒り狂うけど。

セクハラとかストーカーとかそういうのは、だいたい人との距離感がおかしい時に生まれるものだと思うのですよ。話し合いができて、お互いがお互いのことを尊重してて気心が知れた仲ならほとんどおこらない。ストーカーはいろいろあって相手が変化した結果だったりするかもしれないけど。

ちゃんと普段からいい付き合いをしていたり、距離感やどういう人か知ってたらセクハラなんてしないんじゃないかと思うんですよ……だってハラスメントですよ……下ネタとかジョークとかじゃなくて嫌がらせですよ。冗談のつもりでやってることが相手には不快だったりってことも、セクシャルなネタ抜きにしてもあるじゃないですか。


で、まあ、イケメンがやったらセクハラじゃないんだろ? っていうのもたいがいおかしくて「はあ、」って反応にしかなりませんが、セクハラする方も「相手をみて」やってるわけですよね。言い返してこなそうとか、自分より弱そうとか、逆らえない立場だとか。男女も関係ないでしょ。女性同士だって、上司がいちいち「昨日彼氏と○○~なの?」みたいなこと聞いてきたらすっごくいやだし、それ言ったら男の人だって上司がやたらと女性と付き合った経験はあるのかとか、奥さんの体どんなぐあい?ヘッヘ……とか言って来たら嫌だしそれもまさにセクハラでしょう。

なんかどうも、男性同士だとそういういやな会話をしても嫌だなって思っても受け流しちゃってるんじゃないか? よくないよ。同性でも嫌な話はいやだし、きっぱり断ったり嫌だと言いたいけど、いちいちそれで徹底的にやり合うのもしんどいから見過ごそう。って思うわけでしょ。それが男女の間で起こることについて、今はようやく「良くない」と言われ始めてきたわけですよ。だからここで男性が「女は相手がイケメンだったら許すけどキモメンだったらセクハラって言うんだろ」とかひねくれたことを言ってないで、自分に降りかかった嫌な話題もきっぱり「あなたとはそういうことを話すような間柄じゃない」と言うようにして、最終的には男女関係なく「距離感を考えてほしい」と言えるようになっていけばいいんじゃないかと……思うのですよ……

2018/11/23 パスワードとか気を付けよう

パスワードってそうそう漏れるもんじゃないけど、ちょっと昔に設定したパスワードはわりとあぶないね。

ネットでアカウントを取ったりするようになってもう20年以上でしょ……(私の場合)20年前から使ってるアカウントってそんなにない(むしろあるのか? 15年ぐらいはありそう)のですけど、無数のアカウントを作成してきました。現在使ってない・サービス終了したものもいろいろ。

最近webで検索できるんですよ、このメルアドでどんなパスワードが漏洩してます?みたいなの。あと、そういう情報を使って「フフフ……ハッキングした、悪さをされたくなかったら○○円払え」みたいなメールが来たり。

メール送ったほうも正直本当に悪さしようと思ってるんじゃなくて、振り込まれたらラッキーぐらいのかんじで言ってるだけなんだけど、実際パスワードが漏れている。

心当たりのあるものをよく見ると、古いパスワードが多いね。そのころは結構複数サービスで共通のものを設定したりしていて(重要なアカウントでもなくて……リンク集に登録してるものとか)、どこから流出したのかがはっきりしないものも多いのですが、そういう気軽に登録したものから漏れてるね。

最近は複数サイトでおなじパスワードとかはあんまりないしメールアドレスとかアカウント名も工夫してるので大丈夫……だと思うけど、まあどういうパスワードが漏れてるのか確認したほうがいですね。

しかしほんと、パスワードとかログインのセキュリティって面倒でややこしい。

いくつかのサイトのパスワード(漏れてたもので、一応まだアカウントがあるもの)については変更してみたけど、変更も一筋縄ではいかなかった。日本語が使えればわりと強固なセキュリティにできそうなんだけど……

2018/11/20 ぼーっと生きている

ぼーっと生きています

なんというか、人生長いもので、この先老人になってから環境がいろいろ変わったら不幸なことがたくさんあるんじゃないかという漠然とした不安に、毎日心が落ち着かないのが人間というものだとは思うのですが。

いま自分の環境とかを客観的に、いや主観的に見ても幸せだな~楽しいな~と思うことが多くて、もう少し意識してそれを感じることによって

「あの頃あんなに幸せだったから、不幸が訪れることがあってもいいじゃないか」的な考え方になれないかな?と思ったりします。


人間としては、部分だけみるとね、日々起きる事件などで……例えば90代の老人が火事とか殺人事件とかで亡くなったと話を聞いた時など、「どんなに幸せな瞬間があったとしても最後がそんなんじゃ人生つらすぎる」とか、「病気で長いこと苦しんだり環境がよくなかったりして『つらいな~』と長く感じていたんだったら、すごくお金があったり家族に恵まれてたり毎日楽しかった時期があったとしても最終的にはつらい人生だな」とか考えちゃうんだけど、早くそんな考えをすてて……

どこかの時点でつらかったことも、楽しかったことも、つなげないで点として考えたなら……しごく当たり前のことである「今は今」で生きられるんじゃないのか?と。

さっきと逆に、すごくつらい気持ちだという人に向かって、「でも昔は○○だったんだから、いいじゃないか」とか考えちゃうこともあるでしょ。それもナシ。

Aだったことはよかった。

Bだったことはつらかった。

いまCであることは○○。

っていうその時その時の感想で生きていければね。不安なんかなくなるんだろうなあと。どの点が次に来るかなんて誰にも分らないんだし……

そうは言ってもなかなか未来を考えることをやめられないのが、学習能力がついた人間にもたらされた副作用であると思ってしまうのでした。

避けられるものを避けて、準備できるものを準備するということは、不安やよくない予想と向き合うという時間が必要なのであって……

自分がつらかった過去を分析して未来に繰り返さないようにするために傷を掘り返す時間でもあって……

いまが楽しいのも幸せなのもそういう作業の結果かもしれないと思うとね。なんかやっぱ解脱できなくて不安と分析を続けてしまうんだろうね。

あー。いっけない、解脱解脱 ミ☆

2018/11/18 電子書籍配信中・読み放題で読まれたページ数

Kindleで配信中の電子書籍、読み放題でも読めます。


「ノート・手帳/わたしと手帳のふたりきり。」

 

2018/11/18現在、unlimitedで 3880ページ 読まれています。

こんな感じでたくさんの人に読んでいただいてる……と思うので、お気軽に読んでください。