2020/08/11 暑い毎日だ!

毎日暑いね!

散歩どころか、用事があったり行きたい場所があっても「やめておこう……アブナイ」って思うほどの暑さが毎日続いていますよ。

7月末までは梅雨が続いてて、「今年は冷夏だっていうし、実際雨ばかりで涼しいし、オリンピックは今年だったらよかったのかもね……」っていう話を見てそうだよな~って思ったけど8月になってからのこれ。

実際オリンピックをやってたら9日までだっけ?

でもその後パラリンピックもあるんよね。無理だよ~やめといたほうがいいよ~


新しいことをやる話

ずっと「納得いかないな」っておもってたことがあって、それは音楽の話なんですけど、よく「おっさんおばさんになってくるとあたらしい曲を聞かなくなる」とか言うじゃないですか。古い曲の方が好きだな~とか言ってあたらしい曲を拒否するとか、「なんでこれがはやってるのかわからない」というとか。

私、新しい曲けっこう聴くんですよ。

ただ、「日本で流行している曲」とは限らないわけですよね。だから日本で流行している曲の中にも聴いている曲と聴いたことのない曲があるし、すごく売れているアーティストなのに聴いたことがないってことも多くて、それを確認されて「○○は?知らない?じゃあ**は?それも知らない?……やっぱ最近の曲聴かないんですね~、もうそのぐらいの年齢になるとみんなそうですよね~」って言われる・思われることがあるんだと思うけど!!

海外の曲とか、
流行しているわけではないけどいいなって思った曲とか、
ずっと追ってるアーティストの最新の曲とか、
昨日youtubeにUPされたばかりの新曲とか!!!

いろいろ聴いてるわけですよ。むしろあなたはそっちを聴いてないんでしょ?と思うことがある。「流行してる曲以外はあたらしい曲とはみなさない」っぽいこと言う人けっこういるんじゃないかな……

もちろん流行の曲を聴くのもいいと思いますよ。でもそれを聴いてないからって「最近の曲に興味がない頭の固い年より」扱いはないでしょ~。こっちも「私が聴いてる最新の曲を一曲も知らないヤツ」扱いすんぞコラ!……とキレてもおかしくないですよこれ~。実際に言われたらキレてもいいんだけど、大体実際言わないで脳内で思ってるだけだろうから言い返す機会もなくて厄介なんだよな~!


Twitterで、その件について「”新しいものに触れる”ってのは、新旧問わずその人がいままで知らなかったものに積極的に触れるってだけで出来ていると思う」的なことをおっしゃってる人がいて、そうそうそうなんだよ~~っと思ったりした。


あとその人の年齢でやってることの何かが古く感じるとか、遅れてるように見えるとかって話も同時に見かけたのですが、それもですね……みんなとおんなじことしかやってないからそう見えるんじゃないでしょうかねええ……まあみんなと同じことをやるのも大事ですし、だからこそ得られる共感とかもありますよ。でも、それを常に更新していかなければ遅れてしまうのは当たり前なので、人と同じことをしつつ常にあたらしい雰囲気を出していくってのは大変なことなんですよ。

だから、

・新しくない・古く見えるということを恐れない。古く見えても良いものだと思ってくれる仲間を大事にしてやっていく。古いものを馬鹿にしない

・古くなるとか新しいとか関係ないぐらいの、自分だけの表現を探そう

のどちらかでやっていこう!!

私はわりとどちらもできてるような気がしますよ。そこが自慢です。

 

ストリートビュー散歩67 狭い道にぎっしりバイクが……!

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)

(2020/08/05)

前回の記事(ストリートビュー散歩66 インドネシアのバナナ屋さん)に続いて インドネシア ですよ。

インドネシアは大きな道を見に行くと、バイクがぎっしりいる……というイメージはあったのですが、ここはそんなに大きくない細い道なのに……

バイクがぎっしりいる

どこまで行ってもバイクなんですよ!!

しかもよく見ると、なんとなくみんな緑色が印象的な同じユニフォームを着ている?

疎くって知らなかったんですけど、この「Grab」っていうのはバイク便とかバイクタクシーとかのサービスなんですね。

Grab – Transport, Food Delivery & Payment Solutions
https://www.grab.com/sg/

それにしてもたくさんいるなあ。

googleストリートビューは……これ車で入って行ってるのかなあ。バイクで行ってるかもしれないとは思ったけど、車かもしれないですね。

そしてここで出会ったのが……

あまり、そこに写っている「人」について言及する気はないのですが、例外ということで紹介しようかと思います……

 

ストリートビューカメラを案内してくれる人

この……突如現れた方が、交通整理をしてくれたおかげでバイクの波をかき分けてカメラが進んでいけているのですよ。

見つけた面白い人っていうよりは、ストリートビューに関わっている人ということで、紹介してもいいかなと。いや行きずりの人の可能性が高いですが。この最後のショット以降はこの人は現れない。「あ、いなくなっちゃった……」と振り返ると、

去っていく背中が……!

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)