【漫画の感想】明日も未解決(桑田乃梨子)

都度都度言ってるけど私の、ずっと、すごく好きな漫画家さんであるところの桑田乃梨子さんの漫画。改めて読み返したので。

明日も未解決

良かった。

まあファンだからってのもあると思うけど……

ファンとしてもうれしいんですよね。最初好きになったころの名作

「おそろしくて言えない」

……あたりの、モブモブしさというか(いや、やっぱり当時ほどでは無いんだけど、でも)
教室のにぎやかさというか何と言うか。私の好きな学園生活のあの雰囲気が感じられてすごく懐かしくて、良かった。

私は桑田乃梨子さんの描く、教室の中の人たちがそれぞれなんとなく「同じ空間にいる仲間ではある」というぐらいの緩いつながりと適度な距離感で存在していて、部活動や親しい友達だけの塊もそこでいくつか存在して、一人がいろんな仲間に所属してって言うのが感じ取れる学生生活ってのが好きなわけですけど。
派閥があるわけでも、「誰の本当の友達なのか?」っていうドロドロしたいさかいがあるわけでもない、理想だけど実は現実にはあり得ないかもしれない世界。

自分の学生自体を思い出して懐かしがっているのじゃなくて、たぶんこの桑田ワールド(たまに煽り文句とかに書いてある気が……)の一員になりきって、この25年以上桑田乃梨子さんの漫画を読んできたからこその懐かしさというか。そういうものを感じているんだと思うのですよ。わたしもモブの一員だったと。


久しぶりに漫画の感想とか描いてるとほんと自分のことばっかり書いちゃう……
アカン。


「明日も未解決」は、まず冒頭から吉元の親友・原田が死んでしまう。
原田は「なにか、吉元にいおうとおもってたこと」があるのが心残りになり、葬式に来た吉元の後ろに憑いてしまったようだ。吉元にはそんな原田の声が聞こえるようになるが、姿は見えない。そして原田はどうしても「言いたかったことがなにか」おもいだせない。

なんとか心残りを遂げさせて、原田に成仏してもらおうと、霊感のある嵐柴や他のクラスメートたちに見守られながら、今日も・明日も未解決な難題に立ち向かうのだった……

というお話。

まあクワタンのお話だから暗くも湿っぽくもならないよね。すっとその状況を受け止める主人公・吉元くんと、焦るでもなく飄々と憑き続ける原田くん。死の悲しみと、霊になって吉元についてることに戸惑いながらも見守るクラスメートたち。

いつも「すごいなあ」と思うのは、ほんとに突飛なところのないキャラクターデザインで、いわば「いつものクワタンのキャラ」だとは思うんだけど、でもほかの作品の誰とも同じではないキャラクターがまた生まれているということ。
まさにクラスメート。同じ地域に育って、同じ年齢で、同じ性別でもひとりひとりが違うって言うその些細な違いが、無理なく伝わってくる感じが。すごいことだと……思うのです……

毎回「今日も、吉元に言いたいことは思い出せなかったなあ」という感じで原田は成仏せずに終わるんだけど、少しずつ関係や状況は変化していく。新しいつながりも深まっていき、明日がなくなったもの、明日があるものの隔たりが、変えたくなくても徐々に生まれてくる予感がある。


短編が多いということもあるけど、桑田乃梨子さんの漫画はたぶん私が読んだまんがの中で、一番「終わりを見届けた」漫画だし、もうその終わり方は信頼している。今回の終わりも本当によかった。一番最初に登場人物が死んでいて、もう大きなお別れがあったというのに、それからの出来事しか知らない読者である私がいつの間にかこのラストに胸を打たれて、じんわりと静かな、声を上げない涙を流してしまう。

そういえば、桑田漫画のラストで「この人たちの関係はこのあともこんな感じで続くんだろう」という終わり方のものは無い気がする。いつでもなにか大きな変化が、ずっと今のままではいられない現実をしっかり伝えてくる。ただし、それぞれがそれぞれの未来を得ていく終わりは、決して暗いものではない。

それは学校からの「卒業」にもにて、それで晴れ晴れとした悲しみを感じてしまうのかもしれない。

 

 

【漫画の感想】王様ランキング1巻2巻

引き続き漫画の感想をかく。

王様ランキング1巻、2巻

web連載で爆発的人気を得た「王様ランキング」が単行本化!

話題になって私が知った時にはもう60話ぐらいになっていたので、そこまではwebで読んでいる。そのあとも更新されたら読んでいたけど、やっぱりまとめて読むほうがよさそうだなと思って最近は追いかけていない。

漫画は不思議なもんで、こういうストーリーが続くものについては、読むテンポみたいなのも漫画の面白さにつながっているというか、細切れに読むよりまとまった分量読んだときに面白く感じるということはあると思うんだよね。

1話完結とかは毎回満足して、単行本では間の読んでない回も楽しんだり、エピソードを読み返してさらに発見したりしみじみしたりとか。

週刊連載とかだと「次回はどうなっちゃうの!?」ってドキドキして早く続きが読みたい!とも思うんだけど、まあ王様ランキングもどちらかというとそんな感じではあるんだけど、そんなに「次回どうなっちゃうの?」と思ったことがないというか、変にまとめて読んだり細切れに読んだりしたせいかもしれない。


余計な話が長くなってしまった。

王様ランキング / 十日草輔(goriemon) – マンガハック | 無料Web漫画が毎日更新
https://mangahack.com/comics/5207

↑こちらで現在も1~8話まで読めるので、とりあえず読んでみたい方はどうぞ。

「なにもかも持っていない」ように見える王子・ボッジが少しずつ「手に入れていく」話。 ……だと思って読んでいる。2巻までだとまだ序盤だからね。webで読んだところだけでももうずっと先まで読んでいるので、まだまだこれからどうなるのかはわからない。

でもたぶん、作者は最後まで考えてあるお話を書いているんだろうなと思う。

私はまだ「お話を終わらせたことがない」作者が描く長いお話を読むときは、「でも最後どうやって終わらせるのかわかんないぞ」と思っているのだけど「王様ランキング」は最後までいい感じで終わってほしいなあと、終わるんじゃないかなと予想している。

正直なところ、私はあまり頂上決戦みたいなものに興味が持てないので、王様ランキングが本当にランキングを奪いに行く話だったらそんなにハマれないんじゃないかと思うんだけど、今のところそういうお話じゃないと思える。まだ王様ランキングが何なのかは謎だしね。

お話の展開は王道だけど、この王道の組み合わせは私に漠然とした「いい話がよめるんじゃないか」という期待をさせてくれる。大まかに説明したら確かに王道だけど、細かいところを見たらあたらしい要素がいろいろあるし、組み合わせでいくらでも新しい良いお話になるんだなと。


2巻までだとまだ序盤だから、このあとどうなっていくかな。単行本も出始めたことだし、単行本でまとめて読むのを楽しみにしよう。web漫画のアクセス増やせないのが申し訳ないけど。


追記:これ書いたついでに最新話あたりを読んでみたけど、絵がすごくうまくなってる! 最初のころの絵も全然問題ないけど今のほうがより繊細さもでて迫力や技術も伝わってきていいですね~(何目線なんだ……)