2022/02/14 英語の勉強進捗【58】

英語学習進捗報告 兼 メモ

英語を楽しく勉強しているので、やったことを報告したりメモしたりする。
これまでの報告・メモはこちらから。


2022年2月7日~2月13日の学習時間
【473.5分】

時間としては通常ぐらいかな?そういえば週の英語時間の平均って計算したことないかな。

2021年の1日平均が73.6分だから、それに単純に7をかければいいのか。

515.2分/週……そう考えると473.5分ってのは少ない気がしてくるな。たまには600分越える週を作っていきたいね。

今週やったこと

ちょっと映像を多く見れた。

Duolingoとmikanはやってる。mikanはいいかげん、TOEIC2500の教材を一通り終わらせた方がよさそう。そしてそれを復習する。一番語彙的にはたくさん詰まってるからな。

私の場合、2020年から始めたこの英語学習で初めて知った「基本的な英語」が沢山あるので(necessary とか今期の勉強で初めて知った)、そこをもう少し固めた方がいいんだろうな。例えば一般語彙と言われるようなものはもう完全に覚えたい。言い回しとかで変わってくるのは少しずつ慣れるようにしたいけど、「この単語なんて意味だろう」でつっかかってたら「へーそういう風に使うんだ」よりだいぶ前の段階だと思う。

今週気づいた「勉強の成果」としては、Duolingoのストーリーで「読み上げた順にテキストを並び替えよう」っていう問題が出ることがあるんだけど、以前はもう一度聞きなおしたりして文章を並べ替えていたけど、いまは一回聞けば、その文章で言いたいだろうことと文法的にこう並ぶだろうなっていう予想を使って並び替えることができる。これは結構大きなことのような気がする。はじめは「なんて?」って聞きなおしてた。でもちゃんと体系立てた文法はまだまだ分からない。

ゲーム実況聞いてみてる

とある日本人のゲーム実況主さんが好きだったんだけど、彼は引退してしまった。それから、その人のゲーム実況すら聞き返せてないぐらいなんだかぽっかりと穴が開いちゃったんだけど、英語の勉強を兼ねて英語でゲーム実況してるのを見てみようと思って。好きなゲームに英語版があるんですよ。そのゲームは日本語でなんて言ってるかセリフを大体把握している(それどころか細かい言い回しまで記憶している……)ので、日本語訳しなくてもわかるわけですよ。RPGだから文字数も多いし。

昔のゲームだし、最近はゲーム実況もメーカーさん公認になってきたけど扱いが微妙な気がするのでリンクは貼らないでおく。一応日本語版のゲームへのリンクは動画にくっついてるから、youtube側で著作権対応できてるのかもしれないな。

ゲーム実況には好み・こだわりがある……

ただし、実況されてるのなら何でもいいわけじゃなくて、やっぱりこだわりがあるんだよね。

・プレイスタイルはやりこみ型が好き。

・画面に見えてるのに、NPCや看板をスルーするのはあり得ない。

・ゲームプレイ自体を楽しいと思っていて、世界観も楽しんで、理解しようとしてくれている。

これが……全部そろってないとダメなんですよ……昨日は3チャンネル見てみたけど、ちょこちょこあってなくて最初の二つはダメだった。

最後のはいいかもしれない。30分以上あったからまだ見れてないんだけど、それまでの2つみたいな地雷はないことを確認した。ただしまだ主の人柄はわかってない、ちょっとテンション高めっぽいけど、ちらちらみたところではセリフを声で読み上げながらストーリーを進め、画面で目に入ったものは立ち寄って見ながらそれに対する感想を言ってくれるタイプっぽい。超期待できる。

「”パジャマででていくつもりなの?着替えなさい”、そうだね、OK!ごもっとも!」みたいな反応で進めてくれるのはとてもうれしい。やっぱり私自体がそのゲームが好きだから見たいと思ってるので、楽しそうにプレイしてる人のお話を聞きたいじゃな~い。

早口で、聞き取れるかわかんないけど、ちょっとずつ見てみよう。合いそうじゃなかったらまた次の人を探すたびに出よう……

 


これまでの報告・メモはこちらから。

ストリートビュー散歩95 インドネシアの大きなアンテナ!

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧) (地域別一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)

前回の記事もインドネシアでした。

ストリートビュー散歩94 インドネシアの赤道直下にドラえもんがいた ストリートビューで見る赤道直下シリーズ【3】

いま他の地域(インドネシアではない)も見て回ってるのですが、そちらですごく「こ、これは……!」と個人的に興奮するものを見つけていて、それを紹介したいのですがまだあんまりちゃんと調べられてなくて、調べきれずに書くにしてももう少し知りたいだろ~と思うので書くのが先になりそうです。 ということでまず、前回の「インドネシアの赤道直下」あたりをうろうろしていた時に「これは何だろう?」と思っていたもののことを紹介します。

インドネシアの各家の庭で圧倒的存在感の
アンテナ

赤道直下の住宅街の道路をうろうろしていますと、ほとんどの家の庭にこんなものがあったんですよ。ザルのような、ひっくり返した傘のような大きなもの。

すごい存在感じゃないですか?

これがどこの家に行っても大体設置されている。しかも道から見える場所、玄関の近くだったり、お庭だったり。

まあ……形状と、状況から「たぶんアンテナなんだろうなあ」と予想はつきますよね。

でもアンテナというと思い出すのは、日本でも屋根屋根の上に乗っかっていたり、団地の窓々に置かれている衛星放送のパラボラアンテナ。

地域によってはそれが沢山ついているビルなどもあって、それは見ごたえがありますよ。具体的にはどこだったかなあ。台湾とか、中国とか、香港とか、アジアのどこかだったような気がしますが……

アフリカのパラボラアンテナの話も書いたことありますね。
ストリートビュー散歩51 アフリカ、ガーナでよく見るお相撲さん……から日本につながった
これもちょっと面白い話なので、おすすめです。

しかし、メッシュだ

一見「なんだろうなあ?」と思ってしまう原因はやはりアンテナがザルみたいにメッシュになっていること。そして、この場所にどーんと上を向いて立っていること。みんな同じなので、たぶん地域による事情があるんだろうなあ、知りたいなあと思いました。

こういう生活に密着した地味な疑問は、なかなかweb検索でも出てこないものなのですが、いくつか関連しそうなページを見ているうちにこちらのブログを見つけました。

No.84 10年ひと昔(2)(2016.02.26) – ジョージのインドネシア体験記
https://blog.goo.ne.jp/george_wtr/e/dc1a03a39f843469d8c2f845a6ea6258

こちらの記事によれば、

・赤道直下だとパラボラをほとんど真上に向ける必要がある。
・真上を向いていると、雨が貯まってしまう
・なので、メッシュ(網状)になっている

という事情らしくて、「なるほど!!!」と納得感が味わえました。

おうちによっていろいろ違ってるのが面白い

地味かもしれないんですけど、こういう「基本的にみんな同じものを置いてるから、そこに少し工夫をして変化を持たせてますよ」みたいなのがあるとすごく楽しくなるんですよ……

街を歩いていても、例えば家はみんな同じ形だけど飾りを変えたり庭に好みをぶつけたり、そういうの。

みなさんの家にあるので、「ここにもある、ここにもある!」などと確認していくだけでもかなり楽しい。

中に木の葉が貯まっちゃってるものもあったり。

こちらは周りにお花や植物を植えて、いいかんじにアンテナを飾ってる。でもちょっとアンテナ自体は古くてさびている。

二つ並んでるのもいいよね~。ほんとにそれぞれのご家庭にこのでっかいのを設置しなくちゃいけないんだなあって思います。

Google ストリートビュー アンテナの先
Google ストリートビュー

気になるのはこの先についているペットボトル。ついてたりついてなかったりする。でも大体のアンテナのこの部分にペットボトルがかぶさってる。

Google ストリートビュー アンテナの先

なにもかぶさってないものはこうなっている。ということは、この部分をペットボトルで覆って雨とかから守っている……ということなのかな?

こういう、その土地ならではの生活必需品と使い方の工夫みたいなものを見つけるのがとても面白い。これをみるためにストリートビュー見てるんだもんなあ。

次回もきっとそんな話になる。

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧) (地域別一覧)
(記事の埋め込み地図・写真は記事を書いた当時・もしくは表記のチェック時のものです。Googleのデータ差し替えなどによって別の場所が表示されることがあります。ご了承ください)