【本の紹介】マサイのルカがスマホで井戸を掘る話

紙本は出遅れて、品切れになっちゃってたので電子版で買いました。
電子版は安いけどやっぱ紙本のほうが見やすそうだね。電子版はPCかipad以上のスクリーンで見るほうがいいですよ。
スマホでも拡大しながら見られますがちょっとね。

マサイのルカがスマホで井戸を掘る話

いまアフリカのいろいろを勉強しているところだし、アフリカに興味があるということで、もともとのweb連載「マサイ通信(ロケットニュース24)」も前々からちょくちょく思い出して読んでたんですよ。本になる前に。で、それが本になるって言うから買おう~!と思って買わないうちに品切れてたと。あんまり井戸に貢献できなかったな……

でも電子版でようやく読みました。内容はね、マサイ通信でも読めるんで、まずはそちらを見てみるといいのではないでしょうか。

マサイのルカさんが、編集部から受け取ったスマホを駆使して、日々の写真を撮影し、それにまつわることをいろいろ教えてくれて、日本で編集長の羽鳥GO氏が日本人に読みやすくローカライズする。という形式です。

異文化も異文化で、たぶんあんまりマサイ族のことを知らなかった人なら「へー」「えええ」みたいな驚きをたくさん味わえる内容だと思います。実際私も「そうなんだ~!」って思いながら読みました。スマホの充電には充電をしてくれる男のところまで行って、お金を払って充電させてもらう。とか。

雨があんまり降らないから、貴重な雨を貯めとくための穴が地面に開いている。ただしゴミがいっぱい入っちゃってて、でも飲み水にするしか……とか。


文体があまりにローカライズされてて「こんなマサイの人おらんやろ」ってなってるんですけど、たまにルカさんとのメッセンジャーでの実際のやり取りも掲載されてるのね。それを見ると「なるほどこんな感じで会話してるのか」って分かるので、その辺は大げさな表現を差っ引いてよめる感じになるのでだんだん気にならなくなってきます。どうせだから、文体も楽しみながら読むのが良いでしょう。


タイトルの「スマホで井戸を掘る」ってのは、つまり、壊れた井戸を修理するための費用を、寄付とかじゃなくて、ちゃんと仕事して報酬として得たお金をためて何とかしなさいよっていうところから「マサイ通信」の連載でその費用をためていくということなのですよ。


アフリカだけでなく、世界の経済的に困っている人々を、どうやって「その場しのぎの寄付や配給でなく、今後も継続して経済に関わって行けるような仕事で、搾取されない形で支援するか」っていうのは課題だと思うんですよね。

まずはそういう道を、こういう「情報発信」でもできるという道を作るという点でも応援したい連載です。

本の第二弾も出ないかな?

 

※追記

たまたま今日ちょっと前の「マサイ通信」読んでたら、充電方法が変わってた。友人の家で有料で充電させてもらえると。
https://rocketnews24.com/2019/06/24/1227303/

 

 

【本の感想】ハトと日本人

「ハトと日本人」読みました。

ハトと日本人

最近ハトに興味があるんですけど、ハトのことっていざ知ろうと思うとあんまり情報が無いんですよね。

それで、だいたい観察していろんなことを見つけていたわけですけど。あとはネットで調べられる断片的な情報なども読んで、実際に見た「こうじゃないかな?」っていうハトの習性などを観察して。

図書館でもハトのことを調べようと本棚を探しましたが、あんまり冊数がない。カラスのことは結構書かれているのですが……
雑誌でもあまり特集されていない。なんとか電子版で読めた雑誌のバックナンバーの特集を見たり。
BIRDER (バーダー) 2014年 07月号 至極の鳥見旅行ガイド/謎だらけの鳥たち ハト類

そんな中、去年発売された「ハトと日本人」はもう「読まなきゃ!!」って感じでして、ようやく購入して、読めたわけですよ~。

いままで観察してなんとなく気づいていたことも「やっぱりな~」という感じで確認できたし、子育てとか天敵とか、まだ全然観察できていないことについてもはじめて知ることがいっぱい。

歴史とか神話まで幅広く網羅した楽しい読み物でした。

とくにドバトの天敵について書かれた章はつらかったですね……
トロいイメージだし、実際「こんな牧歌的で本当にやっていけるんだろうか」と心配していたのですが、やっぱり簡単に食べられちゃうんですね……わかってはいたけど。

本で得た知識のほうも、今後の観察でチェックしていけたらな~と思っております。

写真もいろいろ掲載されているので楽しく読めますよ。ハトに興味ある人にはとにかくおすすめ!