2019/1/7 apple pencilとipadでイラスト描いてみた

apple pencilっていうのがあるんですよ。ipadと一緒に使うと便利なペン。

基本的に、ipadの操作は指でやるわけですけど、絵を描くとか文字を書くとかのときは、指だと繊細な表現はしにくいし、細かく書くのもむつかしいですよね。(二つは同じような、そうでもないような)

で、apple pencilとipadが我が家にそろったわけですよ。高いものですから……なんとか活用しないと……元が取れません

ということで、なんか描いてみようと。

まずアプリの選定がむつかしいのです。せっかくpencilがあるんだから、繊細な表現もできるほうが嬉しいじゃないですか。筆圧とか感知してくれるような。

お絵かきアプリもいろいろあるんです。でも、私がPCお絵かき野郎なので、こういうタブレットで絵を描くとなるといろいろ不満点もあります。
とにかく一発描いてみたんでみてみてください。

apple pencil

アプリは「Paint Storm Lite」にて。海外製のソフトで、日本語にも対応していないのですが(今のところ)、高機能です。それぞれの機能は英語で書いてあるけど、普段ほかのソフトを使い慣れてたらどれがどうかはまあすぐわかるでしょ。

でも、一応「あの機能ないのかな~、あるとしたらこの辺に、あったあった」って感じで探せていますけど、筆に癖が強くてなかなか慣れません。筆の表現自体はとても面白いです。筆に頼って変わった表現やテクスチャを使うことができます。面白い筆で描くだけでそれっぽくできるというか。

しかし、逆に筆の種類がいろいろありすぎるし、例えば何かの筆でペイントして、ちょっと消したいな~(アンドゥじゃなくて)、消しゴムでちょちょっと消して…… ……あれ?さっき描いてた筆どれだっけ?(笑)みたいなことがひんぱんにあります!覚えられないよ!

あとはまだ慣れないので、アイコンから想像した書き味と実際が違うってことも多々あります。そんなこんなで、効果を使うことによってごまかして何とか描いたのが上の絵です。


やっぱり普段使い慣れているペイントソフトを入れるのがいいのかも。それだとclip studio paintかなあやっぱり。無料体験で使ってみようかな。

しかしほかのアプリの筆ツールなども魅力的~。

こういう風にいろんなアプリの長所を知ってしまうと、私、すぐいろいろ一緒に使うようになってしまうんですよ。たぶん絵描きはその傾向が強いと思う。画材を組み合わせるのなんて日常茶飯事だから、アプリも「あっちの方があれの表現できるな」ってなったら行き来して仕上げそう。これやるとつぶしが聞かないんですけどね。レイヤー統合されちゃったりすると前の状態に戻ったりできないわけで。

肝心のpencilの書き心地ですが、いいですよ。ペン先にそのまんま線が引けるってのはいいですね。私は普段「板タブ」と呼ばれる、手元の入力デバイスをペンで操作しながら、まったく違う場所にあるモニタに線を引くという方法で絵を描いていて、これは慣れない人には信じられないことらしいです。慣れるともう全然気にならないんですけど。

でもまあ手元の、「ここ」って思ってる場所にペン先を置いて、そこにそのまま線や色を置けるってのは便利ですね。紙みたいなもんだもんね。不思議。

懸念していた、「私は画面にべったり手をのせて描くタイプだけど、ペンだけじゃなくて手でも誤作動したりしないのかしら」ってのは特に問題ありませんでした。手が乗っかってるところは特に反応せずにペン先で使えてる。

でもメニューを間違って押したりってことはありそう。


とりあえず、不満は「画面が狭い」「メニューが画面に乗っかってる」ってところですかね。

いくら拡大できるとはいえ、やっぱ全体を見ながら細部に手を加えるのとは違いますよ。これはデジタルだとしょうがないことだけど。あとメニューが乗っかっちゃうのがね。動かせるんだけど乗っかっちゃう。

例えば、絵を描いてる紙の上になんか付箋とかメモ帳とかパレットとかのっけて、紙をずらしながら絵を描くとしたら「アー!」ってなるじゃないですか。

もちろん、パレットを全部どかして全画面キャンバスで描くこともできます。

私がパレット・ツール・レイヤー構成が見えてないと描きにくいから全部表示しているというだけで……あれ消せない……気がころころ変わるからツールもレイヤーもカチカチ切り替えて描くタイプで……


専門用語(対して難しくないと思うけど)の解説もせずにガンガン書いてしまいました。まあ、わかる人には解説いらないだろうし、言葉がわからなかったらわかる必要もないと思いまして。

 

イラストはまた描いてみます!

2019/1/7 今年はガンガン更新したいです

昨年、ここの日記の記事は138記事更新したみたい。

少ないね。だって毎日更新するだけで365記事になったはずなのに、半分にもなってないということは……3日に1回ぐらいしか更新してないってことでは。

今年はガンガン更新したいです。そんなこと言ってて全然更新しなかったらどうしようというか、すでに新年明けてから7日になってますからね……

目標はどーんと500記事です。

こう言ったからには本当に、読む人の迷惑も顧みず、自分で自分の記事をもったいなくも流していく勢いで書きたいと思います。

そうはいっても短い、内容の薄い記事を量産するのも本意ではないので、濃さもぐんぐんUPしたうえで数も多いと。この日記コーナーをすごくしたい。お役立ち記事も載せていくつもりです。


2018年の成績はこんな感じでした。

・作ったお弁当 195個
・歩数 1685083歩
・観た映画 11本
・発行した同人誌 5冊
・発行した電子書籍 6冊
・読んだ本(マンガ含む、同人誌・web記事含まない)の冊数 165冊
・観たアニメの本数(30分1回でも1本) 118本
・描いたまんが 64ページ
・サイトの日記記事数 138記事
・鳩ショートショート 98本
・曲 1曲
・動画 9本

こうやって数字だけ見ると、やっぱ一年ってあったんだな、とてもじゃないけど1か月とかでできる量ではないな。とも思うのですが、実はどの数字も例年と比べるとそんなに多くないのです。

ためしにここ5年(2014~2018)の平均を出してみましょうか。

・作ったお弁当 200.2個
・歩数 1651963歩
・観た映画 16.4本
・発行した同人誌 4.6冊
・発行した電子書籍 8.5冊
・読んだ本 253.4冊
・観たアニメの本数 196.8本
・描いたまんが 61.3ページ

こうしてみると、お弁当・映画・読んだ本・観たアニメが例年より少なく、歩数・同人誌関連(電子書籍はまだ2年目なので)・描いたまんがはちょっと多かったと。でもたいしてそれに時間をかけたんだな~というほどは多くない。

2018年は2回寝込んでしまったのと、ゲームに時間を割いてしまったんだよな。

あと連載が二本重なってる時期が半年あった。

去年の反省としては、本とアニメが少ないなと。もっと増やしたいというか、せめて例年ぐらいのレベルにはしたい……
良かったのはショートショートが98本もかけた(笑)こと。これはおもしろかった。今年も続けていきたいと思ってるところ。


2019年の目標

新しいことを100個はやりたい。新しい人にもどんどんであって、「今までやってなかったこと」に挑戦していきたい。すぐにできなそうでも、思いついたことどんどんメモって、少し背伸びするだけでもいいからやったことないことをやってみていきたいなと思ってるところです。

とりあえず、

・ギターカラオケに行った
・Applepencilでイラスト描いてみた
・○○神社へ行った

という感じで、今年になってから初めてのことにチャレンジしてますよ。
むふふ。やる気のあるうちに稼いでおこうw

2018/12/31 今日は冬コミ

予約投稿なので書いてるのは12月30日の夜ですが。

 

今日は冬コミですね。というかおとといから始まってるのですが、私は今日参加なので……毎年だいたい三日目が定番で。

あーコミケに詳しくない人にはわからないかもしれないので説明しておくと、出る日は選べるわけじゃなく、さらにランダムでもなく、ジャンルごとに分かれています。今日はアニメのパロディ、ゲームのパロディ、創作、評論、アダルト、などなど。私が出ている評論は3日目に配置されがちなのでだいたい3日目参加なのです。

たまに1日目だったり2日目だったりもしますけど結構レアですね。1日目が平日の時はあんまり出たくないですね……特に夏は、普通に出勤される会社員の方と同じ電車にのって、混雑をさらに混雑にしてしまうわけで。申し訳なさしかない。

申し訳ないというか、明らかに「オタクがのってきやがって!こっちは仕事なんだよ!!」って言う雰囲気を感じるというか……

まあ被害妄想ですけど……


とにかくいまごろ始まってるかな。ここから正月明けまであんまり休みが無いようなものなので、いろいろ頑張ります。

2018/12/30 塩分控えめ

塩分を控えめにしようと思っていて。

いま何かの数値が悪いとか、そういうわけじゃないんだけど、普段控えめにして置いたら、おいしいものを食べたいときとかにも気兼ねなく食べられるかなって。

節約と同じような感じですよ。

でも、そう思って塩分の量を気にしてみると、多いんですよね……

本来は1日に5gぐらいまでにしたほうがいいらしい。

でもいろんなものに0.6gとか入ってて、合わせるとわりと行っちゃう感じ。特にやっぱりお弁当とかインスタントとかの買ってくる味付き食品は食塩多いですね。

 

あと、パンな。パンの塩分量はひどい。しかもしょっぱくない。塩分とってる満足感もないのに、パンを1個食べただけで1~2g食塩を取ってしまう。ううう。しかもパンそのままだとちょっと味気ない気がして、マーガリンやらチーズを加えると、さらにアップですよ……オリーブオイルだけとかにしておいた方がよさそうw

まあちょっと気にして食べるようになったので、良かったかもしれません。

あくまで控えめにしようということで、気にしながら続けてみようと思います。

2018/12/29 おもちの話

食べるおもちです。

私は餅が大好きで、食事もおやつももちだとすごくテンションが上がります。

そればっかり食べるわけにもいかないので、食べないようにしていますが食べて良い時はもむもむ食べます。

もちは嫌いな人も多いですね。嫌いな人も多いってのは、ほんとのところどうかわからないけど、嫌いな食べ物の話をしているときや、むしろしていないときなどに「私はもちが嫌い」と言い出す人を何人か見たんです。これって多いんじゃない?そんな風に嫌いなもののことを言い出すのは相当なことですよ。

で、この時期は特に、切り餅のパックが売ってるじゃないですか。

スーパーのオリジナルブランドが1kg498円だったとすると、隣に1kg598円とかでサトウの切り餅もあったりして、やっぱり少しでも安いとうれしいのかな~と思って498円のを購入しそうになるんですけど、もう最近はサトウの切り餅を買ってるんですよ。

味はどっちだっておいしいですよもちだから……もちはおいしいです。

サトウの切り餅だけじゃないかもしれないんだけど、私が餅を選ぶ基準は「個包装で保存できるか」というこの1点です。

「外袋を開けると、カビが生えることがありますので、お早めにお食べください。」って大体書いてあるんですけど、中には「個包装で賞味期限までおいしいまま保管が可能です」というおもちがあるんですよ。サトウの切り餅がそれなんです。外の袋をあけても、中の袋を開けない限りは賞味期限まで食べられる。らしい。いまうちにあるものは2020年って書いてあります。だいぶ先です!まあさすがにそれまで取っておくわけじゃないですけど、お早めにお食べくださいって言われても1kgを食べようと思ったら毎食餅にするとかそういうことになるじゃないですか。家族が多くて2~3日で一袋なくなっちゃう人は安い方を買ったらいいと思います。でも、私みたいに「食べたい……」ってときにちょこっと食べるだけの人間には、サトウの切り餅方式はありがたい。100円程度のプラスでそんな利点があるんだったらあんまり迷わないで買える。

1袋買ったら、1か月ぐらい「そうだ……モチ食べよ」みたいに気軽に、新たに買ってくることなく楽しめる。すごくいいではないですか。

内袋を開けるまで賞味期限が変わらないタイプのお餅、おすすめです!