【漫画の感想】団地ともお33巻 最終巻

最終巻だった。

団地ともお 33巻

表紙だっていつも通りだし、中身もいつも通り、最終回も「終わり」というのがあまり意識されていないような最終回だった。作者の小田扉さんもTwitterで「いつもどおりだった」と言っていたような覚えがある。それでもなにか最終回っぽさがあるのかもな、と思って読んだけどまったくなかったね。むしろこれが最後の回でいいのかっていう感じもした。そこがいいんだけど。

33巻で好きなエピソードは、

・UFOを探しているおっちゃんに、明らかに嘘みたいな小学生らしい発想の「オレ宇宙人だぜ」という話をして聞かせるともお、おっちゃんも「まあ面白いからいいか」って感じで話を聞いてたけど……?

・間さんが、色んな人と「おれが死んだら見られたくないアレを処分してほしい」とお互いに約束しているじいさんと出会って、新しく約束を交わして……

・ともお一家が日めくりカレンダーの課題をこなさないとループする罠にはまってる話

33巻も面白かったな。

「少しふしぎ」系はいつも面白いなって思う方に入らないんだけど(つまらないというわけではなく……)、今回はその辺も面白かった。終わっちゃったのか~。

はじめて「団地ともお」を読んだとき、こんなに小学生らしい小学生が漫画に!と感動したものだけど、あの頃の気持ちは思い出せないな。もうともおはともおだから、今から1巻読んでもやっぱりともおはともおであって、「小学生あるある」なんてひとくくりにできないんだよなあ。まああるあるでもなかったけど……

アニメも面白かったので、またアニメやらないかな。ケリ子の彼氏(のような少年)とのやり取りとかも見たいぞ。鉄道の話とか。作画大変そうだけど。

アニメも最初は3Dばりばりだな~と思ってたけど、最後の方は自然になってた気がする。


33巻は最後まで読んだら、裏表紙のカバー下もチェックしてね。

 

【作ってみた】石粉ねんどでネコの置きものみたいなのを作ってみる

ダイソーで、石粉ねんどを買ってきた。なんか作って色を塗りたいと思って。

ネコのようなものを作りたかったので、そんなような形を作っておく。

1日ぐらいは乾かさないといけないので、とりあえず形を作らないと塗りたいときに塗れないもんね。

塗った!!

とりあえず水色を全体に塗って、それが乾いたところで細かい模様などを描いていく。あんまり考えてなかったけど、民芸品みたいにいろんな模様が描いてあったらいいかな~とおもって、ぬりぬり。足の当りには肉球を。

黄色だけ透明度が高かった。この絵の具は黄色は不透明じゃないみたいだ。

そういう時は白をちょこっと混ぜると不透明になる感じで良いのだけど、そうすると白っぽくもなるからね。あたりまえだけど。少しはっきりした色を出したかったので。

背中にもチューリップ的なものを描いた。

いまトルコのデザインにハマっているので、そういう雰囲気を出したかった。上から撮影しているのでちょっと形が変わっているけど、もう少しシュッとしたチューリップが描いてありますよ……

胸の所にひとつ、ネイルパーツのプラスチックを張り付けてみた。

少しキラキラしたらいいかな~って。

その前にニスを塗ってつやを出しています。

石粉粘土は軽いから、底の部分は平らに作っておかないと立たなくなってしまいますね。

ターナー色彩 アクリル絵具 布えのぐ 12色セット 色塗りはこれで。布用の絵の具ということなんですが、不透明だし色がはっきりしてて発色がきれいなので。アクリル絵の具なら布だけでなく、いろんなところに塗ることができますよ。石粉粘土は表面に色が乗りやすいから、アクリルでなくても大丈夫だと思いますけど、アクリル粘土だとくっきり作れていいと思います。

布にアクリル絵の具で絵を描いた話もまとめてあるので、そちらも参考にどうぞ。

【作ってみた】魚Tシャツ! オリジナルTシャツの部屋 ターナー 布えのぐ BLACKSTRAWBERRY
https://www.blackstrawberry.net/achiT/howto02.html