連載「お楽しみは文房具」18話が公開されました!

毎月5日のお楽しみですよ(?)。

「お楽しみは文房具」18話が公開されました。

【連載マンガ】お楽しみは文房具#18「子どものころ憧れた文房具!」
http://www.buntobi.com/articles/entry/series/manga/008854/

子どものころに欲しいな~って思って、親に誕生日プレゼントとして買ってもらった文房具の話です。

いや~、自分はまあ子どものころから文房具が好きではあったけど、そんなに熱心だった記憶が無くて(考えてみると、子どものころから熱心に文房具が好きな人という条件が厳しかったのかもしれない……周りにすごい人がいすぎて……)

文具王・高畑氏が「子どものころに初代テプラを欲しがって、大人にはへんなこどもだといわれてた」みたいなエピソードを話していて「さすが文具王はすごいな~、わたしそういうのないもんな」と思っていたんですが、そこまですごくはないもののわたしにも似たような経験があったのだなと……

父に言われるまで忘れておりましたよ。


ついでに、働いていたお店で頂いた問い合わせのはなしも漫画にしてみました。

これ文具本とかでも書いたことがあるから知ってる人もいるかも(笑)おいしいネタは味がなくなるまでしゃぶりつくす勢いで何度も話します!!!

ストリートビュー散歩15 シリコンバレー

シリコンバレーの家賃はすごーく高いんですって。

IT企業の本社とかが固まってて、そこにいきやすい場所はどんどん家賃が高くなっていって、庶民はおろかIT企業の人たちも住めないぐらい高いらしい。

ちょっとまえに「これで2億だよ」って小さめなおうちの写真が掲載されたツイートが話題になっているのを見た。わりと特徴のあるいい写真だったので、「これどの家かわかるんじゃないかな」とちょっと探してみたけどやっぱ見つからなかったね。熱意もそんなに無いからざっと見ただけだったし。そもそも本当にそれがシリコンバレーにあるのか定かじゃないし。

私がストリートビューで見たのはアメリカ合衆国のマウンテンビューという場所です。とりあえずサンフランシスコへ行って、海岸からちょっと東側。ゴールデンゲートをくぐってサンフランシスコ湾という縦長の湾を南に行った突き当りのへん。

海に近いところに、グーグルのアスレチック・レクリエーション施設があって、そこのストリートビューが下のような感じです。

人だ。グーグルカーならぬ、ぐーぐるさん。

個人で撮影しているグーグルの施設内360度画像もいろいろあるんですけど、これはgoogleの名前で登録されているストリートビュー。てくてく歩いています。影が伸びているので人間がカメラを背負って歩いてるんだな~とわかりますね。

ちょっと離れてサンノゼまで行くと、ジャパンタウンという地域があって、和食や日本の食材、雑貨を売っているお店などが固まっている場所もあります。

スーパーマーケット(?)にも浮世絵っぽいペイントが。これは本来の図案が見慣れたもの すぎて日本人的には違和感出ちゃいますが……まず左右逆なのがもうなんか。あと波というよりやまっぽくなってる気がする。まあいいけど。

 

ベストスシ OKAYAMA も気になる。OKAYAMAは地名か人名か。


ジャパンタウンにはwebサイトもある。

Japantown Business Association
https://www.japantownsanjose.org/

サンフランシスコとか西海岸は昔日本人がいっぱいたどり着いた場所なんだもんね。(まんが・大和和紀先生の「ヨコハマ物語」で読んだ(笑))お店なども古くからあるのね。

シリコンバレーがこんなに発展して、その前のマウンテンビューあたりはどんな様子だったんだろう。たぶん普通の、土地がたくさん使える田舎だったんじゃないかな……いまは航空写真で見ても家がぎっしりですね。しかも小さめの家がギュッと詰まった場所が多い。アメリカではちょっと珍しいのかも?いやいやまだあんまりアメリカのことしらんから適当なこと言っちゃってるな。単なるイメージです。

ほかの地域はラスベガスとかLAぐらいしか見ていないので、もっと別の古い街などもちょっと興味あります。