ストリートビュー散歩49 インドネシアのYAMAHA

2回連続でストリートビュー散歩を更新しますよ。

いままでのストリートビュー散歩シリーズの記事はこちらから。
ストリートビュー散歩 索引ページ(記事一覧)

今回はインドネシアです。

インドネシアはまだあんまり見ていない

アジア・オセアニア……そんなに見ていないんですよね。まったく見てないわけではないですけど、あんまりたくさん見てない気がしている。みたいなって思うときも少ないんですよねいまの所。台湾、香港、ニュージーランド、などなど見たところも結構多いですけど。香港は記事を書いています。

ストリートビュー散歩36 香港の高層ビル建築(補修?)の足場

インドネシア……こないだストリートビュー見た時は、LINEスタンプの基準が厳しいらしいと知った時だったかな。インドネシアだよな。場所としては日本から近いほうなのに、どうもごっちゃになって不安になる。島……島だから国のかたちや位置があんまり覚えられてないのかもしれない。


最近Venovaをやっている

ところで、最近「venova」という楽器を始めたんですよ。まだまだ音がプェーっとなるぐらいなんですけど。venovaについても日記で書いているので見てみてね。

https://www.blackstrawberry.net/yoshida/?tag=venova

YAMAHAの管楽器なんですけど、何気なくケースの中を見ていたら

Made in indonesia」と書いてあったのです。

「へ~、インドネシアでケース作ってるんだ」と思いながら、本体は何処かな?と本体の表記も探したら、本体にも「Made in indonesia」と書いてある。なんと。

YAMAHAの工場がインドネシアにあるのか!どんなところだろうな~、と、私の楽器ちゃんが生まれた場所を見たくなったわけですよ。

インドネシアのYAMAHA

—【いったん、広告】まだつづくよ!—



藤村阿智の電子書籍

AmazonKindle  BOOK☆WALKER

BOOTH  BCCKS

—【広告ここまで】—

普段のストリートビュー散歩は、こういう風に探さないんです。
基本的にはピンポイントの建物や場所ではなく、地域に興味があるんですよね。

だから検索せず、なるべく地図上で見たいものを見つけたり、ストリートビューで「散歩」してたら見つけたものなどを紹介しているのですが、今回は見たいものがはっきりしているので。

住所を見つけてからその近辺を探すのでもいいのですが、YAMAHAのwebサイトに住所が載っていなかった。

グループ会社 (海外) – 企業情報 – ヤマハ株式会社
https://www.yamaha.com/ja/about/locations/group_companies_worldwide/#asia

しかも、インドネシアだけで7カ所も拠点があった!

一応説明が書いてあって、それから推測すると

ヤマハ・ミュージカル・プロダクツ・インドネシア
PT. Yamaha Musical Products Indonesia
所在地 : インドネシア・パスルアン
事業内容 : 管楽器の組立・パーツ・ケース・ピアニカ®・リコーダーの製造

ここかな、と!

ゲートにも管楽器とピアニカをモチーフにしたデザインが施されている!
わーYAMAHA! インドネシアのYAMAHA! Venovaの故郷(多分!)

君はここから来たのか!

venova
venova

うおお……いままでよく知らなかったインドネシアに興味がわいてきました。そこで作ったモノが手元にあるんだもんね。って最近そんなのばっかりだな。

洋服もバングラディシュ製とか、ちゃんとチェックするといろんな国からものが届いて日常的に使っているんだなあと。同じように日本のものもいろんなところにあるんだろうな。海外の病院でもオリンパスの医療器具使ってたりとかありそうだし。なんで医療器具を例に出すのかわかりませんが……カメラとかもね。文房具だって日本のものたくさん海外に行ってると思うし。

身近なものがどこから来ているのか。その場所はどんなところなのか。これからもせっかく知ったら調べるってのをやっていこうと思っていますよ。

おまけ・海外拠点の周辺も要チェック

私が海外の地図やストリートビューを見るときにやってみていること。

どこかの会社の海外拠点がある場所は、「日本企業の海外拠点が固まっている可能性が高い」というチェックポイントがある。

上記のYAMAHAのミュージカル・プロダクツ・インドネシアの北には、松山機型が。南西には……ニッポン・インドサリ・コーピンドが……

ニッポンてついてるけどぴんとこない……ニッポンインドサリのwebサイトを見てもニッポンぽくない……これはいったい、

調べてみましたところ

ニッポン・インドサリ・コルピンド
(敷島製パンなどが出資するインドネシアの製パン最大手) 

とのことで、ああ~知らなかった、日本ちゃんと関係していた。そういう会社もあるのね。

一か所見たら周辺も見てみるといろいろ見つかって面白いですよ!

【venova日記2】音が出始めたよ!

前回の日記はこちら。
【venova日記1】venovaはじめました……まだ音は出ない。

ヤマハ Venova(ヴェノーヴァ)

「1」では当然のように音が出なかった私のvenovaスキルですが、なななんと2回目はわりと出せるようになってきました。自分でもびっくりです。

前は「1」に書いたとおり、ほとんど音が出ず「シュー」「スコー」「ハァー……」などの音を出していた私のvenova、今回は「プー~~ゥイゥイゥ」「ポン」「ポーポポポープォン!」など音を出す用になりました、しかもほぼ毎回。90%以上音が出ます。この成長はいったい……やったことと言えば動画を見て、夜もよく寝て、のんびりしたぐらいです。


でもね、ちょっとここの日記を書いたのが、自分の成長につながったのかもしれません。考察と感想です。よく考えるきっかけになってると思います。

前回、私は日記の中で

口笛を吹ける人と吹けない人がいるし、吹けない人がよくわかんないまま「シュー!」と音を出すだけで「音鳴らないんだけど???」と思うときのように、音が鳴らせない。

……と書きましたね。書いてから「私口笛は結構得意なんだよな~、シュー~~……あれ? 鳴らないな?口笛どうやってならすんだっけ?やべ!ちょっと!マジで!?ぜんぜん鳴らないんだけど、シュゥ~~~スコーーー」

ホントに……口笛の鳴らし方がよくわからなくなってたのです……

文章書いてた時は「口笛も鳴らせる人間にとってはなんで鳴らせないのかわかんないしな!」と思ってたのですが、逆に「なんで鳴らせてたのかわかんなくなってしまった……」と焦りました。

その後ちょっと時間をかけて「あれ?あれ?」と試行錯誤した結果、ちょっと「ピュ~~イ……」と寂しそうなピー助(のび太の恐竜)の鳴き声みたいな音は息もれの合間に聞こえるようになりまして、もう少し工夫したら勘を思い出してきました。

口笛がまた吹けた時に思ったんです、「あれ?これって強く息を吹き込むときの動きなんじゃないか!?」と……


で、venova鳴らせるようにまたカラオケに行きまして、口笛を鳴らすときのイメージで息を吹き込む、プッと強く。ハァーとかシューとかじゃなくて、どっちかというと「プー」って感じ。息の量というより狭く速く多く吹き込むイメージで。
あと口の中の広さも「口笛で音を鳴らせるとき」の感覚をつかんで……

そしたら鳴るようになってきたんですよ!!!

venovaが鳴らせるようになってきたら、口笛も完全復活して、息が漏れる音のないクリアな口笛が大きな音で吹けるようにも戻りました。コツは似ているんじゃないか?


次は安定して正しい音が鳴らせるように。できればいつでも思った時に100発100中で鳴らせるように。

音階はまだまだ、どの穴をふさいでても開いててもほとんど同じ音が出るからちゃんと音を出せてないんだろうなあと思う。