2018/3/30 鳥の写真

ズーム機能がついている……というかそれが売りのデジカメを持って歩いているもので。最近は鳥や、普段目線にない遠くのものを撮影しています。

鳥はハトを中心に撮影しているのですが、ほかの鳥もうつしたいなあと。

今日も鳥を見つけて写真を撮りました。

住宅街に突然現れた空き地が草原になってて……つくしが一面に生えてて……みたことない鳥が……

 

何だろうこの鳥?と家で調べてみて、タヒバリって鳥かも!と言ったらお友達たちに「ツグミだ」と言われて、そうなの?? と画像検索してみたけどどうもまだ信じられない……

昆虫もむつかしいけど鳥もむつかしい。というか正解と見比べても正直同じものに見えないんだ……鳥を見る目が全然ないぞわたし。

昆虫は見た目が似てたら、近縁種だったりするけど鳥はなんか全然違うらしいし。

まあ魚とかもかなり似てるものは見分けがむつかしかったりするもんね。

もしかすると、一般の人には文房具も見分けがむつかしいのかも……というか実際そうだよね。

 

でもなかなかいい写真撮れているので(コンデジですが)ぼちぼちと紹介していこうと思います。

2018/3/27 

ダヴ沢のこれをみろよ!動画も3本目を昨日UPしましたのでぜひごらんくださいませませ。


昨日の日記はなかなか自分にとっていい記事を書けた。

2018/3/26 バーチャルユーチュー鳩 ダヴ沢動画、新作を追加しました!

これね。

まあ概要を言うと、自分の作るものは時間がかかってる割に数秒~数分で見れるものばかりだけど、たくさんの人に見てもらうことによって、そのいただいた時間を全部合計していければ、作っただけ「私の時間」が増えるんじゃないかと。

そういう意味では、たくさんの人が観ている絵画などは、作者本人が亡くなった後も、死者の時間を増やすためにたくさんの人がかかわっている、今も増え続けていると言えるだろうな。

誰かがその人のことを思い出すという時間でもそうかもしれない。

一般の人間は、相当有名人でもない限り、いつか誰も思い出さなくなっていくんだろうけど。生きているうちから、そして死んでからもちょっとぐらいは、私のことを思い出してもらって、私への時間をみんなから少しずつ分けてもらって、「私の時間」を増やすほうに頑張ってみてもいいんじゃないか。

だったら、見せようとする行動を恥ずかしがることはなく、むしろ必死にやっていいんじゃないのか?


タイムマシンがあったら見たいもののひとつに、こういうのがあるのかもしれないな。

どういう人が、その後の世界で、どうなったのか。

もしかしたら江戸時代のアイドルのような、だれもが憧れたり話題にしたり好きになったり、みんなが知ってて盛り上がったような存在があったけど、今なにも残ってないため「いなかった」ことになっているかもしれないよね。流行ったものとかさ。

いまだって、昔はやったものについての記述がわりと残っているけど、「こんなに記憶や痕跡はあるのに詳しくはわからない」ってことが結構あるんだもんね。そのうちだれも思い出さなくなったら、調べるきっかけすらなくなるだろう……

思えば動物の絶滅って言うのもそういうことなのかもしれない。

骨があったり、化石に残ったりしたら誰かが見つけるかもしれないけど、クラゲなどのようにあまり形がはっきりしていないものだと、だれも「なんだこれは?」と思うきっかけすらなくなったりするかも……

やっぱ絶滅はつらいもんだね。

2018/3/26 バーチャルユーチュー鳩 ダヴ沢動画、新作を追加しました!

バーチャルユーチュー鳩 ダヴ沢動画、新作を追加しました!

調子に乗ってしゃべってたら動画が6分超えてしまった。

一発撮りで、あとから編集して縮めるしな~と思ったんですがたいして縮まらなかったという。

あと、オープニングタイトル画像とエンディングクレジットだけでも6秒ぐらいはとるわけで、動画を作っていると本当に「1秒って長いな」って思いますよ。

人生の1秒なんてあっという間なんですけどね~。

しかし、動画はその貴重な時間をいただいてみてもらうわけですから、せめて楽しいな~、自分の人生に何にも必要ない動画だけどなんか楽しかったわ、と思っていただけるように……要素を詰め込んだり引いたりしていますよ。


先日「プロフェッショナル仕事の流儀」にyoutuberが取り上げられたんでしたっけ?

そこで、何時間もかけて編集するけど、出来上がる動画は数分。みたいな話が出ていたとか(また聞き……)。

ほんとそんな感じですね。というか、動画は全然マシ。私の場合。

私の場合は漫画かな。四コマも1時間かけて描いてますけど、たぶん読むの10秒ぐらいでしょ。ページ漫画だったら数日かけて描いて、やっぱり数十秒だったり。


しかし、ネットでその件についてこういってる人がいたんですよ。

「youtuberが何時間かけて数分の動画を作った。でも、500万人が数分ずつの時間を割いてみてくれる動画を作っているんだね」

うん、そうだ。私の作品が、どれだけの時間をかけて、見るのは数秒の作品に仕上がったとしても、それをもしたくさんの人が観てくれるなら、その観られた時間を全部、私が作品を作ったことで得た時間として累計してもいいんじゃないか。

ありがとうございます。また、少しずつでいいのでいろいろ見てください。

 

2018/3/24 

なにか書こうと思ったことがあったような気がしますが……

すぐ忘れちゃうんですよね……

最近はまた動画を作ろうとしたり、コラムや漫画を描いていますよ。

もっとどんどん、いろんなものを作ってあちこちにUPしなくちゃな。

私の作品も、たいして拡散できていないので、あまり長くは残らなそうだな~と思うのですが、国会図書館に同人誌を納めておこうかなあ。そしたら残しておいてくれそうだし、いつかだれかが研究するときに参照するかも。

まあコミティアとコミケに同人誌の見本は渡しているから、その辺でちゃんと保管されれば私の作品ということでずっと残るかな。

電子書籍はどうだろうね。所有者が亡くなったら絶対になくなっちゃうもんね電子書籍は。引き継がれたりはほとんどなさそう。

何を残せるかな~と考える日々です。まあ残したものがどれほど残り続けるかを確認することもできないわけですけど……

2018/3/22 桜と雪

昨日は雪が降りましたよ東京。3月に雪かあ。

20度超える日があったりする中、雪が降ったりするとなんかすごいなあって思いますね。

17日に桜の開花宣言もあって、実際にもう桜がどんどん開いている中での雪ですよ。私もなんか「こりゃなかなかないことだな」と思って、写真を撮りに出かけてしまいました。

東京は雪が降った、積もったとはいえ、基本が寒くないですし水分の多い雪だったこともあって、降りやむ前に雨が雪を溶かし、ほとんど流れて消えました。陰になってる所で雪が積もった箇所に関してはちょっと残ってました。

私も桜と雪の写真を何枚か撮影してきましたよ。

近所の桜スポットはさすがに知っているからね……その辺をめぐって、よさげな枝を撮影すると。

あとは短歌も詠んだりしてきました。なんか優雅な感じだな。(笑)

2018/3/20 今年の目標立ててないのかな?

いま気づいたけど、今年の目標は立ててないのかな?

去年のを参考に立ててみようかな。

去年の目標の達成度もまだちゃんと出してなかったりして……とにかく、今年はお正月明けに風邪をひいて寝込んじゃったり体を大事にしちゃった(?)せいで、いろいろがスロースタートなうえに、いつもなら年初にやってることを飛ばしちゃってる気がするな。

大体毎年前半は時間があるっぽいから、そのうちにいろいろやっておくぞ。

今年の目標と言うか、やりたいことは、企画をどんどん形にするってことかな。

私が作ったものを、一つ一つ丁寧に売るって言うのもいいことだと思うけど、それ以上に売り物を増やすって言うのがいままで足りてないと思うんだ……あとは売れる場所も増やす……

頑張ります。

2018/3/16 ブックウォーカーでキャンペーン中ですって

ブックウォーカーでコインアップキャンペーン中ですって。

3/19の9:59までとのこと、この週末のうちにゲットですよ。

うちの同人誌たちの既刊も対象商品です。

新刊「あちこさん 4巻」は対象外だけど、21日配信なので、予約でコインUPしますから、今のうちがオトクだと思います。

 

ブックウォーカーはちょくちょくキャンペーンがあるので、キャンペーンを狙って買い物するのもやりやすいかもしれないですね。

でもぜひぜひ早めにゲットしてください!

2018/3/16 全然更新できてない

なんかぼーっとしてると、やりたいことを置いてけぼりにしたまま何日もたってしまっている。

 

その合間に違うことをやっているので一応いろんなものができて行ってはいるが……うーん

頑張ります!来週から!!!

 

取り急ぎ昨日描いたイラストを乗せておきます!

とよ田みのる先生の「金剛寺さんは面倒臭い」1巻もすごく良かったのでぜひどうぞ!

2018/3/14

まあ人にはいろんな考え方があって、全部の考え方を一人に取り込むことはできないし、つまり、全部の考え方を実践する人と言うのはあり得ないわけで(変化させたらその時代ごとに違う生き方をするかもしれない)

ということは、考えが違う・立場が違う・行動が違う人がいるということは当たり前の話だと。

で、誰かが自分の考えを語っていたら、自分一人では経験できない別の生き方や行動を、言葉でだけど知って、ある程度考えたり実感できたりするということで、話を聞くのは良いことだなと思う。

ただ、語るのは良いし、自分はこうだと固く思うことは良いけど、ほかの人が違うという理由でなじったり直接説得しようとしたりするのはあまりよくないなと感じている。


実際はね、私も「この人がこういう考えなのは、まだ私が知ってるアレを知らないから考え方が変わってないだけで未熟なんだ!」と思ってしまって、私の考えを伝えたらきっと相手を変えられる、とか思ってしまうこともあるけどね。

もう一歩踏みとどまったほうがいいだろうなあ。


なぜこんなことを言い出したかと言えば、狩猟をやるひとのブログにコメントで、ヴィーガンを名乗る人が「狩猟は悪。やめてほしい」と言って、そのやりとりを見たから。

狩猟の方の人は、命を狩ることについて、食と、生命についてを一通り考えたことがあるようで、

ヴィーガンを名乗る人は、動物を殺さないと決めた時から、それ以上のことを考えていないように見えた。いや、考えているのかもしれない……だからわかんないんだよね人の頭の中は。見えないんですよ。でもさ。

狩猟の人「野菜を食べることだって同じ命ですよ」

野菜の人「野菜が同じ命とかありえない。動物の首と、キュウリの折れたのが同じですか? それ子どもにもそういえます?」

っていうやり取りを見ちゃうと……冷静な人に味方したくなってしまうんですよね。

無駄にしない、飽食しないっていう方面で、さらに野菜を選んで食べている。という人に「肉も食いなよ、おいしいし」とは私も言いませんよ。

狩猟の人が言っていた「菜食主義の方が増えると、畑を作るため・畑を守るために動物が邪魔になってしまい、駆除することにもつながります。それは知っておいてください」という言葉のほうが「なるほど」と私には新しい話として心に留まった。


別の話ですが、ヴィーガンの人は革製品もつかわないと言う話を見た時、

「クラゲは多くのビーガンが殺したり食べたりしても大丈夫な数少ない動物の一つ(クラゲは気づいていないから)」というのを読んで、そういうものなの?と疑問に思ったこともあったり。(もちろんクラゲも食べない・つかわないヴィーガンもあるとも読みました)

読んだサイト:Bentley to Trim Cars in Jellyfish Leather

 

2018/3/12 肯定と否定

まあいつも通り、ちょっと思ったことをメモる感覚で書いてしまいますが。

・何かを肯定することを多く発信する人

・何かを否定することを多く発信する人

存在しますよね。「世の中には二つの人間がいる、肯定する人間と否定する人間だ」とまではっきり分かれる話ではなくて、多くの人は否定したり肯定したりするもの。どちらに偏るとかもあんまりなく。

ただ、中には、肯定の時のみ発信するように心がけている人もいますね。心がけじゃなくて無意識の人もいるけど。

「これは自分も同意します!」「これ、僕も好きです!」という話の時に発言する。まあ、否定するのは読んだだけでも不快になる人もいるし、無駄に議論になってしまったりするから、私もこちらに近いかな。好きなものの話ばかりしている。それだけでも話題が持つほどいろんなものが好きだということもある。わざわざ嫌いなものについてとか、反対意見を述べたりとかしない。

肯定ばかり言うのがいいことだと言いたいわけではない。

私は肯定意見ばかりの人も、否定意見ばかりの人も、両方「得体がしれない・つかみにくい」と思っているからだ。


……と言いながら、その中でも否定意見しか言ってるところを見ない人と言うのは、肯定型の人より輪をかけて得体がしれないなあと感じたのだ。

キャラクターがつかめない。怖く感じてしまう。

ちょっとこの感覚を深堀してみると、どうやらいくつか理由がありそうだ。

・自分も否定されるかもしれないから認識されたくない

・いろんなジャンルで反対意見を言っているので、行動範囲が読めない


他にも思いついてたのに、「どうやらいくつか理由がありそうだ」って書いたあたりで思いついてたことをまるっきり忘れてしまった(ひどい)書いてみた二個も「こうだったっけな?」って感じで書いてるのでイマイチ……

なんかを思い出したたらまた追記します……