2018/5/17 さぼってた&ハト掌編紙本届く

更新サボってた。

5月は上旬、6日までにッガアガガガガーっといろいろ詰め込んじゃったので、反動かやる気を失っていた。また頑張ります。


ところで、先日公開したハト本

「ここはハトの世界、ハトの国」という作品について、BCCKSというサービスを利用したので紙の本も買えるんですよ。

電子書籍ももらえちゃう。どっちがいいかな~と悩む隙を与えない、両方手に入るのが紙本プランです。

受注生産のため、届くのに時間がかかりますが、その間に内容は電子書籍をダウンロードすることで読めちゃいます。しかも電子書籍は写真がカラーです。紙本はモノクロです。

で、紙本が届きました。いいですね。新書版ですよ。

細かいレイアウトはできないので(電子書籍の作り方そのまんまでレイアウトされる・電子書籍自体はレイアウト可変なので、書籍になることを見越してレイアウトしてもあまり意味がない)大きな余白とか、改行などがありますが、それでもやっぱり質感がいいですね紙は。

BCCKSではこちらで購入できます。

ここはハトの世界、ハトの国 BCCKS

Amazonkindle版もありますよ。こちらは紙本はなし、電子書籍のみです。

 

2018/5/2 kindleでもハト本配信開始です

kindleでもハト本「ここはハトの世界、ハトの国」配信開始です。

ショートショート50本と写真を電子書籍にまとめた本です。

なかなかお気に入りなのでぜひぜひ。うちのブラックドウワシリーズがお好きなら楽しんでいただけると思います。

ここはハトの世界、ハトの国

 

電子書籍発行のお知らせ

最近、鳩についての掌編を書きためていました。

50本書けたので電子書籍にまとめました。鳩の写真付き(これも私がこつこつ撮影したものです)

とりあえずはBCCKSで、324円にて販売開始。

近日中にamazonなどでも販売予定です。


ここはハトの世界、ハトの国』 藤村阿智著
試し読みブログパーツを貼っておくので読んでみてください。

2018/4/3 インコ

公園でインコの写真を撮りました。

最近はインコが野生化して増えてるみたいなんですよ。

でも実際に見るのはあまりないかな……前にも電線にとまってた見慣れない鳥にびっくりしてよく見たらインコだったことはあります。

インコです。

ワカケホンセイインコ という種類だそうで……

結構、「うちの鳥が逃げてしまいました、どこかで見かけたら教えてください」という話を聞きますが、ワカケホンセイインコを飼ってるおうちから逃げてしまうと、野生のものなのかそのお宅から逃げてしまったものなのかわかりづらそうです……

 

小鳥と言うにはちょっと大きめですね。

二羽いました。

2018/3/30 鳥の写真

ズーム機能がついている……というかそれが売りのデジカメを持って歩いているもので。最近は鳥や、普段目線にない遠くのものを撮影しています。

鳥はハトを中心に撮影しているのですが、ほかの鳥もうつしたいなあと。

今日も鳥を見つけて写真を撮りました。

住宅街に突然現れた空き地が草原になってて……つくしが一面に生えてて……みたことない鳥が……

 

何だろうこの鳥?と家で調べてみて、タヒバリって鳥かも!と言ったらお友達たちに「ツグミだ」と言われて、そうなの?? と画像検索してみたけどどうもまだ信じられない……

昆虫もむつかしいけど鳥もむつかしい。というか正解と見比べても正直同じものに見えないんだ……鳥を見る目が全然ないぞわたし。

昆虫は見た目が似てたら、近縁種だったりするけど鳥はなんか全然違うらしいし。

まあ魚とかもかなり似てるものは見分けがむつかしかったりするもんね。

もしかすると、一般の人には文房具も見分けがむつかしいのかも……というか実際そうだよね。

 

でもなかなかいい写真撮れているので(コンデジですが)ぼちぼちと紹介していこうと思います。