電子版「ノート・手帳 わたしと手帳のふたりきり。」配信予約開始!

電子版「ノート・手帳 わたしと手帳のふたりきり。」が
11月3日からamazonKindle限定先行配信されます!

ノート・手帳 わたしと手帳のふたりきり。

同人誌で発行した、「ノート・手帳」と「わたしと手帳のふたりきり。」を2冊合わせて電子版を作りました。ページ数がどちらも多くはないし、一応テーマが同じだということもあって、一緒に配信してしまおうかなと。

価格は500円です。

ただし、KindleUnlimitedにも登録していますので、amazon限定配信中はUnlimitedに入会している人は0円で読み放題です。ぜひこの機会に。

様子を見て、Unlimitedの利用が落ち着いてきたら(もしくはぜんぜんなかったりしたら……)限定配信とUnlimitedの登録をやめて、通常配信にする予定です。

期間は未定です!

 

内容は、あくまで個人的に使ったノートや手帳しか紹介できていないのですが(種類をたくさん紹介するような本ではないので)、私がどういうモノをどういう風に使ったかということを写真と文章で説明しています。

ノートや手帳に興味がある方はどうぞ……大した手帳術もありませんが、もしかしたら新しい使い方が見つかるかもしれません。

2018/10/9 ハト本紹介記事をnoteに書いた。

掌編集「ここはハトの世界、ハトの国」配信中です|藤村阿智 AchiFujimura|note
https://note.mu/achifujimura/n/n64f184971bf0

掲載している掌編から2本、試し読み的に載せていますよ。

そのうち1本目のSF系は確かに反響をいただけたのですが、

他のものもよく考えるとSF系のものによく反響をいただけていて、内容が偏っちゃうのでポエムも1篇紹介しました。

ポエム系で、51作以降にわりといい反応があったものもあるんですが。

それはまだ掲載されていないので……

 

今年の新作の中でもだいぶ推していますのでぜひぜひごらんください。

「無職マン」AmazonKindleインディーズ無料マンガに登録しました!

amazonkindleで、無料の漫画を配信できる新しいカテゴリができたんですよ。

以前他のサイトで公開したものでもいいということだったので、あちこちで、さんざん公開してきた「無職マン」を登録してみました。

 

 

kindle使ってる人は是非どうぞ。

一応、最後のページはこれのために追加しました。宣伝ですけど。

シリーズもの設定にしてしまったので、つづき描くかも……描いても無料なのが何ともいえないですが。


いつも言っているように「無料にすればたくさんの人が見てくれる」というのは間違いです。

正直、無料漫画のコーナーを見に行ってみましたけど、たくさんあったしどれかを選んで読むようなモチベーションが無かったので、ほかの作品はどれも読んでいないです。たぶん今後も、まずは知っている作家さんが「無料マンガに自作を追加しました」など告知されてたら見に行くといった探し方になって、「おっ無料かどれどれ見てみよう」とはならないと思うんです。

ただ、無職マンはタイトルとテーマにある程度訴求力はあるようで、私の漫画の中では一番見られている作品だと思います。ほかとはケタがちがう。

【Pixiv:閲覧数1792】2010年12月28日

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=15508598

【TINAMI:閲覧数1236】2013年8月15日 

http://www.tinami.com/view/608829

【note:閲覧数912】2016年9月21日

https://note.mu/achifujimura/n/n341f81fcaa72

合計3940。

元の同人誌は104冊発行しています。

これはインクジェット出力・自家製本(表紙は特殊紙を購入してコピー機にてコピー)で、1冊100円で頒布していたため割に合わなくて発行をやめてしまった(笑)

そりゃそうでしょ……原価もたぶん100円より高かったんじゃ……

ということで今のところ無職マンは一番読まれて、しかし赤字の漫画です。
わたしの漫画で黒字のマンガってほとんどないけど。特に同人誌のは全滅!

とにかくkindle版無職マンもよろしくお願いします。

こちらは読まれれば、もしかしたら収入になるかもしれません。(分配があるのは上位のひとだけらしいけど。)

2018/7/20 文房具本入稿した~

同人誌「文房具 VOL.17」は印刷所へ無事入稿できました。夏コミからの販売予定です!

相変わらず体の調子は完全に良くなっていないのですが、だんだん普通に戻ってきました。

ここでちゃんと直しておいて、繰り返す気管支炎にならないようにしないと、本当に気管支喘息は苦しいですよ。年間1000人以上亡くなってるらしいし。

まだそんなに呼吸困難になるほど喉がふさがってはいないのですが、それでもいつ詰まるかわかんないし、いまなんかのアレルギーが出たらそれこそあかん。


先日予約注文受付が始まっていた「メルプのまんが」6巻、メルプと海と小宇宙の配信が開始されました!

すぐ読めますよ~。

★Book☆walker
https://bookwalker.jp/de630f21df-a894-445d-b8c1-797dbed31937/
★booth
https://achi.booth.pm/items/933884
★AmazonKindle
https://amzn.to/2L6inje

 

PDFでダウンロードもできるboothの方もUPしました。

ぜひ!よろしくお願いします。100円+税ぐらいなので。気軽に読める漫画だと思いますよ。


あとはamazon無料漫画にも登録したいんだよね。こちらも近日中に。せっかくだから無料漫画の最後でほかの漫画も紹介したいと思って……それのページを作ることにちょっともたもたしています。頑張ります。

 

メルプのまんが6巻電子書籍予約始まってます!

メルプのまんが6巻、電子書籍の予約が始まりました!

★Book☆walker
https://bookwalker.jp/de630f21df-a894-445d-b8c1-797dbed31937/

★AmazonKindle
https://amzn.to/2L6inje

★BOOTHへのPDF登録も予定しています。

配信は7月16日予定です。
予約しておくと、配信開始日に自動的に読めるようになります。kindleならkindleに配信され、ブックウォーカーなら予約のほうがコインアップしていてお得です。

「創作同人いっせい配信企画」第7回に参加しています。

https://sousaku-doujin-epub.jimdo.com/%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%9B%E3%81%84%E9%85%8D%E4%BF%A1%E4%BD%9C%E5%93%81/

今のところ、執筆されている「メルプのまんが」シリーズは7巻までなんですが、巻を追うごとに面白く・絵も上達していると自分では思っています。6巻もいろいろ手を加えながら読み返したけどなかなかお気に入りですよ。8巻以降も描きたい。今ならもっともっと面白いものがかける、かもしれないし。

「変な電卓2017」同人誌の電子書籍版配信開始です。

同人誌「変な電卓2017」電子書籍版を配信開始しました。

BOOTHでPDF、BookwalkerとKindleでEPUB版を配信しています。

【BOOTH(PDF)】
https://achi.booth.pm/items/879519
【BookWalker】
https://bookwalker.jp/de78699dc5-d3e1-4549-bfdb-0a948dcbe9d2/
【Kindle】
https://www.amazon.co.jp/dp/B07D7PBKPL

 

432円です。

114個(+α)の「変な電卓」を掲載した同人誌の電子版。
2005年ごろから集め始め、色違いや「そんなに変わってはいない」(個人的な意見)電卓も合わせて
150個以上のコレクションからテーマごとにより抜いた面白い電卓の数々を収録。

ロボット電卓、ハート型電卓、小さい電卓、カワイイ電卓、多機能電卓……
便利そうで実はちょっぴり使いにくい、でもとにかく楽しい電卓満載。
「計算機能のない」電卓柄のグッズもいろいろあったり……?

デザインがかっこいい電卓、ピアノ型電卓や、キャラクター電卓、音声電卓なども掲載。
収録写真の多くはこの本のための撮りおろし。
WEBサイト「変な電卓研究所」にも電卓の紹介があります。

フルカラー34ページ。(表紙込)
ページが画像データですので、PC、タブレットなど大きな画面での閲覧を推奨しています。

紙版もまだまだ在庫がありますので(笑)コミックマーケット、コミティアなどで頒布していきます……

COMIC ZINさんでも買えます。

http://shop.comiczin.jp/products/list.php?category_id=6449


2018/5/17 さぼってた&ハト掌編紙本届く

更新サボってた。

5月は上旬、6日までにッガアガガガガーっといろいろ詰め込んじゃったので、反動かやる気を失っていた。また頑張ります。


ところで、先日公開したハト本

「ここはハトの世界、ハトの国」という作品について、BCCKSというサービスを利用したので紙の本も買えるんですよ。

電子書籍ももらえちゃう。どっちがいいかな~と悩む隙を与えない、両方手に入るのが紙本プランです。

受注生産のため、届くのに時間がかかりますが、その間に内容は電子書籍をダウンロードすることで読めちゃいます。しかも電子書籍は写真がカラーです。紙本はモノクロです。

で、紙本が届きました。いいですね。新書版ですよ。

細かいレイアウトはできないので(電子書籍の作り方そのまんまでレイアウトされる・電子書籍自体はレイアウト可変なので、書籍になることを見越してレイアウトしてもあまり意味がない)大きな余白とか、改行などがありますが、それでもやっぱり質感がいいですね紙は。

BCCKSではこちらで購入できます。

ここはハトの世界、ハトの国 BCCKS

Amazonkindle版もありますよ。こちらは紙本はなし、電子書籍のみです。

 

2018/5/2 kindleでもハト本配信開始です

kindleでもハト本「ここはハトの世界、ハトの国」配信開始です。

ショートショート50本と写真を電子書籍にまとめた本です。

なかなかお気に入りなのでぜひぜひ。うちのブラックドウワシリーズがお好きなら楽しんでいただけると思います。

ここはハトの世界、ハトの国

 

電子書籍発行のお知らせ

最近、鳩についての掌編を書きためていました。

50本書けたので電子書籍にまとめました。鳩の写真付き(これも私がこつこつ撮影したものです)

とりあえずはBCCKSで、324円にて販売開始。

近日中にamazonなどでも販売予定です。


ここはハトの世界、ハトの国』 藤村阿智著
試し読みブログパーツを貼っておくので読んでみてください。

2018/4/1 新刊作業出遅れた

5月のイベント合わせの同人誌新刊作業出遅れた。

というか、作業はいいんだけど、印刷の発注しておかなかったから、注文受付が終わっていた。最近は人気なんだよなあいつも使ってる印刷所。

納期によってキャパを決めているらしく、何日に納品希望かを決めて予約しておかなくちゃいけないんだけど、なんとなく「どういう本にしようか……何ページぐらいに……何部刷るか……」と迷ってるうちに埋まってた。あー新刊が……

でもまあ、だったらだったで、新しくやってみたいと思ってた形式の本をコピー(プリンター出力)本で作ってみようかね。それなら原稿もまだまだ先だし。

そちらはもともと少部数で印刷しようと思ってたものだからちょうどいいかもしれない。余らないように作ってさ。


電子書籍はいつでも販売中ですよ。

https://www.amazon.co.jp/%E8%97%A4%E6%9D%91%E9%98%BF%E6%99%BA/e/B072BPSCCY/

https://bookwalker.jp/author/85116/

https://achi.booth.pm/

紙の本ならCOMIC ZINさんの通信販売をご利用ください。もちろんイベントにも持って行ってます。

http://shop.comiczin.jp/products/list.php?category_id=6449